スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« ビルド環境は完成 | トップページ | HTML5版を更新 »

色々と大変ではある

今は、MasterReversiの次バージョンを開発中で、とりあえず、昨日書いていた問題も解決したので、今日の時点で、Visual Studio Community 2013を使用してビルドしたバイナリから現行版と同様の配布パッケージを作成し、インストール/動作確認が可能になった。

今日は、何時もよりもこの記事を書くのが遅くなっているのだが、それは、表題にした様に、色々と大変だったりするからだ。

何が大変なのか、というと、今日は、珍しく、作者の所にマトモなメールが色々と来たからなのだが、その中に、まず、MasterReversi for HTML5に不具合がある、というのがあった訳だ。

HTML5版というのは、その他のMasterReversiとはコードが全く異なるので、作者的にも、どういう作りにしてあるのか覚えていなかったのだが、とりあえず、メールに書かれていた文面に従って動作確認してみた所では、確かに、現象は再現した。

で、HTML5版についても、ソースコードを含めた開発環境はちゃんと保存してあるので、とりあえず、ソースコードを取り出して確認してみたのだが、何故、そんな現象がでるのか、パッと見では判らなかった。

なので、原因が判れば数分もあれば修正可能か、と、思ってメールの返信はペンディングしていたのだが、すぐには修正できそうにないので、メールに対しては、数日中に可能なら修正する、という返信を出しておいた。

と、いう事なので、作者的には、HTML5版についても修正が必要になった訳なのだが、今回のMasterReversi開発では、前回のAmuseGraphicsと同様に、マルチバイト文字セットをUnicode文字セットに変更する、という作業が入っている。

そして、前回のAmuseGraphicsのリリース直後に、AmuseGraphicsのホームページに本体の修正版をアップしたのだが、これは、前述のUnicode文字セット化が正しく行えていない箇所が1箇所あったため、修正が必要になったからだ。

なので、AmuseGraphics以上に高機能なMasterReversiについては、まず間違いなく、何個かの修正ミスが入る様な気がしているのだが、この前リリースしたMirror-DTCについても、雑誌への掲載だとか、社内利用だとかの問い合わせが何件かあった。

Mirror-DTCについては、今のところ、不具合は見つかっていないので、雑誌への掲載も社内利用も断りはしなかったのだが、作者が東芝を辞めた理由の一つとしては、実は、当時、PL法だとか、消費者保護法、なんてモノが施行されてきていた、というのも、その要因としてはあった訳だ。

つまり、メーカーというのは製造者責任ばかりが重くなって、開発者的にも、技術的にどうのこうのというよりは、XXX規格への適合だとか、XXX認証の取得だとかに注力しなければならなくなり、作者的には、面白くない上に、負担が大きくなりつつあったので、当時、東芝云々ではなく、メーカーというモノ自体に対しても、疑問符を付け始めていた訳だ。

と、いう事で、今はお気軽に開発して公開できる個人向けソフトを開発している訳なのだが、だからといって、品質が低いモノを作ろうとしている訳でもない。

なので、不具合があると言われれば、修正しないとなあ、と思う訳なのだが、ここの所、ノートPCの多くでバッテリパックのリコールが行われているし、自動車についても、エアバック問題でリコールばかりされている。

で、リコールというのは、企業にとっては、当然の事ながら、赤字要因になるので、実際の所、リコールが続けば、その企業は倒産する筈だし、HDDメーカーの多くが撤退したのも、売れなかったから、というよりは、売れた製品で問題が発生すれば損害賠償が発生するので、売れば売るほど、損害賠償による倒産リスクが高まるから、という要因もあった筈だ。

と、いう事で、メーカーというのは、製品が売れなければ儲けが出ず、売れてしまうと、今度は、リコールや損害賠償による倒産リスクが高まる訳だ。

このため、少なくとも、ハードウェアメーカーというのは、ある意味、割に合わない訳なのだが、最近は、ハードウェアメーカーに限らず、一般のサラリーマンでも、会社に損害を与えた場合には損害賠償請求される格好になってきている。

なので、既に、世の中の大勢を占めるサラリーマンも、割に合わなくなってきている訳なのだが、それでは、一体、誰が良い思いをしているのか、と、鑑みると、答えが見いだせない今日この頃だ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

MasterReversi

MasterReversi

(2016/05/04追記)

« ビルド環境は完成 | トップページ | HTML5版を更新 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63353529

この記事へのトラックバック一覧です: 色々と大変ではある:

« ビルド環境は完成 | トップページ | HTML5版を更新 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google