スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

今週中には動き始める筈

Mirror-DTCのJava版サーバーは、今の所、全く動きはしない。しかし、ソースコードの行数はどんどん増えている。サーバー側もクライアント側と同様、C++版からの移植なのだが、クライアント側のJavaソースも使える分、作業は楽なのだ。なので、今週中には動き始める筈だ。

続きを読む "今週中には動き始める筈" »

迷惑ですらある

週末なので、時事ネタにするのだが、27日にauからWindows Phone 7.5搭載のIS12Tの発売が発表された。作者の携帯電話は来年の7月からは使えなくなるau用で、それまでに新しいモノにしなければならないのだが、IS12Tの発売は、ちょっと、迷惑ですらある。

続きを読む "迷惑ですらある" »

少し作り始めた

今日は、Mirror-DTCのJava版サーバーを少し作り始めたのだが、真面目に作業を始めると他の作業はしなくなるのが常なので、週末という事もあり、幾つかの不具合を修正してある現時点のJava版クライアントをβ1としてアップしておいた。今はそれを使って作業している。

続きを読む "少し作り始めた" »

ざっと調べた

今日は、Mac OS X LionでJavaのRobotの性能を見てみたり、VNCを試したりしていた。Lionの画面共有では、仕様上、実際のMacを操作しているユーザーとは異なるユーザーとしてログインでき、別画面をVNCで操作できる事になっているのだが、作者環境ではフリーズした。

続きを読む "ざっと調べた" »

不具合を少し修正した

今週から、Mirror-DTCのJava版サーバーの開発フェーズに入った事になっているのだが、例によってやる気にならないため、今日はJava版クライアントの不具合を修正していた。いずれも、回避策があったり、気にしなければ気にならない程度の問題ではあったのだが。

続きを読む "不具合を少し修正した" »

10.7のフルスクリーン機能には非対応

Mirror-DTCのHPへのアクセスが多いなあ、と思って、ひょっとしたらと窓の杜を見てみると、Mirror-DTCのJava版クライアントの記事が載っていた。誤解の無いように書いておくのだが、Mac OS X版は全画面表示はできるが、Lionのフルスクリーン機能には対応しない。

続きを読む "10.7のフルスクリーン機能には非対応" »

次はJava版サーバーだが

Mirror-DTCのJava版クライアントは、普通に使う分には使えるようになったので、β版として公開した。次はMirror-DTCのJava版サーバー、という事になるのだが、Javaでサーバーを組むと、多分、機能は制限され、使えない環境も出てくる。なので、オマケ感覚だ。

続きを読む "次はJava版サーバーだが" »

Mirror-DTC Client for Mac OS X/Java VMをβ公開

Mirror-DTC Client for Mac OS X/Java VMは、Mac OS X/Java VM上からMirror-DTCサーバーに接続できるクライアントソフトです。正式版は「Mirror-DTC Premium Pack」としてシェアウェア化する予定ですが、当面は、β版として無償でレジストファイルを利用可能にします。

続きを読む "Mirror-DTC Client for Mac OS X/Java VMをβ公開" »

大体は準備できた

Mirror-DTCのJava版クライアントはJava VM用とMacOSX用の二種類を公開するのだが、それぞれに公開用パッケージを作成し、大体は準備できたので、明日にはMirror-DTCのサポートWebページからダウンロード出来るようになる筈だ。当面はβ版扱いになる。

続きを読む "大体は準備できた" »

プラットフォームの違い

Mirror-DTCのJava版クライアントもβ版ではあるものの、そろそろリリースできる感じなのだが、Windows/MacOSX/Ubuntuでは、Javaを使っているとは言っても、細かい点で異なる処理を記述しなければならなかった。今日は、その辺について、ちょっと書いておく。

続きを読む "プラットフォームの違い" »

ちょっとVerを上げた

Mirror-DTCのJava版クライアントのVerを1.1.0βから1.1.1βに上げた。まだ公開していないため、Verの数字は、何でも良い筈ではあるのだが、少し機能を変更したため、フリー版との兼ね合いもあるので、フリー版よりも少し上げておくことにした。

