スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 多分、明日リリースする | トップページ | やっぱり、週末にする »

リリースは順延

今は、MasterReversiの次バージョンを開発中で、今日、リリースしようかと思っていたのだが、不具合が見つかったので順延した。不具合の修正は終わっているので、リリースは明日になるかもしれないのだが、Vectorへの登録なので、公開は来週になる様な気もする。

見つかった不具合というのは、Ver1.4.1にも存在していて、全てBook関連の特殊機能に関係するモノだ。

具体的には、「Bookのデータ出力」の「テキスト形式(全検索)」と「データベース形式(全検索)」が終わらない、というモノと、レジストキー登録をしていないにも関わらず、本来なら10件のみの出力になる筈の「テキスト出力」で全件が出力されていた、というモノと、Bookの追加で「標準バイナリ形式」を選択すると、クラッシュする場合があった、というモノだ。

Book絡みの不具合としては、リバーシエンジンオプションで「省メモリモード」を選択していると、Bookデータの読み込みでクラッシュする場合がある、という不具合もあって、それについては修正してあったのだが、他にも色々とあった事が判った訳だ。

で、上記の不具合は普通に使っている分には、使わない機能で発生するモノなので、発見が遅れた訳なのだが、一応、実装されている機能ではあるので、Ver1.4.2では修正した訳だ。

上記とは別に、ホームページで公開してあるBook作成用のデータベースデータでは評価リーフ用の備考が削除されているので、このデータを使用してBookを作成すると評価リーフが生成されない、という事象も発見したのだが、これについては、標準添付データと併用すれば何とでもなる話ではある。

しかしまあ、次バージョンの公開時にはホームページは更新するので、その時に、評価リーフも生成されるデータベースデータに変更しておく事にする。

と、いう事で、上記の様な不具合は、発見するのは大変なのだが、修正するのは容易なので、今日の時点で全て修正済みなのだが、バイナリを変更したので、再度、インストール確認からやり直しているので、リリースは遅らせる事にした訳だ。

ちなみに、MasterReversiはコード量が多いので、他の作者製ソフトと比べてビルドには時間がかかる。特に、リリース前には何かの間違いがない様に、リビルドしているので、ビルドが終わるのを待つのに数分を要する。

まあ、現在のビルド環境はHDDで動作しているMac mini Late2014なので、遅いのかもしれない。なので、ビルドマシンをSSD搭載のCorei7マシンに替えれば、もっとビルド時間は短縮できるとは思われるのだが、作者的には、大昔、FDDベースのX68000でプログラムをビルドしたりもしていた訳だ。

なので、ビルドは一瞬で終わらない方が、何となく、有難味は感じる訳なのだが、今となっては、FDDはおろか、HDDでも、遅い、という時代になっているので、CPUは非力なのだが、昨日書いたAndroid Studioは、SSDに換装してあるX202Eにインストールしてみようか、と、思ったりもしている今日この頃だ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

MasterReversi

MasterReversi

(2016/05/04追記)

« 多分、明日リリースする | トップページ | やっぱり、週末にする »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63511683

この記事へのトラックバック一覧です: リリースは順延:

« 多分、明日リリースする | トップページ | やっぱり、週末にする »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google