スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 何故か重いが | トップページ | 何とかなるのか? »

少し寄り道をする

Ubuntu用AG-ムービーカッターのネイティブ版は、音声についても出力できるようになり、AGM形式ファイルを普通に再生できるようになったのだが、今のところ、AGM形式以外を扱えるようになる見込みがない。なので、少し寄り道をする。

Windows版のAG-ムービーカッターというのは、AmuseGraphics本体で作成したスライドショームービーだとか、AG-デスクトップレコーダー/Webカメラレコーダーで録画したAGM形式動画だとかを、無劣化編集したり、WMVなんかのよりメジャーなコーデックで再エンコードして、永久保存版にしたり、スマートフォンだとかの他の機器でも再生できるようにしたりするために開発した物だ。

しかし、AG-ムービーカッターにはAGM形式動画用のコーデックは実装されているのだが、WMV等のメジャーなコーデックは実装されていない。それらについては、DirectShow/MediaFoundationなんかのWindowsに実装されているAPIを使って処理している訳だ。

このため、Windows版のソースコードを真面目に移植してみても、Ubuntu版ではメジャーなコーデックが扱えるようにはならない。なので、その辺については、大幅な変更を行わない限り、どうにもならない訳だ。

と、いうことで、どうしようか、と、思ったのだが、作者的には、既にメイン環境をWindowsからUbuntuに変更した事もあり、開発ソフトの全てについて、Ubuntuネイティブ版を作ろうか、と、思ったりもしている。

と、いうような事もあるので、ひょっとすると、かなりの寄り道になるかもしれないのだが、Ubuntuで動画ファイルを扱うための手法を確認しておこうか、と、考えている。

とりあえず、Ubuntuでは、libavというコーデックライブラリが使えるようなので、まずは、このライブラリの使い方を調べてみるつもりだ。このライブラリが簡単に使えるようなら、大した寄り道にはならないかもしれないのだが。

ちなみに、昨日書いていた性能の件については、まだ、調査していない。ただ、画面の拡大処理なんかについては、自前のルーチンがあるので、多分、それを使えば、もう少しは軽くできる筈だ。

作者的に気になっているのは、画面表示処理をスキップさせても、それなりの負荷がかかっている事で、スレッドの同期処理だとか、メモリのアロケーション処理だとかの基本処理の中に、Ubuntuでは重くなるモノがあるのかもしれない。

なので、真面目に正式版を作る時には、この辺を変更してみなければならないかもしれないのだが、今のところ、動作確認しているバイナリはCorei7 2600の開発マシンでしか動作させていないので、手持ちのAGM形式動画を再生していても、ファンが唸るような事もない。このため、対応は後回しだ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AG-ムービーカッター for Ubuntu 12.04LTS

AG-ムービーカッター for Ubuntu12.04LTS

(2013/12/07追加)

« 何故か重いが | トップページ | 何とかなるのか? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少し寄り道をする:

« 何故か重いが | トップページ | 何とかなるのか? »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google