スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

Ubuntuで確認してみた

Ubuntu12.04が正式リリースされたのを契機にして、Mirror-DTC Ver1.2.2にはUbuntu用64Bit版JNIライブラリも添付する事にしたため、今日は12.04の64Bit版でJNIライブラリを作成して動作確認したのだが、同時に、11.04/11.10での従来ライブラリの動作確認も行った。

続きを読む "Ubuntuで確認してみた" »

改良点は色々ある

Mirror-DTC Ver1.2.2は、現行版に対して、見た目も操作方法も変わらないのだが、細かい改良が色々と行われている。使用メモリ量と処理負荷は若干減り、WiMAX回線でも動画の30FPS再生が可能になり、ブロックスキャンモードも改善されるのだが、他にも色々ある。

続きを読む "改良点は色々ある" »

ブロックスキャンモードの暗号強化

Mirror-DTC Ver1.2.2ではブロックスキャンモードが軽くなったため、従来のブロックスキャンモードでは、処理を少しでも軽くするために、暗号強度を他のデータ転送と比べて弱くしてあったのだが、今回、他と同じ強度に引き上げた。それでも、従来版よりは軽い。

続きを読む "ブロックスキャンモードの暗号強化" »

バグ出し中

今日はUbuntu12.04での確認をしようか、とも思ったのだが、それ以前に、今回のMirror-DTCのバージョンアップ版では、基本処理を結構変更してあるため、まず、バグ出しをしてみたところ、結構色々と問題が出た。このため、今日はその修正作業だけで終わりになった。

続きを読む "バグ出し中" »

20年経っても変わらない

今日からMirror-DTC Ver1.2.2の評価に入ったのだが、Java版でクリップボードに入れたテキストをC++版で読み込むと問題が出た。問題というのは改行コードが違った、という事なのだが、こんな非互換の互換性を20年以上も維持する必要はあるのだろうか?

続きを読む "20年経っても変わらない" »

WiMAX回線で30FPS

今回のMirror-DTCのバージョンアップ版は、操作方法は変わらず、見た目も同じなのだが、内部は結構変わっている。その理由は、Android版用の改良をフィードバックしたからなのだが、それとは別にWiMAX回線を使った場合にも、動画の30FPS再生が可能になる。

続きを読む "WiMAX回線で30FPS" »

仕方がないので

今日、4日前の「Windowsのバグ回避とか」という記事に追記したのだが、IE9がクリップボードに入れるデータは特殊なため、次バージョンのMirror-DTCではクリップボードからのテキスト取り込みはCF_UNICODETEXTで行う事にした。CF_TEXTデータはOSで変換される。

続きを読む "仕方がないので" »

C++版もメモリ削減

次バージョンのMirror-DTCでは、Android版クライアントの同梱化が目玉になるのだが、Java版についても、それなりに性能が上がっている。しかし、C++版については、今の所、既知エラーの修正のみなので、使用メモリ量の削減は行っておく事にした。

続きを読む "C++版もメモリ削減" »

認知度の問題だな

今日、朝起きて作者サイトのダウンロード数を確認したところ、Mirror-DTCのAndroid版クライアントのダウンロード数が100程度増えていた。AG-デスクトップレコーダーだとかTiVSoundならこの程度の数字は普通なのだが、Android版クライアントとしては異常な数値だった。

続きを読む "認知度の問題だな" »

64Bit版は推奨されない?

