スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« フルHDの60FPSキャプチャーも余裕 | トップページ | 多分、フリー版も同時リリース »

MJPEGを残しDCT+を削除

今は、AmuseGraphicsのバージョンアップ開発を行っていて、本体の変更は、一応、完了していて、AG-デスクトップレコーダーの変更も終わらせた。初回立ち上げ時に表示するコーデック選択ダイアログでは、MJPEGを削除すると書いていたのだが、結局、DCT+を削除した。

AmuseGraphics Ver1.3.0では、本体と付属ソフトの全てに、MP4形式へのエンコード機能が搭載される。

で、このMP4形式へのエンコード機能は、WindowsにあるMedia Foundationというフレームワーク用に搭載されているエンコーダーを使って行っているのだが、最近のIntel CPUが搭載されたマシンでは、IntelのビデオドライバーにQSV機能をサポートする機能も実装されている。

なので、最近のIntel CPUが搭載されたマシンでは、MP4形式へのエンコードは高速に行われるので、軽さが売りのAGM形式でも、少なくともDCT+モードについては、そのエンコード性能には敵わない訳だ。

そして、画質や圧縮率についても、MP4の方が優秀なので、同じ視聴用コーデックとして想定しているDCT+については、並べてみても、普通は、見劣りするだけな訳だ。

もっとも、実際には、DCT+モードでエンコードしておけば、AGMPlayerで無劣化分割できるし、ネットワーク再生時にも再エンコードは不要だ。

更に、AGMPlayerの再生速度調整機能も、MP4形式では動作しないのだが、DCT+形式にしておけば、便利に使える。

と、いう事なので、DCT+形式というのも、作者的には捨てがたい、というか、作者のAGMLibraryにある動画は全てDCT+形式でエンコードしているし、今後も、そうする筈なのだが、考えてみると、MJPEGをコーデック選択ダイアログから削除してしまうと、MJPEGを選択するのが大変になる訳だ。

で、初回立ち上げ時に表示しているコーデック選択ダイアログというのは、主に、初心者用なので、MJPEGを外す訳にも行かないかなあ、という感じがした訳だ。

しかし、単純にMP4形式を追加するだけにしてしまうと、選択肢が多くなりすぎて、訳が分からなくなる可能性もあるので、作者的には、断腸の思いで、DCT+を外す事にした訳だ。

同時に、説明文も少し変えたのだが、AGM-DCTは編集向け、MP4は視聴向け、MJPEGは対応ソフトが多い、WMVはWindows標準、という感じにした。

もっとも、MP4については、実際には、H.264/AACと記述してあるのだが、コメントとして、個人利用以外ではライセンスが必要になる場合がある、という脅し文句を入れておいた。

実際、H.264/AACは強力なコーデックなのだが、オープンソース系で嫌われているのは、このライセンスが必要になるからだ。

しかしまあ、個人で録画して視聴する分には問題はないし、YouTubeの様な無料動画サイトにアップする分にも、ライセンス料は永久に無料化される事になっている筈なので、ユーザー的には、業務用に使おうとしなければ、問題は無い筈ではある。

ちなみに、残すところはAG-Webカメラレコーダーなのだが、これについても、大体の実装は終わっているので、明日には作業は終わる筈だ。

しかし、その他については、それぞれにプレミアム機能を実装してきたのだが、これについては、今のところ、何も思いつかないので、Ver1.3.0の基本対応のみの変更に留める事になりそうだ。

もっとも、記憶が定かではないのだが、結構前に、録画ボタンを押さなくても録画を開始出来る様にしてほしい、みたいなユーザーからの要望があった様な気がしている。

つまり、起動パラメータか何かで、立ち上げ直後から録画を開始させる事が出来る様にしてくれ、と言う様な話だったと思うのだが、作者的には、その要望は断った筈だ。

これは何故なのか、というと、コーディング的には変更は簡単なのだが、そういう事をやりだすと、バッチファイルでカメラを動作させる事が出来る格好になってしまうので、スパイウェアとして使われる懸念が出てくるからだ。

まあ、そういうプログラムはWindowsでは簡単に作れるので、既に、巷の多くのPCに潜んでいるかもしれないのだが。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AmuseGraphics

AmuseGraphics

(2016/05/04追加)

« フルHDの60FPSキャプチャーも余裕 | トップページ | 多分、フリー版も同時リリース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/62839911

この記事へのトラックバック一覧です: MJPEGを残しDCT+を削除:

« フルHDの60FPSキャプチャーも余裕 | トップページ | 多分、フリー版も同時リリース »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google