スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

動画GIF作成機能の最適化2

今週アップした開発中バージョンでは積み残した動画GIF作成機能の最適化を継続して行った。出力するファイルサイズを縮小する処理を入れたのだが、それに付随して、画像の重ね合わせ方を選べるようにもなった。

続きを読む "動画GIF作成機能の最適化2" »

色々ありすぎて

月曜の定例になっているので開発中バージョンをアップしたが、色々やったので何を更新したのか思い出せず、ブログの内容を読み返した。

続きを読む "色々ありすぎて" »

開発中バージョンを更新しました

今回の更新では動画キャプチャーダイアログに音声の切り出し機能を追加ました。また、スライドショーの個別設定機能/アイコンの作成機能/動画GIFの作成機能についても更新しています。WindowsXP使用時に音声付スライドショーのAVIファイル出力が正しく行えなかった問題とデスクトップキャプチャーの範囲指定時の表示問題も解決しています。

続きを読む "開発中バージョンを更新しました" »

動画GIF作成機能の最適化

今日は動画GIF作成機能の最適化について考え、少しだけ手を入れた。明日アップする開発中バージョンに盛り込めるかどうかは微妙だが、最終的には現状より効率的なものにできそうだ。

続きを読む "動画GIF作成機能の最適化" »

アイコンの作成機能

今日はアイコン作成機能用のダイアログを作り直した。やれることは変わらないが、作成するアイコン画像を個別に全て表示するようにしたので、何を作ろうとしているのかが判りやすくなったと思う。

続きを読む "アイコンの作成機能" »

今日はダイアログの作成

今日は暫く放っておいたスライドショー機能の個別設定用ダイアログを作成した。内部的には値を入れるだけで良いように作っていたので、これでスライドショーの個別設定も使えるようになる。

続きを読む "今日はダイアログの作成" »

WMAは9で出力する

SDKを見ながら何とかWMAのプロファイルが作成できるようになったので、音声の切り出し機能ではWMA9を使うことにした。WMA9PROも使えるが、互換性に問題があるかもしれないのでPROの付かないWMA9で行く。

続きを読む "WMAは9で出力する" »

音声の切り出し機能

動画からの音声切り出し機能が動くようになった。これで、動画からフレームをキャプチャーして微修正後にAVIファイルを作成する場合には、元の音声データを合成して復元できるようになる。もっとも、今週アップした開発中バージョンにはバグがあり、音声の合成機能は正しく動作しない。

続きを読む "音声の切り出し機能" »

XPとVistaのカレントディレクトリ

今週アップした開発中バージョンをXPで動かしてみて気が付いたのだが、XPとVistaではプログラム中でのカレントディレクトリの扱いが異なるようだ。お陰で、XPではAmuseGraphicsを展開したフォルダにbgm.wavを作成してスライドショーのAVI出力を行おうとするとオーディオ作成から先に進まなくなる。

続きを読む "XPとVistaのカレントディレクトリ" »

オーディオ出力機能を入れなければ

今回の開発中バージョンでVFWからDirectShowベースへの変更はほぼ完了したが、オーディオ出力機能が間に合わなかったので、次にはこれをやる予定。

続きを読む "オーディオ出力機能を入れなければ" »

開発中バージョンを更新しました

今回の更新ではデスクトップレコーダー、Webカメラレコーダー、メインプログラムの全てを更新しています。主な内容はAVIファイル作成ルーチンをVFWベースからDirectShowベースに変更したこと、及び、スライドショー機能の未実装部分の一部を実装したことです。

続きを読む "開発中バージョンを更新しました" »

今週もメインプログラムは中途半端

メインプログラムのAVI形式動画ファイルの作成機能をDirectShowベースに変更しているが、オーディオの合成ができないのは寂しいのでその機能も入れている。半分くらいは作り直しになっているので月曜の開発中バージョンは、また、中途半端なものになりそうだ。

