スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 何とかなるのか? | トップページ | 既に終わった感じだが »

やっぱりWebMかな

今日はUbuntu用のAG-ムービーカッターで使うことを想定しつつ、libav用のサンプルプログラムを弄ったりしていたのだが、デコードについては、多分、何とかなりそうだ。問題はエンコード形式なのだが、やはり、WebMしかないかもしれない。

昨日書いたように、libavにあるサンプルプログラムはそのままでは使えないので、今日は、何か良いドキュメントは無いものか、と探してみたのだが、結局、見つからなかった。

なので、致し方なく、インストールした開発用パッケージにあったヘッダファイルに書かれているコメントを参考にしつつ、サンプルプログラムに対する理解を深め、変更したりしていたのだが、とりあえずは、コンパイル時に警告は出ないように出来た。

ただし、libavのサイトには、少し古くなっているのだが、動画再生用のチュートリアルはあって、そこには結構細かい事も書かれていた。このため、多分、動画の再生については、何とかなりそうだ。今日の時点で、映像については好きな位置にシークして再生できるようになっている。まだ、音声については読み込んですらいないのだが。

と、いうことで、今日は、さらに、次のステップとして、エンコードはどうするんだろうか、というのを調べていたのだが、一応、チュートリアルは無かったものの、exampleはあったので、前述のヘッダーのコメントを読みつつ、解析すれば、何とかなるかもしれない。

もっとも、エンコードについては、コーディングとは別次元の問題として、どういう形式が使えるか、という問題がある。

libavは色々なコンテナとコーデックをサポートしているようなのだが、これらが列挙されているドキュメントを真面目に見ていくと、使えそうなのはWebMのみ、という感じだった。勿論、MotionJPEGだとかADPCMなんかは使えるのだが、そういった形式は今更感がある訳だ。

また、WMVについても、一応はエンコード出来るのだが、使えるのは昔の形式のみで、現在主流のWMV9形式は使えない。H264だとか、MP3なんかについても、外部モジュールを使えばエンコード可能、と、書かれてはいるのだが、そもそも、これらが公式モジュールに組み込まれていないのは、特許問題があるからだろう。そして、作者的にも、特許問題は勘弁してもらいたい。

なので、結局、エンコード用に使える今時の形式としては、WebMのみ、という感じになってしまった訳だ。

で、開発用のパッケージをインストールした時に、ツール類についても同時にインストールしたのだが、その中に、avconvというツールがあって、それを使うと、動画ファイルのエンコードが行える。

なので、今日の所は、それを使って、WMV形式の動画ファイルをWebM形式に再エンコードしてみたのだが、普通にエンコードできた。

確認のために、そのファイルは色々な環境で再生してみたのだが、Ubuntu上で普通に再生できたのは当然として、MacOSX上でも、VLCプレイヤーを使えば再生できたし、Windows環境でも、Chromeにドロップすれば再生されたので、一応、標準的なWebM形式でエンコードできているものと思われる。

ただ、作者のAndroidスマートフォンである所のPHOTONに転送してみた所、正しく再生されなかった。なので、画像サイズを縮小してみた所、とりあえずは再生されるようになったのだが、まだ、たまに、再生途中でエラー停止している。このため、エンコード時には、画面サイズばかりではなく、ビットレートの調整なんかも必要なのかもしれない。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AG-ムービーカッター for Ubuntu 12.04LTS

AG-ムービーカッター for Ubuntu12.04LTS

(2013/12/07追加)

« 何とかなるのか? | トップページ | 既に終わった感じだが »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりWebMかな:

« 何とかなるのか? | トップページ | 既に終わった感じだが »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google