スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« リリース準備に入った | トップページ | 次はJava版の格好をつける »

Android用AGMPlayerを公開

AGMPlayerはAndroid 2.2以降で使用できるAGM形式動画の再生アプリです。AG-デスクトップレコーダーで録画するAGM形式動画やAmuseGraphicsで作成するスライドショームービーに加え、AG-ムービーカッターで再エンコードすれば、一般動画の視聴用にも使えます。

AGMPlayerはソフトデコード方式の動画再生アプリです。このため、殆どのAndroid機器で安定動作が期待できますが、再生性能はAndroid機器に搭載されているCPU性能に依存します。

再生性能の目安としては、デュアルコア1GHzのCPUを搭載した機器で、スムーズに再生できる上限は480p(854x480)の30FPS動画になります。

使用可能なメモリ量が十分にある場合には、720p/フルHD動画の再生も可能ですが、通常は、再生はカクカクした感じになりますので、このような場合には、より低いフレームレートで再エンコードしておく必要があります。

現在、AG-ムービーカッターのβ版を公開中ですが、AGMPlayerでは、現行のRGB/YV12/DCTモードに加えて、このβ版で追加されている高圧縮オプションやDCT+モードの視聴にも対応しています。

Android機器、特にAndroidスマートフォンで動画を視聴する場合には、SDカードの容量やバッテリ消費量の関係から、オリジナル動画からの再エンコードが必要になる場合がありますが、このような場合には、AG-ムービーカッターを使って、AGM形式で再エンコードすると、エンコード時間が短縮できます。

特に、DCT+モードの圧縮率は、画質が若干低下しますが、WMV並にあるため、出先でちょっと視聴するために、オリジナル動画を再エンコードするような場合には、便利なモードになります。

このため、AGMPlayerで再生するAGM形式のメインモードとしてはDCT+モードを想定していますが、現行のDCTモードについても性能的な最適化は行っていますので、DCTモードでエンコードされたAmuseGraphicsのスライドショームービーやAG-デスクトップレコーダーの録画ファイルは再エンコードしなくても問題なく再生できる筈です。

AGMPlayerではRGB/YV12モードのAGM形式動画の再生も可能ですが、これらのモードでエンコードされたファイルは画質は良いですが、サイズが大きくなるため、スマートフォンでの視聴用エンコードにこれらのモードを使用する事はお勧めしません。

AGMPlayerはGoogle Playからダウンロード/インストールできますが、Google Playにアクセスできない/したくない場合には、AmuseGraphicsのホームページからダウンロードしてAndroid機器にインストールする事もできます。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AmuseGraphics

AmuseGraphics

(2013/12/08追加)

« リリース準備に入った | トップページ | 次はJava版の格好をつける »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/56393888

この記事へのトラックバック一覧です: Android用AGMPlayerを公開:

« リリース準備に入った | トップページ | 次はJava版の格好をつける »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google