続きを読む "ちょっとVerを上げた" »

Lionでも普通に動いた

昨日、MacBookをSnow LeopardからLionにアップして、Mirror-DTCのJava版クライアントが動作するか試してみたのだが、アイコンをダブルクリックした直後にJavaランタイムのインストールが必要です、というダイアログが表示され、インストールボタンを押すとそのまま動いた。

続きを読む "Lionでも普通に動いた" »

ドキュメントを半分だけ書いた

今回公開するMirror-DTCのJava版クライアントのバージョンはMirror-DTC Client 「for Java VM Ver1.1.0 β」と「for MacOSX Ver1.1.0 β」になるのだが、今日は「for Java VM」の方だけreadme.txtを書いた。「for MacOSX」については、Lionでの動作確認後に書く。

続きを読む "ドキュメントを半分だけ書いた" »

色々と仕上げをした

今日もMirror-DTCのJava版クライアントを弄っていたのだが、Ubuntuで表示されるフレームのメニューが付属アプリなんかと比べると若干大きかったため、他と大体同じになるようにフォントサイズを変更した。また、キーバインドについても、少しだけ変更を加えた。

続きを読む "色々と仕上げをした" »

今週中にはβ版として出す

開発中のJava版Mirror-DTCクライアントは、普通に使えているのだが、性能的にはC++版よりも2倍程遅く、使用メモリ量も多い。多分、性能は最終版でもこんなものだと思うのだが、使用メモリ量は減らせるかもしれない。しかし、とりあえず、現状のモノをβ版として出しておく。

続きを読む "今週中にはβ版として出す" »

レジストファイルと機能制限

Mirror-DTCのJava版クライアントも、一応は完成の域に達したため、リリースするつもりなのだが、以前書いたように、このソフトはシェアウェアの一部にする予定だ。なので、レジスト機構と機能制限も入れるのだが、当面は、期限付きでフリーレジストできるようにする。

続きを読む "レジストファイルと機能制限" »

Macでも右シフトキーを使う

今日は右シフトキーによるバインドシフト方式の使い勝手を上げてみたのだが、中々、いい感じになった。なので、Macでも、コマンドキーを使うと問題が出るケースもあったため、キーバインドのシフト用には、右シフトキーを使うことにした。

続きを読む "Macでも右シフトキーを使う" »

バインドシフトを見直した

昨日書いたように、Mirror-DTCのJava版クライアントでは、キーバインドをシフトして二通りのキーバインドを使えるようにしているのだが、少し使ってみた所、MacOSXについては、昨日書いた通りで気持ちよく使えたのだが、Windows/Ubuntuでは不便だった。なので、見直しした。

続きを読む "バインドシフトを見直した" »

キーバインドを二つ持たせた

Macのキーボードはキー数が少ないので、Windowsマシンに接続してキー入力するのは少し苦しい。このため、追加機能を入れたのだが、ショートカットではゴチャゴチャしたため、キーバインドを右コマンドキーでシフトする方式にした。同様の機能はWindowsマシンでも使える。

続きを読む "キーバインドを二つ持たせた" »

TCP接続モードにも対応

今日は、Mirror-DTCのJava版クライアントにTCP接続モードも追加し、ほぼ、完成形になったのだが、既に、MacOSX用には特殊コードも入れているため、もう少しだけ、MacOSX用に機能追加しておく事にした。キーボードのショットカットを使えるようにするつもりだ。

続きを読む "TCP接続モードにも対応" »

難読化してみた

少し前に書いたように、Mirror-DTCのJava版クライアントはProGuardを使って難読化した上で公開する事にしているため、今日は試しに現時点でのjarファイルを難読化してみた。リフレクションとシリアライズを使っている関係で少し悩まされたのだが、結局は、上手く行った。

続きを読む "難読化してみた" »

