スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« ホームページも一気に変更 | トップページ | 長期戦になるかも »

次はMasterReversi

昨日書いた様に、次は、MasterReversiのバージョンアップ開発を行うのだが、後ろが詰まっているので、今回の開発では、最低限の変更だけを行うつもりだ。とりあえず、ソースコード環境の整備とHiDPI対応とWindows10用にフォント見直とボード表示の高速化は行う予定だ。

まず、現行のMasterReversiはVisual Studio 2008を使ってビルドしたのだが、ソースコードはマルチバイト文字セットになっている。しかし、現在の開発環境はVisual Studio Community 2013なのだが、この環境だと、マルチバイト文字セットはビルド出来ない。

なので、次バージョンでは、マルチバイト文字セットからVisual Studio Community 2013でもビルド出来るUnicode文字セットに変更するのだが、現在のソースコード環境にはもう一つ問題がある。

それは何なのか、というと、現在、64Bit版と32Bit版は異なるソリューションとして、独立したソースコードからビルドする様になっている、という事だ。

何故、別々になっているのか、というと、リバーシエンジン処理については、処理速度を考慮して、64Bit環境用と32Bit環境用で、結構、異なるコードになっているからなのだが、その他の描画系なんかの処理は、基本的には同一で問題はない。

そして、今回の開発では、リバーシエンジン関連には手を入れず、描画系を変更する格好になるので、32/64Bit用のソースコードを統一しておかないと、完全な二度手間になる訳だ。

と、いう事なのだが、次バージョンのMasterReversiの開発作業は、去年の12月に一旦開始していて、その後、Mirror-DTC開発に割り込まれた格好になっていたのだが、去年の時点で、既に、文字セットについてはUnicodeに変更できていた。

なので、現在、手元にはUnicode文字セットになったビルド環境があるのだが、まだ、マトモには動作していない。

これは何故なのか、というと、AmuseGraphicsの時もそうだったのだが、内部的な文字セットについては、マルチバイト文字セットからUnicodeにしても問題は無いのだが、リソースファイル内の文字コードについては、今更、変更する訳には行かないからだ。

にも関わらず、上記のUnicode文字セットへの変更作業は機械的に行ったので、現時点では、リソースファイルをマトモに扱えないので、マトモに動作していない訳だ。

もっとも、この辺の変更についても、順番に動作するように手直しして行けば良いだけの話なので、別段、難しい話ではない。

なので、今週は、まず、上記の作業を行って、とりあえず、Unicode文字セットにしたソースコードを現行版と同等レベルにまで動作する様にし、その次に、現在変更しているのは64Bit用コードなので、ここに、32Bit用コードを合体させる作業を行う事になる。

その次に、HiDPI対応を行うのだが、これについても、既にAmuseGraphicsでの実績があるので、それほど時間はかからない筈だ。

と、いう事で、今週は、多分、 HiDPI対応が終わるか終わらないか、という所までは、開発作業が進むと思うのだが、いずれにしても、ブログ記事的には書くべきことはない訳だ。

と、いう事もあるので、昨日書いた様に、今週一杯はブログ記事を書くのは休む事にするのだが、今週の作業は、ある意味、下地作りなので、開発の本番は来週からになる筈だ。

ちなみに、MasterReversiについては、ちょくちょく書いてきた様に、インターナショナル版を作りたいと考えているのだが、@homepage終了に伴い、作者製ソフトの更新を、とりあえず、一巡させる必要がある。

なので、今回のMasterReversi開発では、開発期間を鑑みて、最低限の変更しか行わない事にしたのだが、作者的には、Appleの有料開発者プログラムにも加入しているので、iOSアプリを開発してリリースする権利もある訳だ。

このため、何か、iOS用にもアプリを作ってみたいなあ、という気もあるのだが、中々、手が回らない。

しかし、MasterReversiについては、既にAndroid版があるし、Android版の描画ルーチンはOpenGLベースになっているので、iOSに移植するのも、多分、難しくは無い筈だ。

と、いう事なので、時間が出来たら、MasterReversiについては、色々な展開をさせてみたい気はしているのだが、とりあえず、今回は、そういう事はせずに、最低限の変更のみ行って、リリースまで持っていく予定だ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

MasterReversi

MasterReversi

(2016/05/04追記)

« ホームページも一気に変更 | トップページ | 長期戦になるかも »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63287116

この記事へのトラックバック一覧です: 次はMasterReversi:

« ホームページも一気に変更 | トップページ | 長期戦になるかも »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google