スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

フリー版も作った

AmuseGraphicsのVer1.1.0のバージョンアップ開発については、コーディング作業は、一応、完了し、後はドキュメントやらホームページを作成して配布パッケージをアップすれば良い段階になった。で、付属アプリのフリー版も作ったのだが、機能制限は結構緩くした。

続きを読む "フリー版も作った" »

売れて欲しくは無いようだ

今日は書くことがあまり無いので、発表があったAuのAndroid端末の感想を書いてみる。とりあえず、紹介記事を見た瞬間、「売れて欲しくは無いんだなあ」と、感じた。普通に考えて、売れる製品ではないからだ。AuとしてはAndroid端末には売れてもらっては困るのだろう。

続きを読む "売れて欲しくは無いようだ" »

すっきりした

AmuseGraphicsのVer1.1.0のリリースに向けて最終調整を行なっているが、今日は本体のAVI/AGM/スライドショーAVI作成機能を変更して付属アプリと同様のアーキテクチャにした。また、オプションメニューの二つの項目を移動し、スライドショーのメニュー項目を減らした。

続きを読む "すっきりした" »

重い動画の再生

AG-ムービーカッターでAGM形式の重い動画を再生していると、メディアプレイヤーでの動画再生では見かけないギクシャクしたものになった。重い動画というのは、画面サイズが大きく、フレームレートも高く、画面変化も大きいものなのだが、少し見づらいので修正した。

続きを読む "重い動画の再生" »

動画出力機能も変更

AmuseGraphics本体にあるAVI形式動画ファイルの出力機能では、現行バージョンでもオーディオ出力の音質を指定できるが、動作確認をしてみると、サンプリング周波数に16KHzを指定すると正しく動作しない。なので、面倒なのだが、今回作成したルーチンと入れ替える。

続きを読む "動画出力機能も変更" »

後は仕上げのみ

WebカメラレコーダーにAGM形式出力を入れる作業も終わり、AmuseGraphicsのVer1.1.0はほぼ完成した。付属アプリにAG-ムービーカッターが加わり、AGM形式での無劣化動画編集と再エンコードが行なえるようになったのは大きい。残すところは、仕上げのみだ。

続きを読む "後は仕上げのみ" »

Webカメラレコーダーの変更

今日はWebカメラレコーダーでAGM形式出力を可能にするための変更を行ったのだが、元々、トップ画面でコーデック設定等を行なっていたので、AGM形式設定を追加するのには無理があった。なので、コーデック設定は別画面に持たせてトップ画面はすっきりとさせた。

続きを読む "Webカメラレコーダーの変更" »

三年越しの潜在バグ

昨日の問題は何とか原因が判明して修正できたのだが、実行コードに問題があった訳ではなかった。オブジェクトのメモリアロケーション自体に問題があった。なので、コンパイラのバグかと思って焦ったのだが、コーディング的な問題を見つけられたので、事なきを得た。

続きを読む "三年越しの潜在バグ" »

ヒープが壊れるようだ

AmuseGraphics本体の動作確認をしていると、アプリの終了時にベル音が鳴るようになっていた。色々と弄っているとデストラクタでオブジェクトをDeleteしている時にヒープ破壊が見つかっているようなのだが、何もしなくても現象は発生するのでコンストラクタの問題だろうか?

続きを読む "ヒープが壊れるようだ" »

動画キャプチャーは全変更

AmuseGraphicsのVer1.1.0では本体の変更はあまり無いのだが、動画キャプチャーダイアログの処理コードについては、ほぽ全変更になる。AGM形式動画の読み込みに対応するには従来ルーチンでは支障があるためなのだが、ついでにWMVの取り込みも高速化する。

続きを読む "動画キャプチャーは全変更" »

本体は微妙に異なる

AmuseGraphicsのVer1.1.0のリリースに向けてのバージョンアップ開発を行なってきたのだが、メインとなったのは新規開発したAG-ムービーカッターだ。それに合わせて既存の付属ユーティリティと本体も変更したのだが、本体の変更だけは微妙に扱いが異なった。

続きを読む "本体は微妙に異なる" »

本体のフリー版はヤメ

AmuseGraphicsのフリー版だが、やっぱり、本体については提供しないことにした。フリー版とシェアウェア版の差別化が困難だからだ。と、なると、AmuseGraphicsは今まで通りシェアウェア版のみとなるのだが、付属アプリについてはフリー版をホームページで提供する。

続きを読む "本体のフリー版はヤメ" »

静かにエンコード

AG-ムービーカッターはデスクトップレコーダーから出力されるAGM形式ファイルや通常のMPG等の動画ファイルの指定領域を再エンコードして出力できる。しかし、エンコードが始まるとCPU負荷がかかってファンが煩くなる。なので、性能制限が出来る機能を追加した。

続きを読む "静かにエンコード" »

ディスクが遅い

AG-ムービーカッターにAmuseGraphics動画形式(AGM形式)での出力機能を追加した。で、手持ち動画をAGM形式で出力してから無劣化切り出しを行なってみたのだが、ディスクネックで、切り出しは少し遅かった。まあ、エンコードするよりは何倍も速かったのだが。

続きを読む "ディスクが遅い" »

AmuseGraphics動画形式

今日からAmuseGraphics本体の変更作業を始めたのだが、デスクトップレコーダーが出力するAmuseGraphics動画形式ファイルを読み込めないのは問題なので、動画キャプチャー機能にも手を入れることにした。なので、本体の変更量もそれなりに多くなってしまった。

続きを読む "AmuseGraphics動画形式" »

オーディオ周りを微修正

今日はAG-ムービーカッターがらみでオーディオ周りのルーチンを少し変更した。デスクトップレコーダーやWebカメラレコーダーではSampleGrabberのメディアタイプを指定しておくとそのメディアタイプに従った出力が得られたが、ファイルとの接続では機能しなかったからだ。

続きを読む "オーディオ周りを微修正" »

次は並列エンコード?

