スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 新ホームページを作り始めた | トップページ | その他OS版もほぼ完成 »

Windows版は完成

今は、Mirror-DTCの次バージョンを開発中で、全OS版が大体は完成していたのだが、バージョン情報ダイアログ等に埋め込んであるサポートWebページを変更する必要があった。なので、Mirror-DTCの新ホームページを形だけ作成し、URLを変更して完成させた。

と、いう事で、冒頭の話だけだと、大した変更でもなかったのだが、開発順としては、まずWindows版、その次にOS X版、更にUbuntu版を作成した後、Android版も作成していた訳だ。

なので、開発が進むにつれ、内部コードの最適化なんかも進んだので、今日は、Windows版に対しても、そういった変更のフィードバックを行った訳だ。

このため、作者的には、やっとWindows版も完成、という気がしたので、今日の表題はそういう名目にしたのだが、実際の所としては、まだ、readme.txtは書いていないし、新しいホームページも作成できていないので、もう少し作業は行わなければならない。

更に言えば、まだ、作者環境に真面目に適用して使いこみは行っていないので、全OS版が完成した後、使い込みフェーズが残っている。

そして、今のところ、Mirror-DTCの新ホームページは形だけで、操作説明用のビットマップなんかは取り直すつもりなので、そういった作業も必要だ。

しかしまあ、そういった作業には大して時間はかからないので、来週中のリリースは問題なく行える、と、今日の時点では思っている。

ちなみに、Mirror-DTCの次バージョンはVer1.3.0で、Ver1.2.3ではCross Platform Packとしてその他OS版も同梱していたのだが、そういった事は行っていない。

その代わり、Windows用の最新版である所のVer1.2.3.2では、64Bit版と32Bit版を別パッケージにしていたのだが、Ver1.3.0では同梱する。

これは何故なのか、というと、Ver1.2.3.2はバイナリサイズが大きかったのだが、Ver1.3.0は小さくなっているからだ。

で、今回、何故、バイナリサイズが小さくなったのか、というと、Mirror-DTCはMFCアプリになっていて、MFCはスタティックリンクしているのだが、Visual Studio Community 2013で普通にビルドするとバイナリサイズが大きくなるので、大きくならない様に対策したからだ。

なので、バイナリサイズが小さくなったからといって、別段、コード量は減っていない、というか増えているのだが、それでも、32/64Bit版を同梱した配布パッケージのサイズは、今日の時点では2.44MB程度になっている。

= この記事に関連する公開中ソフト =

Mirror-DTC

Mirror-DTC

(2016/05/04追記)

« 新ホームページを作り始めた | トップページ | その他OS版もほぼ完成 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63243079

この記事へのトラックバック一覧です: Windows版は完成:

« 新ホームページを作り始めた | トップページ | その他OS版もほぼ完成 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google