続きを読む "今週もメインプログラムは中途半端" »

急がば回れということで

今日は色々やる予定にしていたが、急がば回れということで、Webカメラレコーダーのコードを他プログラムと共通のライブラリルーチンを使うように書き換えたので、メインプログラム関連の作業にまでは進めなかった。

続きを読む "急がば回れということで" »

タイミング調整はAVIMUXで

デスクトップレコーダーをバッファリング無しで動作させる作業を行ったが、この場合には実時間処理となるため、SDKサンプルのPushSourceと同じ処理では作成されるAVIファイル内の時間推移が変になる。このため、自製フィルターの処理を少し変更した。

続きを読む "タイミング調整はAVIMUXで" »

手始めにデスクトップレコーダー

今日からAmuseGraphicsの完成度を上げる作業に戻ったが、VFWからDirectShowベースへの変更の適用が必要なため、まずはデスクトップレコーダーの変更から行った。

続きを読む "手始めにデスクトップレコーダー" »

WM対応は最低限に

オーディオ系のプロパティ設定も何とかなり、今日はWindows Media Format SDKを見ていたが、WM9に対応させるためにはプロファイル設定が必要なようだ。このため、最初のバージョンでは、システムプロファイルが使えるWMA8にのみ対応することした。

続きを読む "WM対応は最低限に" »

開発中バージョンを差し替えました

03/16にアップした開発中バージョンに含まれるAmuseGraphicsHelper.dllはライブラリとダイナミックにリンクする設定になっていたことが判明しました。動作させるためには最新のCランタイムが必要となるため、ライブラリを必要としないスタティックリンクしたものと差し替えました。

続きを読む "開発中バージョンを差し替えました" »

VCMでも純正設定を

DirectShowではVCMコーデックについてはVFW用の設定ダイアログを表示できるが、デフォルト設定の確認は行えるものの変更はできないようだ。ただし、これらでもDirectShow純正の圧縮プロパティ設定は行えるようなので、VCMでもこれを使うことにした。

続きを読む "VCMでも純正設定を" »

圧縮プロパティ設定は大変そう

DirectShowのビデオ圧縮フィルターでは、VFWとは違って、設定ダイアログは自分で作らなければならないようだ。また、VCMではVFWと同じ設定ダイアログが簡単に表示できるが、何故か設定はできない。

続きを読む "圧縮プロパティ設定は大変そう" »

開発中バージョンを更新しました

今回の更新ではスライドショーのAVIファイル出力機能を追加しました。2GB超のファイル作成を可能とするためにDirectShowベースでの動作となります。

続きを読む "開発中バージョンを更新しました" »

今週ももう少し色々やる

DirectShowフィルターを使用するAVIファイル作成は問題なく動作したが、コーデックのプロパティ設定がまだ出来ないので何とかしたい。また、作成予定の動画ファイルからの音声切り出し機能では出力フォーマットとしてWMAにも対応したい。

続きを読む "今週ももう少し色々やる" »

多分なんとかなるだろう

DirectShowフィルターとの通信は至極普通にファイルマッピングオブジェクトによる共有メモリベースで問題なさそう。フィルターはインプロセスサーバーとして動作するため、通信と言うほどの物は作成時のみ。同期処理が少し厄介だが。

続きを読む "多分なんとかなるだろう" »

DirectShowフィルターを作ることにした

標準モジュールのみで何とかならないかと色々やってみたが、やはり苦しい。このため、画像を出力するDirectShowフィルターを作ることにした。SDKサンプルのPushSourceをベースにするので、一応、形は簡単に出来上がった。

続きを読む "DirectShowフィルターを作ることにした" »

編集サービスは合成用に

DirectShow編集サービスはAVI1.0の2GBの壁を回避しつつ、オーディオとビデオの合成を行う目的で補助的に使うことにした。編集サービスで直接動画を作ることも可能だが、そのためには連番名を持つ静止画ファイルをストレージに用意しなければならないためだ。

