スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 更新作業は着々と進行中 | トップページ | グレート・マジンガー? »

MP4形式も使えるが

今は、AmuseGraphicsのバージョンアップ開発を行っていて、本体の変更は、一応、完了したので、AG-デスクトップレコーダーとAG-Webカメラレコーダーの変更中だ。で、既にフリー版をリリースしたAGMPlayer/AG-ムービーカッターにはオンラインヘルプを追加したのだが。

AG-デスクトップレコーダーとAG-Webカメラレコーダーにはオンラインヘルプは追加しない事にする。

これは何故なのか、というと、両者共に、機能的には単純なので、その機能についてヘルプを作成すると、逆に、判りづらく感じる人も出てくるかもしれないからだ。

まあ、実際の所は、昨日書いた様に、オンラインヘルプが無い現行のフリー版のダウンロード数が、やたらと、多いので、作者的には、これらについては、あまり変更したくない訳だ。

もっとも、HiDPI対応とMedia Foundation対応については、時代の要請があるので、両者に対しても適用する。

つまり、AG-デスクトップレコーダーとAG-Webカメラレコーダーについても、デスクトップのテキストサイズが変更された環境でも、普通に使える感じになり、かつ、MP4でのエンコード出力も可能になる筈だ。

筈だ、と書いているのは、まだ、MP4出力については実装が終わっていないからなのだが、AGMPlayerの開発時に得られた実績からすると、Intelの比較的新しいCPUが搭載された環境だと、QSVが利用できるので、WMV形式なんかとは違って、エンコード負荷はAGM-DCT+と比べても同等程度に軽くなる筈だ。

このため、次バージョンでは、AGM形式の存在意義が問われる可能性も出てくるのだが、少なくとも、AGM-DCTというのは、MJPEG相当の扱いになる。

つまり、MP4というのは、シーク時の位置決めに時間がかかったりするので、動画編集用としてはMJPEGの方が軽いのだが、AmuseGraphicsでは、MJPEGよりも、更に、AGM-DCTの方が動画編集用として使い勝手が良い、より軽いコーデックになっている訳だ。

当然の事ながら、AGM-RGBやAGM-YV12はDCT変換を行わないコーデックなので、本質的に、ブロックノイズやモスキートノイズが発生しないので、その高画質さに、存在意義がある。

このため、存在意義が問われるのは、AGM形式としては後発になる、AGM-DCT+のみなのだが、とりあえず、MP4形式は無劣化分割/結合が出来ないのに対し、AGM-DCT+では出来るし、シーク時の位置決めも、AGM-DCT+の方が少しは軽い。

更に、AGMPlayerを使っている人にしてみれば、AGM-DCT+で出力しておけば、ネットワーク視聴時に再エンコードが入らないというメリットもある。

なので、AmuseGraphicsファミリーの中では、MP4よりもAGM-DCT+の方が好待遇なのだが、世の中的に見れば、MP4の方が好待遇ではある筈だ。

と、いう事なので、視聴用にエンコードしたい場合、AG-デスクトップレコーダー/AG-Webカメラレコーダーのエンコード形式は、AGM-DCT+にするのか、MP4にするのか、というのは悩ましくなるかもしれない。

もっとも、MacやAndroidでも再生可能なMP4形式が使える様になれば、視聴用としてMJPEGを使う必要は無くなる筈だ。

そして、編集用としては、少なくともAmuseGraphicsファミリーソフトを使う場合、AGM-DCTの方がMJPEGよりも優れている。

なので、汎用視聴用としてはMP4形式が選択可能になる次バージョンのAmuseGraphics的には、MJPEGの居場所は無くなる訳なので、AG-デスクトップレコーダーとAG-Webカメラレコーダーの初回立ち上げ時に表示されるコーデック選択画面では、MJPEGの選択肢は無くし、代わりに、MP4を入れる事にする。

ちなみに、AmuseGraphics的には、AG-デスクトップレコーダーやAG-Webカメラレコーダーでのエンコード形式は最終決定扱いにはなっていない。

つまり、AmuseGraphics的には、これらでエンコードされた動画は、AmuseGraphics本体に読み込んで別形式で出力する事も出来るし、AGMPlayer/AG-ムービーカッターで、必要部分のみを切り出して別形式に再エンコードする事も出来る。

で、現行版では、AGM-DCTがデフォルトのエンコード形式になっているのだが、これは、基本的には、前述の様な利用形態を想定しているからだ。しかし、AGM-DCTというのは、圧縮率もそれなりにあるし、画質も悪くは無い。

なので、永久保存版にしようとしないのであれば、そのまま視聴用として使う事も可能なので、ある意味、最も汎用性があるコーデックになる。

このため、現行版では、デフォルトコーデックとしてある訳なのだが、次バージョンでも、この辺の事情は変わらないので、デフォルトコーデックはAGM-DCTにする予定だ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AmuseGraphics

AmuseGraphics

(2016/05/04追加)

« 更新作業は着々と進行中 | トップページ | グレート・マジンガー? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/62824276

この記事へのトラックバック一覧です: MP4形式も使えるが:

« 更新作業は着々と進行中 | トップページ | グレート・マジンガー? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google