スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 使い込み中 | トップページ | その他の変更点 »

動画はNexus7で見るので

次バージョンのWindows用AGMPlayerは完成したのだが、リリース形態を決めかねていたので、まだリリースしていない。しかし、作者的には、動画はAGMPlayerでエンコードしてNexus7で見る事が殆どになったので、フリー扱いでリリースしておく事にした。

次バージョンのAGMPlayerには、一般動画の再生機能とAGM/WMV形式へのエンコード機能とそれらの無劣化分割機能が搭載される。

なので、次バージョンのAGMPlayerというのは、サムネイルベースの管理機能を持った汎用動画プレイヤーとしても使える訳だ。

しかし、その肝となるのは一般動画やAG-デスクトップレコーダーのAGM形式でのリアルタイムエンコード結果なんかをAGM形式のDCT+モードに再エンコードして、Androidタブレットだとかスマホだとかで見れる様に出来る、という事になる。

で、ここの所、作者は次バージョンのWindows用AGMPlayerの使い込みをやっている訳なのだが、出来上がった動画ファイルは殆どNexus7でしか見ていない。

これは何故なのか、というと、そもそも、作者が動画を見るのは、普通は、寝る前に寝床に入ってからになるのだが、そういう時には、Nexus7程度の大きさのタブレットというのは丁度良いサイズになるからだ。

そして、一旦、ストレージに動画ファイルを入れてしまえば、Nexus7というのは、何時でも気軽に使えるので、昼間にも、見る事が増えた訳だ。

と、いう事なので、作者的には、次バージョンのWindows用AGMPlayerというのはAndroid版AGMPlayer用のエンコーダーと化している訳なのだが、Android版AGMPlayerにはAmuseGraphicsのレジストユーザー以外を対象とした広告を入れてある。

なので、次バージョンのWindows用AGMPlayerをフリー版として出したとしても、AmuseGraphicsのレジストユーザーには、Android版AGMPlayerの広告を外せるというメリットが提供される訳なので、フリー版としてリリースしても、まあ良いか、という感じにした訳だ。

ちなみに、AGM形式用のエンコーダーとしてはAG-ムービーカッターがあるにも関わらず、何故、AGMPlayerをエンコーダーとして使っているのか、というと、単純なエンコードしかしないのであれば、AGMPlayerの方が使い勝手が良いからだ。

具体的には、AGMPlayerでは複数の動画を選択してからエンコードを開始すれば、それらを順番に全てエンコードしてくれるし、エンコード結果をその場で再生してみて見る事、そして、不要な部分をカットする事も出来るからだ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AmuseGraphics

AmuseGraphics

(2013/12/08追加)

« 使い込み中 | トップページ | その他の変更点 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/57602778

この記事へのトラックバック一覧です: 動画はNexus7で見るので:

« 使い込み中 | トップページ | その他の変更点 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google