続きを読む "編集サービスは合成用に" »

良い方法があったが

昨日書いたWAV形式の出力はWindowsに標準でインストールされているモジュールのみを使って実現できることが確認できた。しかし、AVI1.0の2GBの壁の問題もあり、DirectShow編集サービスを使うのが良さそうだ。

続きを読む "良い方法があったが" »

オーディオファイルをどうするか

スライドショー機能をAVIに落とす時にオーディオを合成すること自体は難しくない。ただ、オーディオの長さを調整するとなると話は別なのだ。

続きを読む "オーディオファイルをどうするか" »

やっぱり間に合わなかった

AmuseGraphicsの更新版をアップしたが、スライドショー機能の中で個別設定とAVIファイルの作成機能は今回の更新に間に合わなかった。今日明日中には出来ているだろうが、アップは一週間毎と決めているので来週になる。

続きを読む "やっぱり間に合わなかった" »

開発中バージョンを更新しました

今回の更新では、メインプログラムにスライドショー機能を追加しました。動画キャプチャー時の不具合についても修正しています。

続きを読む "開発中バージョンを更新しました" »

今週は先送り分をやる

スライドショー機能はまだ完成していないが、単純作業フェーズに入っているので、作業内容を書いてみても仕方がない。そこで、今回の記事では今週やるであろう、様々な作業を列挙してみた。全て先送りにしていたもので、それぞれは大したことはないが、数は多い。

続きを読む "今週は先送り分をやる" »

今日はデバックと単純作業

スライドショー機能について実装を続けているが、とりあえず、動くようにはなっている。使い込んではいないので、おかしな所も残っているだろうが、それは他の機能も同じこと。今日はビデオキャプチャー機能の問題点も修正した。

続きを読む "今日はデバックと単純作業" »

今日はちょっと停滞

きりが無くなるので、スライドショーの効果は最低限に留めておきたい所なのだが、組み込み効果が少ないと、ちゃちな印象を与えかねない、と別の心の声が言うものだから、切り替え効果の数を増やしてしまった。

続きを読む "今日はちょっと停滞" »

効果は複数ないと単調

スライドショー機能が動き出しているが、デフォルト設定でスライドショーをやらせると動きが単調に感じる。かといって、スライド毎の設定は気合が入っている時しか使わないだろうから、デフォルト設定を複数持たせて切り替えながら使えるように機能追加することにした。

続きを読む "効果は複数ないと単調" »

スライドショーも先が見えた

表示/切替効果を含めてスライドショー機能の実装を開始。というか、既に動きはじめているのだが、効果を使うと開発マシンのファンが回り出す。

続きを読む "スライドショーも先が見えた" »

スライドショー機能について考えた

色々と考えた結果、スライドショー機能はメインプログラムの機能の一つとして実装することにした。指定秒毎に画像を切り替えるだけでは面白みが無いので、BGMの指定、AVIファイルへの出力、表示中/切り替え時のアニメーション効果も指定可能にする。

続きを読む "スライドショー機能について考えた" »

色々やらなくちゃならないが

メインプログラムもWebカメラレコーダーもデスクトップレコーダーもまだまだ色々とやらなくちゃならないことが残ってはいるが、明日からはスライドショーの作成機能を始めることにする。

続きを読む "色々やらなくちゃならないが" »

開発中バージョンの更新版をアップしました

今回の更新ではメインプログラムに加え、付属ユーティリティとなるWebカメラレコーダーとデスクトップレコーダーを追加し、単一のZipファイルに収めました。

続きを読む "開発中バージョンの更新版をアップしました" »

今日は環境整備

音声出力を分割する二股コネクタとケーブルを買ってきて開発マシンでのオーディオ取り込みは出来るようになった。ついでに、手持ちのWebカメラが古いので新しいのを買ってきたが、これは失敗だったかもしれない。

続きを読む "今日は環境整備" »

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google