スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« やっぱりストリーミングかな | トップページ | 久々に楽しみではある »

2016年はPCを買う?

今日は2016年の元日なのだが、作者的には、今年の抱負なんて書いてみても仕方ない。なので、何かネタは無いものか、と、ネットを見てみた所、ITmediaにこんな記事があった。作者的には、昨年末にスマホを新しくしようと思っていたモノの、結局、ヤメにしたのだが。

作者がスマホの機種変更をヤメにした理由は、基本的には、欲しいスマホが無かったからなのだが、ネットで調べてみると、作者の場合、機種変更については、別段、2年単位の縛りがある訳ではなく、何時やっても、違約金なんかは発生しない、という事が判ったからでもある。

と、いう事で、現時点でも、作者は4年前に購入したAndroid2.3スマホである所のPHOTONを使っている訳なのだが、当然の事ながら、電話機能については、問題なく使えているし、普通に使っている分には、バッテリも1週間に2回充電すれば問題ない状況だ。

もっとも、PHOTONでは、今時のAndroidアプリはマトモには動作しないので、新しいスマホが欲しいかなあ、と、思ったりもしているのだが、アプリを使いたいと思えば、作者的には、Nexus9があるので、困っていない訳だ。

と、いう事なので、別段、欲しいスマホも無いので、スマホについては放ってある訳なのだが、PCについては、去年、Mac mini Late2014を購入し、BootcampのWindows8.1をメイン環境にしているので、マトモなPCも、あって良いかなあ、という状況だ。

ただ、2011年に購入したGatewayブランドのWindows7-PCと、2013年に購入したASUSのノートPCである所のX202Eも健在で、更には、2009年購入のdynabookMX/33も、メディアサーバーとして現役稼働している状況だ。

で、上記を見ていると、作者的には、別段、意識している訳ではないのだが、PCの購入は2年毎になっているみたいなので、今年は購入しない年になるかもしれない。

世の中的には、去年、Intelの新CPUである所のSkylakeがリリースされ、今年は、これを搭載したPCが主流になる筈なのだが、ネットの評判を見ていると、GPU性能は向上しているものの、CPU性能の向上は少なく、省電力性能についても向上はしていない、みたいな感じだ。

現状、作者的には、Haswell世代のMac mini Late2014をメインマシンにしているのだが、これは、通常時にはファン音が聞こえないくらいの静音設計になっていて、必要時には、それなりの性能も発揮してくれるからだ。

つまり、作者的には、昔から書いている様に、基本的には、静音PCが好みで、しかし、たまには処理性能も要求する感じなので、Mac mini Late2014はベストフィットになる訳なのだが、MAX性能については、前述の2011年購入の古いデスクトップPCの方が上だったりする。

なので、作者的には、通常時はMac mini Late2014並の静音が確保でき、必要時には、2011年製のデスクトップPC以上の性能を発揮する様なPCがあれば、欲しい所ではあるのだが、中々、難しいかもしれない。

何故なら、普通のデスクトップPCだと、少なくとも電源とCPUにはファンが付いているので、低負荷時にも音がしない訳が無いし、ノートPCだと、冷却問題から、最高性能に制限が付く事になる筈だからだ。

もっとも、Mac mini Late2014というのは、基本的には、OS X用ソフトを開発する目的で購入したモノなので、今時のメインマシンとしては、貧弱ではある。

具体的には、4kディスプレイも接続可能なのだが30Hzになるし、作者が購入したのはHDDモデルなので、HDDアクセスが発生すると、それなりに遅いし、HDDのアクセス音もそれなりに気になる。

と、いう事なので、作者的には、次のメインマシンとしては、4kディスプレイを60Hzで接続可能で、ストレージはSSDの静音で高性能なPCが欲しい訳なのだが、とりあえず、現状の環境でも困っている訳ではないので、今年、新しいPCを購入するかどうかは微妙かもしれない。

ただし、CPU性能的には、2011年製のデスクトップPCの方が上であるにも関わらず、Mac mini Late2014をメインマシンにしているのは、静音という事もあるのだが、体感性能はこちらの方がずっと上だからだ。

具体的には、2011年製のデスクトップPCのOSはWindows7で、Mac mini Late2014のOSはWindows8.1になるので、その辺の違いも大きいのだが、GPU性能の違いというのも、微妙に、体感性能には影響してくる訳だ。

なので、ここ数年、CPUスペック的には、PC性能はあまり向上していないのだが、体感性能は上がってきているので、古いPCを使っている人にとっては、今年は、GPU性能が向上したSkylakeが普及価格帯に降りてきたし、Windows10も使える感じになってきたので、新しいPCを購入するのには良い時期になるかもしれない。

= この記事に関連する公開中ソフト =

Mirror-DTC

Mirror-DTC

(2016/05/04追記)

« やっぱりストリーミングかな | トップページ | 久々に楽しみではある »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/62987713

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年はPCを買う?:

« やっぱりストリーミングかな | トップページ | 久々に楽しみではある »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google