スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« スマートTVなのかも | トップページ | 何となく落ち着く »

Ubuntuに移行してみる

Windows8のRP版が公開され、2Chなんかでは、非難轟々のようなのだが、作者的には、メトロの操作性だとか、AeroGlassの廃止は大した問題ではない。しかし、その他の部分が、他でやってくれ、状態なので、少し早いが、開発マシンをUbuntu化しようかと思っている。

色々と書いてきたように、作者的には、Windows8の存在自体は否定するつもりはないのだが、作者個人のメイン環境としては使えない。

その理由は、まず、Microsoftアカウントにサインインしないと、付属アプリの多くが使えない、という事がある。作者は機密性が必要になる請負の仕事なんかもやっているため、メイン開発で気軽にMicrosoftアカウントにサインインする訳には行かない。このため、実質的に、付属アプリの多くは使えないのだ。

次に、作者の場合、殆どの作業はデスクトップ環境で行う形になる筈なのだが、だとしたら、Windows7にあるスタートメニューが無くなるのは作業効率を低下させる事になる。

何故なら、作者の解像度が1920x1080ある開発マシンのデスクトップの左1/3くらいは各種フォルダーやドキュメントファイルで埋め尽くされていて、良く使うプログラムを起動する場合には、タスクバーにピン止めした状態から行っているのだが、必要に応じて、それら以外の数多のプログラムもチョクチョク利用する必要があり、それらについては、全て、スタートメニューから起動しているからだ。

当然の事ながら、Windows8でもWindows7のデスクトップ環境と同等の処理が行える事になっているため、スタートメニュー相当のプログラムを自前で作ってしまえば、Windows8でも、同様の処理は行えるのだが、作者的には、マイクロソフトが否定しているやり方を使ってまで、Windows8を使いたいとも思わないわけだ。

まあ、Windows7は2020年までサポートされる事になっているため、Windows8が発売されるまでにボックス版のWindows7を購入しておけば、余命があまりあるとも思えない作者の場合、一生Windows8を使う必要は無いかもしれないのだが、去年の夏に購入した現在の開発マシンには、WindowsXPもVistaもデバイスドライバが無くてインストール出来なかった。

つまり、いくらWindows7を使い続けたいと思っても、3,4年もすれば、インストール可能なハードウェアを入手できなくなる可能性がある訳で、やはり、OSは最新のモノが使えるようにしておかなければならない訳だ。

と、いう事なので、Windows8が使えない作者としては、Windows7が動作するハードウェアが無くなる前に、他のOSに移行しなければならないのだが、ギリギリまで粘っていると、移行作業が大変になるため、早々に、Ubuntuに移行しておこうとしている訳だ。

幸いな事に、Ubuntu12.04のライブDVDを作って、そこから開発マシンを起動してみた所、Unityがちゃんと動作し、ネットワークアクセスにも問題はなく、音も出た。

さらに、現在のところ、開発マシンにはシステムドライブ以外にデータドライブも実装してあるのだが、このドライブはデータのバックアップ用に使っている程度のモノなので、このドライブにUbuntuをインストールしてしまっても問題が無い訳だ。

と、いう事で、多分、明日には、開発マシンにはUbuntu12.04がインストールされ、BIOSのブーデバイス切り替えで、Windows7/Ubuntu12.04を切り替えられるようになっている筈だ。

ちなみに、何故、今、Ubuntuに移行しようとしているのか、というと、現在開発中のAG-ムービーカッターのJava版については、Ubuntu用のネイティブ版も作ろうとしているからだ。

ネイティブ版の開発は、Windows7上の仮想環境でも行えるのだが、仮想環境では性能評価がちゃんとは行えないため、実機が欲しい状況になっている訳だ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AG-ムービーカッター for Ubuntu 12.04LTS

AG-ムービーカッター for Ubuntu12.04LTS

(2013/12/07追加)

« スマートTVなのかも | トップページ | 何となく落ち着く »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntuに移行してみる:

« スマートTVなのかも | トップページ | 何となく落ち着く »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google