スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« もう一日はかかる | トップページ | Appleが命令を拒否したらしい »

今週のリリースはない

今は、Mirror-DTCの次バージョンを開発中で、その最後としてAndroid版の作成中なのだが、まだ、マトモには動作していない。そして、マトモに動作したとしても、コードの最適化が必要な状況だ。更に、新しいホームページの作成も必要なので、既に今週のリリースは諦めた。

と、いう事で、作者的には、早々と今週のリリースは無いと宣言している訳なのだが、Android版についても、とりあえずは、動作する状況にはなっている。

ただ、今の所、強引に動作させている格好になっているので、ちゃんとしたコードに書き換える必要があり、その後、新しいホームページを作成し、全OS版に埋め込んでいるサポートWebページを変更してドキュメントも作成し・・・、なんて事を考えていると、今週中のリリースはシンドイなあ、と、いう事になる訳だ。

で、Mirror-DTCについては、現在の日本の状況を鑑みれば、英語版を作成して海外向けにも公開する格好にしないと、劇的なユーザー増加は見込めない様な気もしている訳だ。

つまり、少し前に書いたのだが、元々、今回の開発は覇気が沸かない状況なので、開発の進捗も遅い訳だ。

もっとも、英語版については、細々とした設定なんかは無くすつもりなので、ひょっとすると、今回追加したストリーミング圧縮のみサポート、という事になる可能性もある。

何故なら、ストリーミング圧縮というのは、Mirror-DTC的には、その他の圧縮方式よりも処理負荷が高い問題があるのだが、巷のソフトと比べれば、別段、気にする程の負荷ではないし、画像変化が少ない場合には、十分に処理負荷は軽くなる。

そして、ウインドウ移動やスクロール用の動き補償機能があるので、普通のデスクトップ操作時の圧縮率も高いし、動画視聴時の圧縮率は、感覚的には、もっと高い。

つまり、ストリーミング圧縮はリモートデスクトップソフト用の圧縮方式としては、オールマイティーにしてあるので、圧縮方式として、これだけしかサポートしなかったとしても、問題は無い訳だ。

しかし、その分、処理は複雑になっているので、PC版の実装時にも、かなり、苦労したのだが、内部形式が異なるAndroid版でも、より単純なクライアントしかないにも関わらず、苦労させられた。

と、いう事なので、作者的には、既にお疲れモードに入っているので、リリースは急がないことにした訳だ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

Mirror-DTC

Mirror-DTC

(2016/05/04追記)

« もう一日はかかる | トップページ | Appleが命令を拒否したらしい »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63225536

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のリリースはない:

« もう一日はかかる | トップページ | Appleが命令を拒否したらしい »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google