スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« UFOバトラーも1,000越え | トップページ | ビルド環境は完成 »

3月21日に注目かな

今は、MasterReversiの次バージョンを開発中なのだが、まだコード整理中みたいな感じなので、書くべきことも無い。なので、昨日に引き続き、今日も時事ネタにするのだが、これは、昨日書いた様に、作者的には、iOS用MasterReversiを出すか出さないかを検討中だからだ。

表題にした3月21日というのは、ネットで検索すれば出てくる筈なのだが、Appleのスペシャルイベントの開催日、という事になる。

そして、ネットの噂では、そこで、4インチに回帰したiPhoneの新型が大々的に発表される、という事になっている様なのだが、日本人は大体は体が小さいので、現行の4.7インチと5.5インチのラインナップに不満を持っていた人も多かった筈だ。

なので、新しい4インチのiPhoneが、ここの所低下してきているiPhoneの日本国内でのシェアを回復させるか、というのが、作者的な注目事項になるのだが、多分、そんな事はないだろう、というのが作者の予想だ。

何故なら、日本国内でiPhoneのシェアが高かったのは、そもそも、第二次世界大戦後に生まれた日本人の多くは、ブランド志向で、かつ、米国製品は高ブランド品として認識しており、かつ、Appleというのは米国企業の中でも、高いブランド価値がある企業だったからだ。

更には、日本では、携帯キャリアの戦略により、AndroidスマホよりもiPhoneの方が安く買えるという、訳の分からない状況が続いていたので、ブランド志向ではない人にしてみても、iPhoneを選択した方がコストパフォーマンスが高かった訳だ。

つまり、日本でiPhoneのシェアが高かったのは、iOSの機能が優れていたからでも、iPhoneの性能が高かったからでも無く、ブランド価値があり、かつ、安かったから、というのが実状だった筈なので、より実用性が高いモデルが出たからと言って、大した影響はないだろう、というのが作者の予想になる訳だ。

で、日本国内における、iPhoneに関しては、当初、75%程度あったシェアは、今年の1月の時点では、既に50%ギリギリにまで低下してきていて、残りの50%の人はAndroidスマホを使っている状況になっている。

これは何故なのか、というと、日本国内では、iPhoneのシェアが高くなりすぎ、かつ、安売りされていたので、ブランド志向の人は、逆に、iPhoneを庶民用スマホとして敬遠する様になったから、という事になるかもしれない。

更に言えば、そもそも、iOSには自由度が少ないので、Androidスマホと比べると、やれる事が限られる、という事が認知されてきたので、スマホを小さなコンピュータとして使いたい、なんて理系タイプの人にしてみれば、iPhoneは選択肢にならなくなった訳だ。

もっとも、その自由度の少なさは、逆に、Androidスマホみたいに危険なウイルスに感染しないという安心感を与える筈なので、iPhoneで提供されている機能で十分、という人にしてみれば、好意的に受け止められているケースも多いかもしれない。

と、いう事で、Appleの思惑とは、多分、異なる筈なのだが、日本におけるiPhoneというのは、高ブランド品でもなく、革新的でもなく、所謂、楽々スマホ相当の庶民機、という位置づけが定着した感がある訳だ。

なので、そのユーザーには、少なくとも、Androidスマホユーザーよりも、リテラシーが低い人が多くなる訳なので、昨日書いた様に、作者的には、そういう市場に乗り込むのは敬遠したくなる訳だ。

まあ、そういう人達の方が、当然、騙しやすい訳なので、ビジネス的には、簡単にお金になる可能性は高いのだが、作者的には、現世の財産よりは、死後、そして、来世の安楽を求める訳だ。

もっとも、今の日本では、老後破産、なんてキーワードが注目される状況になっているので、作者的にも、今、死ぬ気がないのなら、それなりの儲けは出さなければならない。

なので、どうしたモノかなあ、と、思っている訳なのだが、iPhoneについては、上記の様な状況に加え、さらに追い打ちをかける様に、政府からの指導で、今後、Androidスマホよりも安く手に入る事は無くなったので、より安いスマホを選択する、という人にしてみても、今後は、iPhoneを優先する理由が無くなった訳だ。

もっとも、作者なんかもそうなのだが、特に不満が無い事項に対しては現行の状況を変えたくない、という心理も、特別な志向が無い人には働く筈なので、現在のiPhoneのシェアが50%もあるのなら、次の東京オリンピックくらいまでは、日本国内で、iPhoneを見かけなくなる、という事はないかもしれない。

つまり、Appleが大きなミスをしない限り、日本におけるiPhoneのシェアが一気に低下する、というのも考えづらい訳なのだが、数日前に書いた様に、今現在、Appleは米国内でFBIと戦っている訳だ。

その結果、AppleがFBIに従うという事になると、iPhoneの安全神話は打ち崩されるので、AppleとしてもFBIに従う訳には行かない筈ではあるのだが、FBI、というか、米国政府に従わない米国企業が繁栄を続ける、というのもあり得ない話になる訳だ。

更に追い打ちをかけて、もし、次の米国大統領がトランプ氏になったりすると、まず、確実に、Appleという企業は潰される筈なので、当然の事ながら、iPhoneの寿命も後1年くらい、という事になる訳だ。

と、いう事で、客観的に見れば、今現在、iPhoneには良い話は何もなく、極めて悪い話が色々とある状況だ。

なので、今更、iOS用にアプリを開発してみても、時間の無駄、という事になる訳なのだが、だからこそ、近い将来、大手のソフトハウスなんかは手を引くか、倒産する筈なので、作者みたいな個人開発者にしてみれば、参入しても良いかなあ、という時期になってきているかもしれない訳だ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

MasterReversi

MasterReversi

(2016/05/04追記)

« UFOバトラーも1,000越え | トップページ | ビルド環境は完成 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63344081

この記事へのトラックバック一覧です: 3月21日に注目かな:

« UFOバトラーも1,000越え | トップページ | ビルド環境は完成 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google