スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« デフォルト設定を変えた | トップページ | 来週は性能を上げてみる »

Mirror-DTC for Mac OS X / Cross-Platform Packをβ公開

Mirror-DTC for Mac OS Xは既に公開していたClient for Mac OS XにJava版サーバーを追加したパッケージです。Cross-Platform PackはJavaVM用クライアントにUbuntu/Windows用サーバーを追加したパッケージですが、Mac OS X用クライアント/サーバーも含みます。

Mirror-DTC for Mac OS X / Cross-Platform Packのルートフォルダーには「Client」/「Server」の二つのフォルダーがあります。

それぞれのフォルダーにはクライアント/サーバーソフトが格納されていますが、Java版サーバーは、機能/性能を補完する必要性から、Windows/Mac OS X/Ubuntu環境では、専用のJNIライブラリを使用するようになっています。このため、サーバーソフトは、「Server」の直下ではなく、その中にある、それぞれのOS用のサブフォルダーの中に置かれています。

ただし、Java版サーバーではJNIライブラリはオプション扱いになっているため、JNIライブラリが無い環境でも、一部の機能に制限が入るものの、Javaが動作する環境であれば、Java版サーバーを動作させる事は可能です。このため、JNIライブラリを使用しないサーバーも、「JavaVM」の中に置かれています。

JNIライブラリを使用しない場合、サーバーの性能は、Javaの実行環境にあるクラスライブラリの性能に大きく依存する事になります。このため、環境によっては、実用に耐えうる性能は出ないかもしれません。

そのような場合には、その環境用にJNIライブラリを構築する必要が生じるかもしれませんので、Ubuntu用サーバーのbinフォルダーには、JNIライブラリと共に、そのソースコードも置いてあります。プログラミングの知識がある方なら、そのコードを参考にして、別環境用のJNIライブラリを構築する事も可能です。

今回追加されたJava版サーバーの機能は、現行のフリー版Mirror-DTCに添付されている簡易サーバー相当ですが、Mac OS Xの「ログイン項目」等に対応可能とするために、起動時の設定ダイアログをスキップする機能が追加されています。また、キーバインドの変更も可能になっています。

各ソフトがあるフォルダーには、個別のreadme.txtが置かれていますので、詳細については、それらを参照して下さい。

なお、正式版は「Mirror-DTC Premium Pack」としてシェアウェア化する予定ですが、当面は、無償でレジストファイルを利用可能にする予定です。

= この記事に関連する公開中ソフト =

Mirror-DTC

Mirror-DTC

(2013/12/07追加)

« デフォルト設定を変えた | トップページ | 来週は性能を上げてみる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/52935752

この記事へのトラックバック一覧です: Mirror-DTC for Mac OS X / Cross-Platform Packをβ公開:

« デフォルト設定を変えた | トップページ | 来週は性能を上げてみる »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google