AmuseGraphicsのVer1.1.0リリースに向けての作業は最終段階に入ってきているのだが、作業内容を書いてみても仕方ない。なので、今日は、次バージョン以降で導入するかもしれない並列エンコードの可能性について書いて見る。

続きを読む "次は並列エンコード?" »

全画面表示は可能にした

AG-ムービーカッターには全画面表示機能は入れないと書いていたのだが、やっぱり入れてしまった。デスクトップレコーダーでは全画面キャプチャーが行なえるのに、それをフルサイズで表示できないというのは、やはり問題だと思えたからだ。少し手抜きしているのだが。

続きを読む "全画面表示は可能にした" »

フリー版の作成方法

AmuseGraphicsのVer1.1.0では従来のシェアウェア版に加えて機能制限のあるフリー版も作成するのだが、メインテナンスの都合からソースコードは共通にしておきたい。また、フリー版からシェアウェア版へのアップグレードもスムーズに行なえるようにしておきたい。

続きを読む "フリー版の作成方法" »

名前を決めた

AmuseGraphicsのVer1.1.0用に作成した編集ユーティリティに名前を付けた。付属アプリに凝った名前は不要なので、「AG-ムービーカッター」にしておいた。「AG-」を頭に付けると、一般名でもアプリ名に出来てしまうのは有難い。これからもAG-XXは増えるかもしれない。

続きを読む "名前を決めた" »

本体の変更点

AmuseGraphicsのVer1.1.0では動画編集ユーティリティの追加とWebカメラレコーダー/デスクトップレコーダーの改良を行なったが、AmuseGraphics本体については、まだ手付かずだった。基本的な機能変更は無いのだが、DirectShow関連の変更と部分的な高速化は行なう。

続きを読む "本体の変更点" »

AmuseGraphicsのフリー版

デスクトップレコーダーのAVIファイル出力でも1280x1024で100FPS近い性能が出るようになった。普通はこれで十分なので、後は細かい部分の作り込みになるのだが、AmuseGraphicsの知名度は低い。なので、Ver1.1.0ではフリー版もリリースしようかと思っている。

続きを読む "AmuseGraphicsのフリー版" »

後は性能が上がるかどうか

デスクトップレコーダーからのバッファリング出力のAVIファイル化は音声も含めて可能になり、編集ユーティリティで普通に再生できるようになった。NULLフレームにも対応させたので、フレーム落ち時の時間ズレも発生しなくなった。ただし、まだ遅い。

続きを読む "後は性能が上がるかどうか" »

画像が見れた

デスクトップレコーダーのバッファリング出力をAVIファイルもどきに出力して編集ユーティリティで扱えるようにする作業を行なっているが、今日のところは、デスクトップレコーダーの出力ファイルを編集ユーティリティで見れるようにした。まだ未実装の部分もあるのだが。

続きを読む "画像が見れた" »

キーフレームは問題ないが

デスクトップレコーダーのバッファリングモードの出力ファイルにキーフレームを入れて見たが、さほど性能劣化もなく、問題はなさそうだ。しかし、まだAVIファイル形式にはしていない。AVIファイル形式での出力ではディスクアクセス処理の最適化が必要になるかもしれない。

続きを読む "キーフレームは問題ないが" »

今日はコード整理

デスクトップレコーダーのバッファリングモードに手を入れようとしているのだが、現状のコードは性能を重視したこともあり、ストレートに記述されている。このため、見通しが良くない。また、オーディオ系についても変更が必要だった。なので、今日はコードを少し整理した。

続きを読む "今日はコード整理" »

今日は準備段階

デスクトップレコーダーの変更中だが、今日は、Webカメラレコーダーと同じく、VCMの詳細設定と音声用コーデックのメディアタイプ指定を可能にした。で、オリジナル形式のファイル出力についても準備を始めたのだが、バッファリングモードは残すことになるかもしれない。

続きを読む "今日は準備段階" »

まずは構造を変更

今日からデスクトップレコーダーの改造に取り掛かっているのだが、とりあえず、Webカメラレコーダーと同様に、エンコード処理系の構造変更を行なうことにした。キャプチャー系とエンコード系を分離しておくと、色々と融通が効きそうだからだ。

続きを読む "まずは構造を変更" »

オーディオ圧縮の詳細指定

今日はデスクトップレコーダーの改造に入れるかと思っていたのだが、Webカメラレコーダーの改良を継続することになった。キャプチャーとエンコードを分離したメリットを生かすためにフレームレート制限を可能にしたのだが、同時にオーディオ圧縮の詳細指定機能もつけた。

続きを読む "オーディオ圧縮の詳細指定" »

快適になった

AmuseGraphicsのバージョンアップ開発の一環で、Webカメラレコーダーの変更を行なったのだが、見た目は殆ど変わらない。しかし、内部構造は全面的に変更した。その結果、プレビューと録画の切り替えはスムーズになり、録画日時のテロップも入れられるようになった。

続きを読む "快適になった" »

Webカメラレコーダーを変更

AmuseGraphicsのVer1.1.0では目玉になるのは編集ユーティリティの追加なのだが、編集ユーティリティ用に作成したSampleGrabberを使ったデータ採取と独立グラフを使ったエンコードルーチンはWebカメラレコーダーの改善にも有用なので、今日はその適用を行なった。

続きを読む "Webカメラレコーダーを変更" »

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google