スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 今週中には完成する筈 | トップページ | 2倍重いが圧縮率も2倍 »

まだまだ微妙

今は、Mirror-DTCの次バージョンを開発中で、AGM-DCT+を使ったストリーミングモードの微調整を行っているのだが、まだまだ、納得できる状況にない。何故なら、当たり前の話なのだが、圧縮率を上げると画質が低下し、画質を良くしようとすると、圧縮率が低下するからだ。

AGM-DCT+の圧縮方式の基本は、前フレームのデコード結果とピクセルデータの差分をDCT変換する、というモノだ。

なので、DCT変換時の量子化が雑すぎた場合にも、デコード画像は滅茶苦茶になる訳ではなく、前フレームの面影を残す格好になる。

つまり、残像が残る感じになる訳なので、通常のDCT変換よりは、見ていられる画像になる場合が多いのだが、これは、ある意味、目の錯覚だ。

このため、AGM-DCT+でも、ちゃんとした画像を出力したければ、量子化は真面目にやらなければならないのだが、そういう事をやっていると、普通にDCT変換した方が画質が同等で圧縮率が高くなる場合もある。

と、いう事なので、AGM-DCT+では、元々、画面変化の状況を鑑みて、普通にDCT変換するブロックと、差分をDCT変換するブロックを混在させている。

つまり、AGM-DCT+の基本的なパラメータとしては、差分時用の量子化値と素直なDCT変換に切り替える境界値と素直なDCT変換を行う場合の量子化値があるのだが、他にも、上記の残像をクリアする為に、一定時間毎に差分時用の量子化値を真面目な値に切り替えたりもしている。

で、AGM-DCT+はAmuseGraphics系の動画用コーデックとして開発したモノなのだが、一般動画とMirror-DTCが扱う動画は二つの点で大きく異なる。

まず、一般的な動画では、あまりクッキリとした画像はないのが普通なのだが、Mirror-DTCでは、OSのデスクトップ画像を扱う訳なので、テキストやWindowの端なんかはクッキリした画像になっている。

そして、気持ち的にはこちらの方が重要なのだが、Mirror-DTCでは、基本的には、自分の操作している画面を見る事になる。

なので、操作時には、その対象を真面目に見ている訳なので、今までクッキリしていた画面がボヤけたりすると、違和感が半端ない訳だ。

と、いう事で、Mirror-DTCに実装しているAGM-DCT+では、AmuseGraphics系よりも、より画質にシビアになっているのだが、前述の様に、画質を上げると圧縮率が下がってしまう。

そして、AGM-DCT+のオーバーヘッドは、圧縮率が同じなら、現行の映像圧縮よりも重くなるので、何をやっているのか判らない状態になってしまう。

なので、やはり、ストリーミングモードは圧縮率を上げないと意味が無いので、そういう設定にしてみると、やはり、画質が悪くて、ちょっと待て、という感じになってしまう訳だ。

と、いう事で、ストリーミングモードの調整は、またまだ微妙なのだが、従来のモードは残すので、最悪、ストリーミングモードというのは、映像圧縮(高圧縮)よりも画質は劣るものの、圧縮率はより高いモード、という感じにするかもしれない。

= この記事に関連する公開中ソフト =

Mirror-DTC

Mirror-DTC

(2016/05/04追記)

« 今週中には完成する筈 | トップページ | 2倍重いが圧縮率も2倍 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63089153

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ微妙:

« 今週中には完成する筈 | トップページ | 2倍重いが圧縮率も2倍 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google