スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 来週末の完成を目指す | トップページ | 次はMasterReversiかなあ »

MF対応も1/3終了

今は、AmuseGraphics本体のバージョンアップ開発を行っていて、今日の時点でHiDPI対応は完了し、次のステップとしてMedia Foundation対応を行っているのだが、感覚的に1/3程度は完了した。具体的には、MP4ファイルからのフレーム取り込みとM4A出力は可能になった。

昨日書いた様に、AmuseGraphicsというのは、基本的には、画像ビュアーなので、動画用のAPIである所のMedia Foundation対応が必要になる理由が判らない、という人もいるかもしれない。

まあ、AmuseGraphicsのユーザーなら、その必要性が判る筈なのだが、とりあえず、コーディングについては、AGMPlayer Ver1.3.0の開発時に作成したクラスを適用していっているだけなのでブログ的には書く事もない。

なので、今日は、AmuseGraphicsの何処にMediaFoundation対応が必要になるのか、というのを書いておくのだが、まず、冒頭に書いた様に、AmuseGraphicsには動画フレームのキャプチャー機能があるので、そこで必要になる。

つまり、現行版のAmuseGraphicsでは、DirectShow用のH.264デコーダーとAACデコーダーをインストールし、かつ、デコーダーの優先順位設定も、それらを優先にしておかないと、作者のスマホである所のPHOTONで撮影したmp4動画は読み込めなかった。

しかし、Ver1.3.0では、Media Foundationに対応するので、追加のデコーダーや優先順位設定なんかの必要なく、すんなりと読み込める様になる。

もっとも、AmuseGraphicsは、基本的には、画像ビュアーなので、読み込んだ動画の各フレームは静止画として取り込まれる。そして、動画の静止画出力なら、AGMPlayerやAG-ムービーカッターでも可能で、既に、これらはMedia Foundationに対応させたので、これらを使えば、MP4動画の好みの場面を静止画として出力したいという欲求には応えてくれる。

と、いう事で、AmuseGraphicsについて良く知らない人は、ここまでの書き込みを見て、「AmuseGraphicsというのは、動画をフレーム画像に分解して閲覧できるソフトなの? 確かに他にはないが、必要もない」、なんて事を思っているかもしれない。

しかし、AmuseGraphicsというのは、実は、動画編集ソフトでもあって、読み込んだ画像フレームは、加工して、別の動画ファイルとして出力する事が出来る。

つまり、AmuseGraphics系ソフトの処理の流れとしては、まず、AG-デスクトップレコーダーやAG-Webカメラレコーダーで必要な動画を記録し、その動画をAmuseGraphics本体に読み込み、そこで、テロップなんかを合成した後、永久保存版動画ファイルとして出力する、という感じになる訳だ。

そして、出来上がった永久保存版動画はAGMLibraryに保存してAGMPlayerで再生する事になる訳なので、Apple流に言うと、AmuseGraphics本体というのは、Hubになる訳だ。

AppleのHubと言えば、Macになる訳なのだが、最近は、iPhone単体で色々な事がやれる時代になったので、このHubを使わずに、iPhone単体しか使っていないユーザーも多いかもしれないのだが、AmuseGraphicsも同じ道を辿っているかもしれない。

なので、AG-デスクトップレコーダーやAGMPlayerは使っていても、AmuseGraphics本体は使った事がないし、使う必要も無い、という人もいるかもしれないのだが、AmuseGraphics本体がなければ、録画した動画に細々とした細工は出来ないので、ツマラナイ、という人もいる筈ではある。

ちなみに、AmuseGraphics本体のMedia Foundation対応としては、スライドショー中のBGMとしてのm4aファイル再生とMP4出力機能の実装が残っている。

もっとも、これらについても、AGMPlayerの開発時に作成してあるクラスが、ほぼ、そのまま使える筈なので、大して時間はかからない見込みだ。

なので、来週は、フレーム移動の容易化用のUI追加と、AG-デスクトップレコーダー/WebカメラレコーダーのHiDPI対応とMedia Foundation対応を行って、とりあえず、インストーラー付きの配布パッケージを作る所までは行える筈だ。

もっとも、実際に、リリースが来週末に行えるかどうかは、今までの実績を鑑みると、微妙ではあるのだが。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AmuseGraphics

AmuseGraphics

(2016/05/04追加)

« 来週末の完成を目指す | トップページ | 次はMasterReversiかなあ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/62771442

この記事へのトラックバック一覧です: MF対応も1/3終了:

« 来週末の完成を目指す | トップページ | 次はMasterReversiかなあ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google