今日は、Ubuntu12.04のリリースが間近な筈なので、2ChのLinuxスレッドをみたりしていたのだが、2Chの書き込みによると、12.04では64Bit版が標準になるとばかり思っていたのだが、まだ、議論中らしい。64Bit版にはメリットが少なく、デメリットもあるからだろう。

続きを読む "64Bit版は推奨されない?" »

Windowsのバグ回避とか

今日は、現行版のMirror-DTCにある既知エラーを修正していた。クリップボードの文字化けについては対応したくはないのだが、別件で画像データも壊れるというメールを貰って確認も出来たので、合わせ技一本でWindowsの変換バグを回避する対応も入れる事にした。

続きを読む "Windowsのバグ回避とか" »

Java版サーバーの軽量化

今日は、Java版サーバーの映像圧縮ルーチンの細かい部分を最適化して少し軽くした。C++版と比べると、積和演算をSIMD命令で計算できない分、重いのだが、現行版と比べると、2,3割は軽くできたかもしれない。シングルコアCPU時に専用ルーチンが動くようにもした。

続きを読む "Java版サーバーの軽量化" »

不具合修正を色々と

今日は、Java版クライアントの不具合修正をやっていた。明らかなバグは1件のみで、その他の修正については不具合というほどのモノでも無かったのだが、Android版で作りこんだ変更を適用したりして、性能も上がったので、その他の部分の完成度も上げた格好だ。

続きを読む "不具合修正を色々と" »

気持ち程度は軽くなった

今日はMirror-DTCのJava版クライアントの主に映像圧縮デコードルーチンを改良していたのだが、気持ち程度は軽くなった。それでも、Windows環境では、C++版よりは重いケースが多いのだが、その理由はJava版ではDirect3Dが使えないから、という事なのかもしれない。

続きを読む "気持ち程度は軽くなった" »

Java版の変更を始めた

今日はAndroid版用に行った改良をJava版に適用する作業を始めたのだが、Java版では、メモリ使用量についてはシビアでもないため、メモリ使用量を減らす変更については、デメリットが無いモノに絞って適用している。大きな所ではマウスカーソル描画方式が変わる。

続きを読む "Java版の変更を始めた" »

β1版をアップした

ちょっと早かったかもしれないのだが、今日、Android用Mirror-DTCクライアントのβ版をβ1版にアップデートした。今回も、あまり使い込んではいないのだが、β版の品質にまで気を使っていると気軽にアップロードできなくなるため、とりあえず、アップしてしまった。

続きを読む "β1版をアップした" »

かなり良くなったかも

今日はAndroid版Mirror-DTCクライアントに、昨日書いた回転時用の改良を行ったのだが、さらに、操作方法の改良も二つ行った。昨日行った高品質拡大処理の追加と合わせると、既にアップしてあるβ版とは雲泥の差になってしまったため、週明けにはβ1版としてアップする。

続きを読む "かなり良くなったかも" »

自前ルーチンは不要だった

今日は、昨日書いていた高品質の拡大ルーチンを追加したのだが、自前ではなく、Androidのクラスライブラリの処理ルーチンを使った。これは、描画時にsetFilterBitmap(true)と属性指定したPaintオブジェクトをdrawBitmapで指定するだけで綺麗に拡大表示してくれたからだ。

続きを読む "自前ルーチンは不要だった" »

高品質の拡大表示を追加中

Mirror-DTCのAndroid版は既にβ版をアップしてあって、安定度的にも問題無いレベルなのだが、作者的には、拡大表示の画質だけは何とかしたいレベルだ。これは、性能優先で拡大処理をAndroidのライブラリに行わせたためなので、自前ルーチンも追加中だ。

続きを読む "高品質の拡大表示を追加中" »

Ubuntu12.04β2を試した

今週は、Android用のNDKを使ってみる事になっていたのだが、やはり、現時点ではあまり必要性が感じられないため、他の事を色々とやってみている。で、今日は、Ubuntu12.04のβ2版(64Bit)をインストールしてMirror-DTC用のJNIが動かせるかどうか見てみた。

続きを読む "Ubuntu12.04β2を試した" »

androidVNCを使ってみた

Mirror-DTCのAndroid版が使えるようになったため、作者のPHOTONからは機密性の高いデータは削除した。これは、必要時にはPCを参照する体制にしたからなのだが、そのお陰で、長らく封印してきたマーケットへの接続も可能になった。なので、androidVNCを使ってみた。

