スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« gtkmmを使ってみる | トップページ | 弱気だなあ »

何とかなるだろう

今日は、GTKを使ったビットマップ描画だとか、マルチスレッド動作だとか、タイマー処理だとか、音声出力だとかの、作者が普通に使う各種処理を個別に試してみたのだが、使えそうなので、Ubuntu用のネイティブ版アプリは普通に作れそうだ。

まあ、作れそう、というのと、簡単に作れる、というのは別なのだが、大昔、Linux用にアプリを組もうとしてみても、APIドキュメントが中々手に入らなかったため、MS-DOS用のコンソールアプリ程度のモノしか作れなかった作者としては、今時のドキュメンテーション状況というのは有難い。

と、言うことなのだが、Windows環境では統合開発環境として、VisualStudioを使っていたのだが、とりあえず、最初のUbuntu用アプリについては、統合開発環境は使わずに、エディタ+makeの古めかしい形で開発してみるつもりだ。

何故か、というと、ネットで色々と調べてみても、C++用のスタンダードな統合開発環境が見つからなかった、という事もあるのだが、当面は、AG-ムービーカッターの移植になるので、オリジナルコードは大して作る必要がないからだ。

つまり、Ubuntu用とはいっても、コア部分のC++クラスについては、既にWindows用アプリを開発する段階でデバックまで済んでいて、開発言語としてC++が使えるという事になれば、そのクラスは殆ど修正する必要なく、そのまま使えるため、実際に弄るファイルの数は限られる筈だからだ。

ちなみに、色々と調べていると、C++用の統合開発環境としては、「Anjuta」というのが、そこそこ有名なようだ。また、GTK用のGUIコンポーネントの作成用ツールとしては、「Glade」というのが決定版みたいだ。

なので、その内、上記については使ってみようか、と、思っている。Java/Android用の開発環境として作者も使っているEclipseは、Pluginを入れれば、C++開発用にも使えるようなのだが、評判が良くないので、多分、C++用には使わないだろう。

と、言うことで、作者のように、ネットの評判をそれなりに参考にする人も結構いる筈なので、ステマ、というのは無くならないのかもしれないのだが、作者はネットの評判を参考にはするのだが、鵜呑みにはしない。

つまり、これは素晴らしい、なんて書き込みがあると、逆に、それは宜しくないモノなんだろう、と、いう風に評判を解釈する訳だ。

だからといって、これは駄目だ、と、書かれている評判を見て、それは良いモノだ、とは思わなくて、そういう評判は、とりあえず、無視する。

で、そういうモノについては、自分で使ってみて評価するのだが、本当に駄目な場合も多いのだが、そうではない事も多い。

例えば、ネットの書き込みを見ていると、UbuntuのUnityは糞だ、というような書き込みが多いのだが、作者的には、かなり前にも書いたのだが、Unityは気に入っている。何故か、というと、見た目が楽しいからだ。

多分、Unityが糞だ、と書き込んだりしている人達は、作業効率の観点から評価を悪くしていると思われるのだが、作者的には、真面目な作業は端末で行うので、GUIの作業効率は少々悪くても構わない。このため、見た目の楽しさが優先される訳だ。

同じ事は、MacOSX LionのMission Controlにも言えて、確かに、作業効率という観点では、Snow LeopardのSpacesの方が上かもしれないのだが、作者的には、Mission Controlの方が、使っていて楽しい訳だ。

と、いうように、モノの評価というのは立場による所もあるため、一概に人の評価を鵜呑みにするのは宜しくないかもしれない。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AG-ムービーカッター for Ubuntu 12.04LTS

AG-ムービーカッター for Ubuntu12.04LTS

(2013/12/07追加)

« gtkmmを使ってみる | トップページ | 弱気だなあ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何とかなるだろう:

« gtkmmを使ってみる | トップページ | 弱気だなあ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google