MacOSX用にコード追加

Mirror-DTCのJava版クライアントは、TCP接続機能の実装を後回しにしているのだが、MacOSX/Ubuntuでの動作確認を真面目にやったお陰で、C++版とは違った意味で、使えるなあ、という感じになってきている。なので、今日はOSX用に特殊コードの追加も行った。

続きを読む "MacOSX用にコード追加" »

Unity 2Dなら快適なので

昨日、UbuntuではMirror-DTCのJava版クライアントのタイトルバーが更新されないために他とは異なるモノにする、と、書いたのだが、ヤメた。Ubuntu11.04でも、クラシック(エフェクトなし)でログインすれば無問題で、Unity 2Dをインストールして試しても無問題だったからだ。

続きを読む "Unity 2Dなら快適なので" »

メニューのSwing化等

昨日書いたように、Mirror-DTCのJava版クライアントはUbuntuでも動いたのだが、AWTのメニューがあまりに汚かったため、Swingのメニューに変更した。ただし、以前に書いたように、サーバー画面の描画をSwingで行なうと遅くなるので、そこについてはAWTのままだ。

続きを読む "メニューのSwing化等" »

Ubuntuでも動いたが

今日はWindows7環境の開発マシンにVirtualBoxをインストールし、そこにUbuntu11.04をインストールしてMirror-DTCのJava版クライアントの動作を確認した。一応は、動作したのだが、フルスクリーン表示については、やはり、問題が出た。また、メニューの文字も非常に汚い。

続きを読む "Ubuntuでも動いたが" »

フルスクリーン表示にも対応

昨日書いていたように、今日はMirror-DTCのJava版クライアントにフルスクリーン表示機能を追加した。Windowsでの使用時にはスムーズに通常表示と切り替えられるのだが、MacOSXでは切り替えに1,2秒かかる。それでも、MacBookで使う分にはあった方が便利だ。

続きを読む "フルスクリーン表示にも対応" »

AWTの方が軽いので

今日も、Mirror-DTCのJava版クライアントの細々とした所を作っていたのだが、少し前に書いた、見た目をOS標準に近づけるためにメニューもSwing化する、というのはヤメにした。やってみた所、メニュー表示は確かにOS標準に近づいたのだが、処理がかなり重くなったからだ。

続きを読む "AWTの方が軽いので" »

Java版の独自機能

今日も昨日に引き続いて、Mirror-DTCのJava版クライアントの細々とした部分を作りこんでいた。Java版クライアントはWindowsマシン以外で動作させる事を想定しているため、キーバインド設定とスクリーンキーボード以外にも、C++版クライアントには無い機能を実装している。

続きを読む "Java版の独自機能" »

細々した部分を作成中

Mirror-DTCのJava版クライアントには、まだ、TCP接続機能が実装されていないのだが、その他については、基本的には、使える状態になっている。ただし、細々とした部分については、未実装にしてたあった部分もあったため、今日はそれらを実装していた。

続きを読む "細々した部分を作成中" »

リリース形態を考えた

現在開発中のMirror-DTCのJava版クライアントは、まだ、TCP接続機能と、細々としたダイアログが未実装なのだが、基本機能については安定していて、性能的にも普通に使う分には問題はない。なので、そろそろリリース形態について考え始めた。

続きを読む "リリース形態を考えた" »

フルスクリーン表示も可能だが

今日は、開発中のJava版Mirror-DTCクライアントの現時点で把握している不具合を修正していたのだが、まともに動くようになると、フルスクリーン表示が出来ない、というのが物足りなくなったので、やり方は無いものかと調べて見た。方法はあったのだが、今回はパスする。

続きを読む "フルスクリーン表示も可能だが" »

Javaの実行環境は色々

今日は開発中のJava版Mirror-DTCクライアントを色々な環境で使ってみたのだが、開発マシンでも、Eclipseから使うと少し重いのに、コマンドプロンプトから使うと軽くなったり、dynabookMX/33ではデフォルトでは正しく動作しなかったり、MacBookでは快適だったりした。

続きを読む "Javaの実行環境は色々" »

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google