続きを読む "androidVNCを使ってみた" »

ビルド環境はできたっぽい

昨日書いたように、今日から、AndroidのNDKを弄り始めたのだが、とりあえず、NDKに入っているサンプルのhello-jniをビルドしてAndroidエミュレータで動作させる事はできた。なので、ビルド環境はできたっぽいのだが、まだ、見よう見まね状態なので、本番は明日からだ。

続きを読む "ビルド環境はできたっぽい" »

今週はNDKで遊んでみる

Mirror-DTCクライアントについてはCross-Platform Pack版もそうなのだが、Android版でもクライアントではJNIは使っていない。これはJavaのみで記述しても性能的にさほど問題がないからだ。なので、実際にネイティブ化するかどうか微妙なのだが、一応、方法は調べておく。

続きを読む "今週はNDKで遊んでみる" »

設定は複数作ると便利かも

今日は、昨日リリースしたMirror-DTCのAndroid版クライアントのβ版を使ってみていたのだが、やはり、まだ、たまにクラッシュする。しかし、普通に使う分には問題はないので、色々と試してみたのだが、目的に応じた設定を複数作っておくと、便利かもしれない。

続きを読む "設定は複数作ると便利かも" »

β版は使い込み未

今日はMirror-DTC for Androidのβ版を公開したのだが、実は、昨日の時点でダウンロードサイトにはアップロードしてあった。今日はそれをダウンロードして動作確認していたのだが、色々と問題が出て、公開直前まで何度も変更していた。なので、β版は使い込んでいない。

続きを読む "β版は使い込み未" »

Mirror-DTC for Androidのβ版を公開

Androidスマートフォン/タブレットで利用可能なMirror-DTCクライアントのβ版 (apkファイル)をMirror-DTCのホームページからダウンロードできるようにしました。Android機器ではapkファイルのダウンロード後、ファイルをタップするだけでインストールが行えます。

続きを読む "Mirror-DTC for Androidのβ版を公開" »

ヘルプは独立させた

今日はAndroid版Mirror-DTCクライアントのヘルプを書き上げたりして、β版のリリースに向けての準備作業をほぼ終わらせたのだが、ヘルプドキュメントのHTMLページにプログラムからアクセスする機能は入れなかった。考えてみると、こういう機能には問題がある。

続きを読む "ヘルプは独立させた" »

ヘルプを書き始めた

今日はMirror-DTCのAndroid版用にヘルプを書き始めたのだが、形式はスマートフォン用のHTML文書だ。HTML文書はアプリに埋め込んでローカルで表示する事も可能なようなのだが、それ用のコーディングが必要になるため、とりあえず、オンラインドキュメントにする。

続きを読む "ヘルプを書き始めた" »

判ったような判らんような

昨日書いたPHOTONから作者のダウンロードサイトのapkファイルがダウンロード出来なかった件は、とりあえず、問題を回避する事はできた。なので、β版リリースに向けての残作業はオンラインヘルプの作成のみになったのだが、問題の本質はイマイチ判らない。

続きを読む "判ったような判らんような" »

apkファイルは出来たが

Mirror-DTCのAndroid版クライアントのβ版については、apkファイルを作ってダウンロード確認を行っているのだが、Niftyのサーバーから直接ダウンロードする分には、問題なくダウンロードできているのだが、Perlからだと何故か1kBしかダウンロードされない。

続きを読む "apkファイルは出来たが" »

ソフトキーは少し簡略化

今日は、Mirror-DTCのAndroid版のソフトキーについてもダイレクト入力可能にしたのだが、トラックパッドモードと違って、非選択状態が通常状態になるため、トラックパッドモードにあった非選択状態でのコマンド実行が出来なくなった。なので、トラックパッドモードも簡略化した。

続きを読む "ソフトキーは少し簡略化" »

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google