スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« デモ動画以外は完成 | トップページ | Mac OS Xも変わるんだな »

Mirror-DTCのVer1.2.1をリリースしました

Ver1.2.1ではWake On Lan対応機能を追加し、サスペンド状態になっているサーバーをクライアントから復帰させて接続できるようにしました。同時に、既存不具合の多くを修正し、β版として公開していたCross-Platform Packの正式版をフリーソフトとして同梱しました。

Wake On Lan対応機能では、マジックパケットを送信してWake On Lanに対応したサーバーマシンをサスペンド状態から復帰させる事ができます。マジックパケットを送信させるにあたって、面倒になるサーバーマシンの物理アドレス調査は、Mirror-DTCサーバーが行います。このため、Wake On Lan対応機能を利用する場合にも、通常は、物理アドレスの調査/入力は不要です。

Ver1.2.0では低速ネットワーク環境でのレスポンスを改善する事を目的として、ブロックスキャンモードを追加しましたが、WiMAXのような遅延時間が大きな伝送路では、レスポンスの向上は行えませんでした。このため、Ver1.2.1では、TCP接続時のブロックスキャンモードをWiMAX等のモバイルネットワークに最適化し、レスポンス向上が行えるように改善しました。同時に、その他の処理についても、随所でモバイルネットワークでの利用を想定した改善を行っています。

DTCServiceでは、ユーザーセッションプロセスが導入され、ログオン後にタスクバーに状況表示用アイコンが表示されるようになりました。これに伴い、起動後に表示される情報ダイアログの表示は禁止する事が可能になりました。同時に、モニタリングを目的とした接続用に、サーバー側でリモート操作を禁止するオプションも追加されています。

その他の詳細機能として、Ver1.2.1ではクライアント側でキー入力転送が禁止できるようになっています。キー入力転送を禁止した場合、キー入力に対応する処理をクライアントマシンに行わせる事ができるようになります。例えば、Windows+Tabキーを入力する事で、クライアントマシンで動作中のアプリケーションを切り替える事が出来るようになります。これに合わせて、全画面表示の見直しも行い、全画面表示中にも、別アプリへの切り替えが行えるようになっています。

Cross-Platform Packについては、当初、シェアウェアのPremium版に同梱する予定でしたが、方向性として、Premium版には、もう少し高度な機能を実装する事にしたため、フリー版と同等機能しか持たない現行のCross-Platform Packについては、フリーソフトとしてフリー版に同梱する事にしました。このため、β版にあったレジストファイルの登録作業は不要になっています。

Ver1.2.1に同梱されるCross-Platform Packでは、既存のβ版に対して、Ver1.2.1用の機能追加、使用メモリ量の削減、処理性能の改善、不具合修正が行われています。

なお、Ver1.2.1のリリースに合わせて、Mirror-DTCのホームページ構成も変更されています。新しいホームページでは、各種情報はトップページから分離され、別ページに掲載されるようになっています。このため、トップページはすっきりとした感じになっていますが、トップページにリンクのみ張られている別ページの情報量は以前よりも増えています。一読してみて下さい。

Mirror-DTCの配布パッケージはMirror-DTCのホームページからダウンロードできます。

- 2012/02/27 追記 -

トラックバックがついたので、内容を見てみた所、どうも、Mirror-DTCのUDP接続用ダイアログで、リストをクリックした時に、接続先に入力されるIPアドレスの末尾が、128以上の場合には、マイナス値になるようです。

ソースコードを見てみた所、内部的に4バイトのunsigned int アドレスを接続先に入力する時に、intとして扱っているのが原因でした。(表示上の問題)

このため、このようなIPアドレスに接続する時には、手入力で正しいIPアドレスを入れなおすようにして下さい。正しいアドレスに入れなおせば、接続自体は普通に行えます。

ホームページのバックスペースの件は、確かに、何故か「\」を使っていたので、「/」に修正しました。

なお、作者はTwitterは見ていませんので、Twitterで書き込みをしても作者には情報は届きません。作者に通知したい事項がある場合には、メールでお願いします。

= この記事に関連する公開中ソフト =

Mirror-DTC

Mirror-DTC

(2013/12/07追加)

« デモ動画以外は完成 | トップページ | Mac OS Xも変わるんだな »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/54007793

この記事へのトラックバック一覧です: Mirror-DTCのVer1.2.1をリリースしました:

» Mirror-DTCのバグ [y-Aki]
Twitterより Mirror-DTCクライアントが128以上のIPアドレスをマイナスにするのはバグだな 例:192.168.x.139が 192.168.x.-117ってなっちゃう あとホームページでサブページのディレクトリ区切りがU+005C(バックスラッシュ/日本語環境では円マーク)なのでアクセスできないブラウザがあるね。(IEではいけるのかもしれないが)... [続きを読む]

« デモ動画以外は完成 | トップページ | Mac OS Xも変わるんだな »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google