スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« リリースは来週 | トップページ | 多分、明日リリースする »

32Bit版も動作確認

今は、MasterReversiの次バージョンを開発中で、一応は完成しているので、最終確認中なのだが、バイナリは64Bit版と32Bit版の二種類がある。ここの所、動作確認は64Bit版で行ってきたので、今日は32Bit版を使っていたのだが、コード的には、今回、64Bit版に近づいた。

このブログを真面目に見ている人なら、冒頭の文言の意味は判る筈なのだが、今回の開発では、リバーシエンジンの本質的な部分については変更していない、と、書いているのだが、32Bit版については変わっている。

どう変わっているのか、というと、BookとDataBase関連の処理ルーチンを従来の32Bit版用のソースコードから64Bit版用のソースコードに差し替えている訳だ。

従来の32Bit版用のソースコードでは、BookデータやDataBaseデータはポインタ参照する格好になっているのだが、今回差し替えた64Bit版用のソースコードでは、所謂、ハンドル形式で参照する格好になっている。

何故、そうなっているのか、というと、アクセス速度については、ポインタ参照の方が高速なのだが、64Bitバイナリではポインタは8バイトになるので、メモリ使用量が倍増する。

なので、64Bit版開発時に4バイトの独自ハンドル形式で参照できる格好に変更していたのだが、今回、32Bit版独自の処理ルーチンが多いとメインテナンスが面倒になるので、32Bit版については、本質的にはポインタ参照のままでも処理的な不都合は無かったのだが、64Bit版のソースコードを使う格好に変更した訳だ。

その結果、32Bit版については、処理速度的には、従来の32Bit版よりも、若干、低速になったのだが、更に、従来版には隠し機能として実装していた疑似仮想記憶によるメモリ使用量増大機能も無くなった。

つまり、次バージョンでは32Bit版は冷遇されている訳なのだが、評価演算処理については、32Bit版で64Bit版用のコードを使うと2倍程度は処理速度が低下するので、32Bit版用の処理コードはそのまま使う格好にしている。

と、いう事なので、次バージョンでは32Bit版は冷遇されている訳なのだが、実質的には、使い勝手は大して変わっていない筈ではある。なので、今日は、32Bit版についても、動作確認を行ってみていたのだが、特に問題は見つかっていない。

32Bit版の場合、使用可能なメモリ量は、実質的には、1.5GB程度になるので、あまり大きなデータは扱えないのだが、オプション設定で「キャッシュ」サイズを最大の512MBに設定した状態で、ホームページにアップしてある評価データ生成用の約250万対局のデータベースデータを読み込んでも、使用メモリ量は900MB程度なので、普通の使い方をする分には、十分な筈ではある。

と、いう事で、MasterReversi的には、64Bit版が利用可能な環境では、64Bit版の利用を推奨する訳なのだが、32BitOSでは32Bit版しか動作しない訳なので、そちらについても、動作確認をしてからリリースする格好になる。

ちなみに、Intelの64BitCPUの場合、32Bit動作させるよりも64Bit動作させた方が、若干、高速に動作する。そして、今現在、Intelの32BitCPUというのは無いに等しい状況だ。

にも関わらず、今現在でも、Intelの64BitCPUを使って32BitOSを動作させているPCやタブレットの新製品が存在している。

これは何故なのか、というと、業務用PCなんかでは、64Bit版のデバイスドライバが存在しない機器を動作させる為、という理由もある筈なのだが、コンシューマ向けとしては、32BitOSの方が使用メモリ量が少なくて済むから、という事になるかもしれない。

つまり、今時の新製品でも、RAM容量を2GB程度に抑えている機器は存在するので、そういう機器では、64BitOSを動作させるよりも、32BitOSを動作させてユーザーが利用可能なメモリ量を確保した方が良いだろう、という感じになっている訳だ。

なので、Windows10の時代になっても、32Bit版のWindowsは無くなっていないので、MasterReversi的にも、32Bit版は必要になっているのだが、前述の通りなので、少なくともMasterReversiの場合、既に、32Bit版は冷遇されてきているので、今後、新しいPCを購入するのであれば、64BitOSが使えるモノにした方が良いかもしれない。

= この記事に関連する公開中ソフト =

MasterReversi

MasterReversi

(2016/05/04追記)

« リリースは来週 | トップページ | 多分、明日リリースする »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63503145

この記事へのトラックバック一覧です: 32Bit版も動作確認:

« リリースは来週 | トップページ | 多分、明日リリースする »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google