スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« もう二日はかかるかなあ | トップページ | まず、WaveClipperを先出する »

ネガティブなコメントが付いた

今は、MasterReversiの次バージョンを開発中で、変更は終わったのだが、互換性確認も必要なので、リリースはまだ先だ。で、Android版MasterReversiにネガティブなコメントが付いたのだが、「他を探した方がいい グラフィックがチープ、学習機能、分析機能がない」、そうだ。

少し前に書いた様に、Android版MasterReversiには、チョクチョク、ネガティブなコメントが書きこまれるのだが、すぐに消されてしまうので、今回は、消されてしまったとしても、Google Playでも、そういうコメントが行われる、という事を記録に残しておく事にした訳だ。

で、少し前に書いた様に、ネガティブなコメントを書き込んでいるのは、やはり、日本人の様なのだが、Googleのアカウントというのは、その気になれば、名前の詐称なんかは可能な筈なので、書きこんでいるのが本当の日本人なのかどうかは、作者には判らない。

と、前置きした上で、作者が、前述の書き込みを、ネガティブなコメント、と、判定するのは、「他を探した方がいい」、という文言から始まっているからだ。

で、「グラフィックがチープ」、「学習機能、分析機能がない」、と、続く訳なのだが、「グラフィックがチープ」、という点に関しては、Google Playでは画面のキャプチャー画像が見れる訳なので、敢えて、そんな事を書く必要があるのか? という疑問符はつく訳だ。

もっとも、より問題なのは、「学習機能、分析機能がない」、という文言で、そういう文言は、普通の人は書かない訳なので、このコメントを書いている人は、その筋の人である事は確定なのだが、にも関わらず、「他を探した方がいい」、と、一般向けサイトであるGoogle Playで、コメントしている訳だ。

MasterReversiについては、リリース当初から、こういう感じのコメントが偶にあるのだが、Windows用のMasterReversiには、初版からStandard版とProfessional版を用意してあって、Standard版には学習機能は入れていないし、分析機能も隠れ機能扱いだ。

これは何故なのか、というと、MasterReversiは、最初からシェアウェアにする予定だったので、Standard版に全機能を解放する訳には行かなかった、という大人の事情もあったのだが、常識的に鑑みて、世の中の大半の人には、そういう機能は不要な筈だったので、作者的には、Professional版だけにすると、折角、開発したソフトの利用者数が限りなく少なくなってしまう事を懸念したからでもあった訳だ。

と、いう事で、MasterReversiのStandard版というのは一般向けで、Professional版というのは、作者を含めた、一握りの、その筋の人向け、という棲み分けにした訳なのだが、Android版というのは、当然の事ながら、一般向けに仕上げた訳だ。

なので、学習機能だとか分析機能みたいな、普通の人が見ると怯える様な機能は初版には全く入れなかったのだが、更に言えば、現行のAndroid版開発時に書いた様に、Android機器の性能も上がってきたとはいえ、64BitCPU搭載のNexus9ですら、Corei3の安物ノートPCよりも性能が悪かった訳だ。

このため、そんなモノに、真面目な解析機能を付加しても意味は無い、という事で、現行版では、評価値表示機能は入れたのだが、真面目な分析機能は実装しなかった、という経緯がある。

その代わりに、現行版では、棋譜をメールで転送できる様にした訳なので、真面目な解析を行いたければ、その棋譜はWindows用のProfessional版で読み込める様にしてあるので、それを購入して利用すれば良い訳だ。

学習機能についても、Bookのリアルタイム学習を行おうとすると、全着手についての良し悪しを判定する必要があるので、局面分析以上のCPUパワーが必要になる。

なので、とても非力なAndroid機器に任せる訳には行かないし、単純にBookに対局結果を追加していく事の危険性については、判っている人は、嫌という程、判っている筈だ。

つまり、学習機能や分析機能は現状のAndroid機器では荷が重すぎるので、それらはWindows用のProfessional版に任せる格好にし、Android版には棋譜の送信機能と、Professional版で更新したBookデータを読み込める機能を実装する格好にした訳だ。

と、いう事で、作者的には、Google Playに上記の様な反論を書いても良いのだが、そういう書き込みを、作者が行うと、更に滅茶苦茶なコメントをされる危険性もあるので、反論については、コメントを許可していない、このブログに書いてみた訳だ。

ちなみに、今日は、何故、ここまで攻撃的な文章になっているのか、というと、作者がチャンネル登録しているYouTuberの瀬戸弘司さんが暫く動画をアップしないので、2chの瀬戸さんのスレッドを見てみた所、瀬戸さんは、キッズ(子供)のコメントから、精神を病んでしまって、今は鬱状態で身動きが出来なくなっている、という事になっていたからだ。

ソースは2Chなので、上記の真偽については、話半分以下に捉えて置いた方が良いのだが、作者的にも、良く書いている様に、ネガティブなコメントを見ると、ショックは大きい訳だ。

なので、鬱病経験者である作者的にも、鬱状態が再発する危険性はある訳なのだが、間違ってもらっては困るのだが、作者の様な人が、上記の様なコメントを見て精神を病んでしまうのは、書かれている内容がネガティブだからではない。

それでは何故なのか、というと、書かれている内容があまりにも低レベルなので、そういう低レベルな人達と関わりあわなければならない現在の自分が情けなくなるからだ。

つまり、瀬戸さんについても、多分、ネガティブなコメントを受けて、人気が無くなる事を心配して鬱になっている訳ではなくて、YouTubeの低レベルユーザーの相手なんかをしている現在の自分自身が情けなくなっているのかもしれない訳だ。

なので、少し、そういうユーザーとの関係を断ち切って、冷却期間を置こうとしているのかもしれないのだが、瀬戸さんというのは、そもそもは、俳優志望だった筈なので、この際、儲からなくても、真面目な俳優業に戻ろうか、なんて事を鑑みている可能性も無きにしも非ずかもしれない。

= この記事に関連する公開中ソフト =

MasterReversi

MasterReversi

(2016/05/04追記)

« もう二日はかかるかなあ | トップページ | まず、WaveClipperを先出する »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63441679

この記事へのトラックバック一覧です: ネガティブなコメントが付いた:

« もう二日はかかるかなあ | トップページ | まず、WaveClipperを先出する »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google