スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 十分ではあるが | トップページ | gtkmmを使ってみる »

ドキュメントを集めたり

今日は、Ubuntu用のネイティブアプリを作るために必要になるドキュメントを集めたりしていた。とりあえず、ターゲットはAG-ムービーカッターなので、GTKのドキュメントだけで事足りると思われるのだが、それ以外も少し集めたので大丈夫だろう。

と、言うことで、明日からは少し真面目にUbuntu上でネイティブアプリを組み始める事になると思われるのだが、今日の所は、まだ、環境整備中、という感じだ。

作者的には、メイン環境がUbuntuになる、という事は、Mirror-DTCサーバーもUbuntu上で使うケースがメインになるのだが、性能的には、開発マシンはCorei7 2600マシンなので、現状のJava+JNIライブラリの構成でも特に問題は無い。

しかし、Ubuntuでは、デフォルト状態ではWOLがイネーブルになっていなくて、設定を色々と見てみても、設定箇所が見つからなかった。

なので、どうやって設定するのかなあ、と、ネットで情報を漁ってみた所、方法は見つかった。

ただ、何個かの方法が見つかったのだが、その中の一つを試してみた所、マウスカーソルを暫く動かさないでいると、マウスへの給電が停止させられたみたいで、キーボードを押さないとマウスが使えない状態になってしまった。

作者的には、深く考えていなかったのだが、どうも、その方法というのは、ある省電力用アプリを組み込むとWOL機能も同時にイネーブルにしてくれるので、WOLをイネーブルにしたければ、そのアプリをインストールすれば良い、という事のようだったのだ。

問題は、その方法を記事にしていたブログの主も、多分、そういう弊害が出るという事は判っていないような書き方をしていた、という事だ。つまり、Ubuntu関連の情報というのは、こういう事をしたければ、こうやれば良いよ、というようなモノが多いのだが、又聞きなのか何なんか知らないのだが、結構、いい加減な情報も多いのだ。

作者的には、Ubuntuの公式ドキュメントみたいなモノが見たいのだが、そもそも、Ubuntuというのも様々なオープンソースソフトの寄せ集めに過ぎない訳で、それらの全てに関する技術ドキュメントは、恐らく、持ち合わせてはいない、と、いうか管理できる立場には無いのだろう。

と、言うことで、最も信頼のおける情報というのは、GTKならGTKプロジェクトの公式ドキュメントになるし、その他についても、それらのプロジェクトが公開している個別ドキュメントに頼る必要がある訳だ。

問題は、自分が関心を持っている項目が、どんなプロジェクトに関する事項なのか、という事が判らない事だ。

なので、結局は、ネットに散在しているFAQのような情報に頼らざるを得ないのだが、そういう情報を知っている人は、その情報源を知っている筈なので、作者的には、その情報源を載せてもらいたい所ではある。

ちなみに、Ubuntu12.04ではデスクトップ上でマウスを右クリックしても、従来バージョンにあった、ランチャの作成メニューが出て来なくなっている。

このため、作者的には、Mirror-DTCのJava版をランチャに登録したかったのだが、簡単には出来なくなってしまった。

今は、出来ているのだが、これは、ネットで情報を漁り、幸いな事に、その情報の提供者はプロジェクトの公式ドキュメントへのリンクを張ってくれていたため、それを見て何とか出来た訳だ。

作者的にも、デフォルトでは複雑な面を見せない、という、最近の各種OSの方向性については異論は無いのだが、その場合には、複雑な事をやりたい人向けに、やり方を示したドキュメントは、ちゃんと提供して貰いたいものだ。そうでなければ、簡単操作のOSというのは、単なる、機能劣化版にしかならなくなる。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AG-ムービーカッター for Ubuntu 12.04LTS

AG-ムービーカッター for Ubuntu12.04LTS

(2013/12/07追加)

« 十分ではあるが | トップページ | gtkmmを使ってみる »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドキュメントを集めたり:

« 十分ではあるが | トップページ | gtkmmを使ってみる »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google