スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« MRWorkerの互換性 | トップページ | リリースは来週 »

1Pass目が完了

今は、MasterReversiの次バージョンを開発中で、バグ出しと問題点の修正を行っていたのだが、とりあえず、1Pass目は完了した。つまり、完成していたバイナリをインストールして全機能確認を行って出た不具合の修正が完了したのだが、引き続き、2Pass目に入る。

1Pass目の動作確認で修正した不具合は、40個くらいあった。もっとも、その多くは、HiDPI対応に関連するモノで、HiDPI状態では文字列が上手く見えない、みたいな感じのモノだったので、動作上は、大きな問題はあまり出なかった。

まあ、これは当然の事で、今回の変更のメインはHiDPI対応と内部文字列のUnicode化で、それ以外の変更としては、メイン盤面表示のDirect2D化とデザインのサウンド変更でループバック録音を可能にしただけ、だからだ。

にも関わらず、今回の変更では、既に1ヶ月くらいの開発期間がかかっている訳なので、一見、コストパフォーマンスは悪いのだが、作者のメイン環境は現在Mac mini Late2014のWindows8.1で、モニターの解像度はフルHDなのだが、テキストサイズは125%にしている。

テキストサイズを125%にしている理由は、老眼だから、という事も無い筈なのだが、その方がテキストが見やすいからだ。

前述のモニターは24インチのノングレアタイプで、輝度もコントラストも最低にしてある。

なので、動画を見たりする分には、あまり綺麗に色は出ないのだが、何故、そんな設定にしてあるのか、というと、作者の場合、長時間モニターを見る訳なので、そうしないと目が疲れるからだ。

更に、机は比較的大きいので、目とモニターの距離も60センチくらいはあけているので、画面がまぶしすぎて目が疲れるという事は少ないのだが、あまり文字が小さいと、真面目に見ないといけなくなるので、読みにくい、というか、目が疲れる。

もっとも、このブログ記事にはよく誤字脱字があるのだが、これは、作者はタッチタイピングしているので、キーボードは見ていないのだが、通常、画面も、真面目には見ていないので、それが、その理由になる。

作者の場合、人と話をする時にも、相手の顔を見る事は殆ど無いので、大昔から、よく注意されたりもするのだが、人の顔を見て話をすると、「七瀬ふただび」状態になってしまうので、作者的には、あまり人の顔は見たくない訳だ。

と、いう事で、作者という人は、あまりモノを真面目に見ない人なので、モニターの文字についても、大きい方が認識しやすいので、24インチのフルHDモニターのテキストサイズは125%にした訳なのだが、その結果、現行版のMasterReversiはちゃんと使えなくなっていた訳だ。

これに対して、次バージョンでは、HiDPI対応が行われているので、この状態でもちゃんと使える様になっているし、見た感じ、テキストフォントが緻密になるので、より高級感が感じられる様にもなっているかもしれない。

なので、今回の開発では、機能的な変更は殆ど無い訳なのだが、開発のコストパフォーマンスが低いのか、というと、そんな事もないかもしれない。

ちなみに、1Pass目の変更が完了したので、MRSolverでの性能検証も行ったのだが、コンパイラーが変わった事による性能の増減は認められなかった。

具体的には、MasterReversiのホームページにアップしてあるFFOテストと同様に、FFO40~59を動作させた場合の処理時間で検証したのだが、ホームページにアップしたデータを採取したCorei7-2600のデスクトップマシンは今でも健在なので、このマシンでの測定を行った。

で、その後、作者的には現在のメインマシンである所のMac mini Late2014を購入している訳なので、Corei7-2600のデスクトップマシンでMRWorkerを動作させ、Mac mini Late2014上のMRSovlerでネットワーク分散を許可した測定もしてみた。

その結果、Corei7-2600マシンだけでは、246秒程度必要な処理時間は225秒程度にはなったので、一応、ネットワーク分散が行えない筈のEdaxの244秒は軽く上回る結果になった。

まあ、Mac mini Late2014はCorei5のデュアルコアマシンなので、Corei7のクアッドコアマシン2台で処理させれば、もっと処理時間は短縮される筈ではあるのだが。

= この記事に関連する公開中ソフト =

MasterReversi

MasterReversi

(2016/05/04追記)

« MRWorkerの互換性 | トップページ | リリースは来週 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63493431

この記事へのトラックバック一覧です: 1Pass目が完了:

« MRWorkerの互換性 | トップページ | リリースは来週 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google