スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 寄らば大樹の陰 | トップページ | 2015年を振り返って (前半) »

Android版も作るかなあ

今は、Mirror-DTCの次バージョンを開発していて、手持ちネタによる改良は、基本的には、終わっている。なので、リリースしようと思えば出来ない事もないのだが、Windows版の次バージョンは、もっと後にリリースしようと思っていたので、どうしようかと思っている所だ。

今回、Mirror-DTCのWindows版の次バージョンを開発しようとし始めたのは、現行版を使用しているとクラッシュする、というメールを貰ったのが切っ掛けだった。

にも関わらず、リリースを遅らせようとしているとは何事か、と、思っている人もいるかもしれないのだが、上記の件については、個別に、その後、メールのやりとりをしていた所、どうも、Direct2Dの環境依存問題だった、という感じになった訳だ。

つまり、Mirror-DTCのReadme.txtにある様に、NOD2D.datを作成して貰うと、問題は発生しなくなった訳だ。

もっとも、同じ解像度の2台のモニターがある環境に接続すると、モニター切り替えを行う為には、一旦、合成ディスプレイにしてから本来のモニターに切り替える必要がある、というバグは存在する。

そして、AG-デスクトップレコーダーに採用したDesktop Duplication APIとDCT変換の高速化については、Mirror-DTCにも、適用しておかないと勿体ない状況ではある。

なので、折角、途中まで開発を進めたので、Mirror-DTC Ver1.2.4については、年明けには、リリースしようと思っているのだが、何度か書いてきた様に、作者的には、Mirror-DTCについては、現行版でも、特に不満は無い訳だ。

このため、リリースしようとするモチベーションが沸かないのだが、Android版については、Google Playに置ける格好にしたい。

と、いう事なので、焦る必要も無いので、今回のバージョンアップ開発で、Android版についても、同時開発しようかなあ、と、思い始めている訳なのだが、Android版をGoogle Playに置ける様にする為に必要な条件は、データ転送を暗号化なしで行える様にする事だ。

更に言えば、認証については、暗号化の対象にはならない様なので、現行版のままでも問題はなく、実際問題としては、大幅な変更は必要ないし、見た目も変える必要はない。

ただ、Google PlayにAndroid版Mirror-DTCを置きたい理由は、海外からのダウンロードも増やしたいと思っているからなのだが、海外からのダウンロードを想定すると、使用言語の英語化だとかも必要になるし、同時にサーバー側も海外向けに作成する必要がある。

そして、少なくとも英語キーボードへの対応は必要になるし、海外向けのドキュメント作成も必要になる。

で、これらを一気にやってしまおうとすると、また、数か月の開発期間が必要になるかもしれず、現状の作者的には、肉体的にも精神的にもシンドイ状況な訳だ。

このため、Android版を作るとしても、とりあえずは、国内向けのみにしておいた方が無難な訳なのだが、国内向けには、作者サイトからダウンロード可能な現行版がある。

で、作者的には、現状、Android版は、自宅で、PCをNexus9で操作する場合にしか使っていない。つまり、暗号化は必要ない訳なのだが、一つだけ不便に思っている事があって、それは、同時に二つのサーバーに接続できない、という点だ。

まあ、普通は、そんな必要は無い筈なのだが、作者の場合には、dynabookMX/33をiTunesサーバーとして使っていて、良く、その音楽を聴きながら作業をしている訳だ。

PC環境では、複数のMirror-DTCクライアントが動作可能なので、上記の音楽を聴きながらでも、別PCにアクセスできるのだが、Nexus9では、それが出来ないので、不便に感じるケースもある訳だ。

と、いう事なので、Android版については、広告を表示したい、という事もあるのだが、同時に複数のサーバーと接続可能にする為には、根本的なUIの変更も必要になる訳だ。

しかし、今日の時点では、そういった変更をするのも、億劫と感じてしまう状況なので、どうしようかなあ、と、思っている段階だ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

Mirror-DTC

Mirror-DTC

(2016/05/04追記)

« 寄らば大樹の陰 | トップページ | 2015年を振り返って (前半) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/62954232

この記事へのトラックバック一覧です: Android版も作るかなあ:

« 寄らば大樹の陰 | トップページ | 2015年を振り返って (前半) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google