スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 240pが限界みたいだが | トップページ | 暗黒時代の到来? »

アプリ化し始めた

ここの所、Android版AGMPlayerの基本性能を上げていたのだが、ソフトデコード方式なので、Tegra2-1GHzのPHOTONでは、240p再生が限界みたいだった。一応、320x240なら30FPS再生もギリギリできるようになったのだが、余裕を見て、15FPSのつもりでアプリ化し始めた。

AGMPlayerには、再生が間に合わなければ、次のキーフレームにスキップする機能は入っている。なので、別に、30FPSの動画をそのまま視聴しても、大幅に表示がズレる、というような事は無い筈だ。しかし、性能限界を超えたFPSの動画を再生しようとすると、頻繁に表示がギクシャクする事になるため、一応、余裕を見て、Tegra2-1GHzの環境では、240pの15FPSくらいが推奨値、という事で考える事にしている。

で、少し前までは320x240と書いていたのを、昨日から、240pと書き換えているのだが、これは、最近の動画というのは、アスペクト比が16:9になってきているので、その場合には、432x240を推奨値にしようか、と、思っているからだ。試してみた所、この解像度でも、15FPSなら、それなりに余裕で再生可能だった。今時の最新スマートフォンなら、30FPSでも大丈夫かもしれない。

まあ、今時のスマートフォンとしては、240p再生というのは少し寂しいのだが、ネットで調べてみると、PSPなんかでは、動画を見る場合には、やはり、この程度の解像度が使われているようなで、昨日書いたように、ファイルサイズの面も鑑みると、この程度の解像度で我慢するというのも、実用上は、悪い選択ではないかもしれない。

と、いう事で、基本性能については、この程度で我慢する事にして、今日からアプリ化を始めたのだが、とりあえず、今日の時点で、普通に動画として音声付で再生できるようにはなった。

まだ、プログラムを起動して画面にタッチしたら決めうちのファイルが再生されるようにしただけなので、シークも出来ない状態なのだが、15FPS再生なら、432x240の動画でも、安定してスムーズに再生できている。

ちなみに、AGMPlayerというのは、AGM形式動画しか再生できないので、独立アプリにするには汎用性が足りない。このため、AmuseGraphicsの付属品にするつもりなのだが、フリー版のAG-ムービーカッターにも付属させるかもしれない。

いずれにしても、AGMPlayerは付属品扱いにするので、あまり高級な機能を付けるつもりはない。なので、開発は来週一杯で終わりそうな気がしているのだが、当然、開発が一段落すれば、その時点のバイナリは作者のホームページからβ版としてダウンロード可能にしておくつもりだ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AmuseGraphics

AmuseGraphics

(2013/12/08追加)

« 240pが限界みたいだが | トップページ | 暗黒時代の到来? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/56170624

この記事へのトラックバック一覧です: アプリ化し始めた:

« 240pが限界みたいだが | トップページ | 暗黒時代の到来? »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google