スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« Android版の勢いが上昇中 | トップページ | 単純なHiDPI対応は完了 »

iPhone SEは買うかも

今は、MasterReversiの次バージョンを開発中で、やっと、バグだし用に行っていた本体の全機能確認が終わったので、HiDPI対応を始めたのだが、とりあえずは、簡単に行える部分を先に片付ける予定だ。で、iPhone SEが発表されたのだが、作者は買うかもしれない。

このブログでは、数日前に、「3月21日に注目かな」、という記事を書いていたのだが、その記事を読んだ人は、作者はAppleを嫌っているんだろう、と、思ったかもしれない。何故なら、Appleに対するネガティブな話を色々と書いたからなのだが、作者的には、別段、Appleを嫌ってはいない。

もっとも、作者的には、スティーブ・ジョブズがいた頃のAppleには、何かしらかの期待を持っていたのだが、今では、そういう期待は全くしていないので、Appleに対しては、冷めた批評だとかも多い訳だ。

しかし、ティム・クックCEOが引退してしまうとどうなるかは判らないものの、少なくとも今現在は、Appleが全世界的優良企業である事に疑いようは無い訳なので、作者的にも、Apple製品を購入しておけば、外れは無いかなあ、という気がする訳だ。

と、いう事なので、4年以上前に購入したAndroid2.3スマホを未だに使っている作者的には、いい加減、新しいモノに替えたいので、iPhone SEの出荷がこなれてきた頃に、購入する事にするかもしれない。

で、作者は去年の今頃の時点で、既に新しいスマホが欲しい、と、書いていた筈なのだが、結局、去年は新しいスマホは購入しなかった。

その理由は、Androidスマホに欲しい機種が登場せず、また、iPhoneについても、6sが発表されたものの、色々と問題を抱えていたからだ。

具体的には、そのころの記事に書いてある筈なのだが、まず、iPhone6sはiPhone6と同サイズだったので大きすぎた、という事もあったのだが、それに加えて、CPUが高性能化されたので、発熱量だとかバッテリ持ちに疑問符がついた訳だ。

案の定、出荷後のiPhone6sの評判を見ていると、熱すぎてホームボタンに触れない、なんて書き込みがネットに溢れた訳なので、作者的には、iPhone6sの購入には至らなかった訳なのだが、iPhone SEというのは、iPhone6sよりも小さな筐体にiPhone6sと同等性能のCPUやGPUを詰め込んでいる。

つまり、普通に考えれば、発熱やバッテリ持ちについては、iPhone6sよりも悪くなりそうなスペックになる訳なのだが、にも関わらず、作者的にはiPhone SEは買うかも、と書いている。

これは何故なのか、というと、作者はIntelCPUになった初代のMacBookを購入し、それは購入当初から熱暴走に悩まされ、2年程度で壊れてしまったのだが、その次に購入したMacBookは、未だに普通に動作しているからだ。

また、今現在使用しているMac miniについても、出始めの頃の機種は冷却用ファンが勢い良く回る爆音マシンだった筈なのだが、非常に静かで満足している訳だ。

つまり、iPhone SEというのは、iPhone6sでの失敗の経験を生かして使えるモノに仕上がっている筈、と、期待しているので、今度は購入しても良いかなあ、と、思っている訳なのだが、もし、何の対策も行わず、iPhone6sと同等以上の発熱とバッテリ持ちの悪さになっている様なら、作者は購入を取りやめるし、巷でのAppleの評判も、地に落ちる事になるかもしれない。

ちなみに、iPhone SEというのは、新興国向けの低価格版、という触れ込みになっている様なので、購入してもドヤ顔は出来ないらしい。

このため、ドヤ顔をするためにApple製品を購入している人達には相手にされない筈なのだが、作者的には、お金さえあれば誰でも買える普通の製品を購入してドヤ顔をする人の気持ちが判らないので、別段、この点については問題にはならない。

で、作者のキャリアである所のauでの販売価格はまだ未定なのだが、Appleでの販売価格は税込みで7万円もあればお釣りが来る様だ。

なので、auが好からぬ企てをしなければ、iPhone SEは、安めのAndroidスマホと同等価格で購入できる格好になる筈なので、作者的には、価格面での抵抗も少ない訳だ。

もっとも、作者的にも、そもそも、新しいスマホがどうしても必要か、というと、そういう訳でもないので、7万円でも、高いと言えば高い。

なので、巷でも、スマートフォンの買い替え需要は減ってきていて、スマートフォンも終わりかなあ、なんて言われ始めている訳なのだが、作者が使用しているスマホはAndroid2.3スマホなので、流石に、時代遅れすぎる訳だ。

と、いう事で、作者的には、とりあえず、出荷された後の世間の評判は見てみるのだが、悪い評判があまり無い様なら、次のスマホはiPhone SEにする可能性は高いかもしれない。

= この記事に関連する公開中ソフト =

MasterReversi

MasterReversi

(2016/05/04追記)

« Android版の勢いが上昇中 | トップページ | 単純なHiDPI対応は完了 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63382843

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone SEは買うかも:

« Android版の勢いが上昇中 | トップページ | 単純なHiDPI対応は完了 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google