スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 本格的な変更を開始 | トップページ | m4a出力を追加 »

デコード系をざっと追加

今は、AG-ムービーカッターの改良開発を行っていて、今日は、Media Foundation対応の中でも、デコード系をざっと追加した。具体的には、現行版では追加コーデックがないと再生できないMP4ファイルの再生や、それからWMV形式への再エンコードが行える様にした。

Media Foundation対応用の処理ルーチンは、AGMPlayerのネイティブ版の開発時に開発済みだ。

なので、AG-ムービーカッターでは、上記の処理ルーチンを使用できる格好に持っていければ、Media Foundation用のデコーダーだとかエンコーダーが使える様になる。

で、そもそも、AGMPlayerというのは、AG-ムービーカッターをベースに開発を始めたモノなので、AGMPlayer用の処理ルーチンはAG-ムービーカッターに、然程、無理なく適用させる事が出来る。

ただし、AGMPlayerというのは、ライブラリビューだとか、ネットワーク視聴機能なんかが追加されているので、アプリケーションソフトとして見れば、AG-ムービーカッターよりも高機能な感じではあるのだが、コアルーチンについては、AG-ムービーカッターよりも単純化されている。

具体的には、AG-ムービーカッターでは、音声のみのファイルも再生や切り出しが可能だし、映像についても、トリミングが行えたりするし、再エンコード時にも、映像調整結果が反映される様になっている。

と、いう事なので、コア処理部分については、AGMPlayerの処理ルーチンをそのままAG-ムービーカッターに適用すると、機能不足になるので、今日は、その辺を調整しながら、適用作業を行っていたのだが、まだ、完全に全機能が動作する状況にはなっていない。

なので、作業は明日も続く事になるのだが、更に、AG-ムービーカッターに実装されているコア処理ルーチンは、AGMPlayer用のそれらよりも高機能なのだが、処理性能については、AGMPlayerのそれらの方が上になっている。

これは、AGMPlayerの方が機能が単純で処理コードが少ないから、という訳ではなくて、AGMPlayerの処理ルーチンの方が新しいからだ。

つまり、世の中には、既存ルーチンが変更されていくと、どんどん、使いものにならなくなっていくケースも多いのだが、これは、普通、変更する担当者がオリジナル開発者とは異なる、か、より良いソフトを完成させても、開発者にはメリットがない、という事が原因になっている訳だ。

これに対して、AG-ムービーカッター/AGMPlayerは、共に、作者製のソフトになるし、それらの知的財産権も作者のモノになる。

なので、作者的には、変更時には、より良いモノにしようとする訳なので、より新しいルーチンの方が、より良いルーチンになっている訳だ。

と、いう事なので、AG-ムービーカッターについては、Media Foundation用の処理ルーチンを適用させる作業もあるのだが、既存ルーチンをより新しいAGMPlayer用のソレと置き換えていく、という作業もある。

なので、まだまだ、完成形を作り上げる段階でもないので、今日のところは、Media Foundation用の処理ルーチンの適用についても、ざっと、やってみただけの格好になっている訳だ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AmuseGraphics

AmuseGraphics

(2016/05/04追加)

« 本格的な変更を開始 | トップページ | m4a出力を追加 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/62609122

この記事へのトラックバック一覧です: デコード系をざっと追加:

« 本格的な変更を開始 | トップページ | m4a出力を追加 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google