スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« HPデータの更新とか | トップページ | Google Playにアップした »

最初にAndroid版をリリース

今は、Nostalgic UFO Battlerの更新開発フェーズで、今のところ、Android版とWindows版が完成状態になっている。残すところはUbuntu版とOS X版なのだが、とりあえず、Android版のみリリースし、Ubuntu版とOS X版が完成した所で、それらを一気にリリースする格好にする。

Nostalgic UFO Battlerというのは、そもそもは、Android用に開発を始めたモノなのだが、更に言えば、Android機器で簡単に単純な2Dゲームを作れるフレームワークのサンプルプログラムとして開発した、という経緯もある。

なので、OpenGLだとかサウンドなんかのハードウェア絡みの処理ルーチンはベースクラスに記述し、ゲーム処理自体は、その継承クラスに記述する格好になっている。

つまり、他のゲームを開発する時には、ベースクラスはそのままに、ハードウェア絡みの処理ルーチンを記述する必要がない継承クラスのみ、記述すれば良い格好にしてあるのだが、それはつまり、ベースクラスを別OS用に記述しておけば、Androidばかりではなく、WindowsでもUbuntuでもOS Xでも、ゲーム処理は殆どそのまま流用できる訳だ。

その逆も真なりで、Android機器でデバッグするのは比較的面倒なので、その他OS版を開発し、その成果をAndroid版に移植する、という格好にも出来る訳なのだが、実際、初版も今回の更新版も、そういう格好で開発した。

具体的には、初版では、まずUbuntu版を開発し、それをAndroid版に移植したのだが、今回は、Windows版を開発し、それをAndroid版に移植した。

で、開発環境的には、Windows版ではVisualStudio Community 2013が使えるので、最も楽かもしれないのだが、OS X版についても、Xcodeが使えるので、それほど落ちるという事もない。

Ubuntu版についても、Eclipse+CDT環境なので、ダイアログ等が存在しないNostalgic UFO Battlerの場合、VisualStudioと比べても、使い勝手が悪いという事もない。

なので、初版はUbuntu環境で開発した訳なのだが、今回は、前回まで、Windows用ソフトの開発を行っていたので、そのまま、Windows環境での開発を続けた。

で、一昨日書いた様に、Nostalgic UFO Battlerについては、iOS版も作ろうか、と、思っているのだが、iOSアプリの開発はOS X環境で行う事になる。

このため、OS X版については、最後に回して、そのリリース後に、引き続き、iOS版を作ろうと思っているので、Windows / Android版の次にはUbuntu版を開発する事になる。

そして、最後にOS X版を開発するのだが、数日前に書いた様に、Windows / Ubuntu / OS X版については、ゲーム処理クラスに同じソースコードが使えるので、Windows版が完成している今、Ubuntu / OS X版の開発というのは、実質的には、ソースファイルを置き換えてビルドし直すだけ、という事になる。

と、いう事なので、その他OS版のリリースは、Android版のリリース後にするのだが、今週中に作業が終わらない、という事はない筈だ。

ちなみに、作者はiOS用のソフトを開発した事はない。

しかしまあ、巷では、小学生でも、iOS用にアプリを開発し、App Storeに並べられるらしいので、少し調査すれば、作者的にも出来ない事はない筈、と、今のところは思っている段階だ。

もっとも、何度も書いてきている様に、Android版のNostalgic UFO BattlerのGoogle Playからのダウンロードの99%以上は日本国外からのモノだ。

そして、iOSというのは、今となっては日本用のガラパゴスOSに近い存在になっていて、日本でのシェアはAndroidとほぼ互角の50%程度を確保しているモノの、ワールドワイドのシェアを見てみると、Androidが7割程度でiOSは2割程度になっている。

つまり、ダウンロード数を鑑みれば、日本人には人気がないNostalgic UFO Battlerについては、当然の事ながら、ワールドワイドを対象にすべきで、ならば、iOSはシェア的に、既にオワコン状態なので、相手にすべきでもない訳だ。

更に、何度も愚痴を書いてきた様に、Android版MasterReversiについては、日本からのダウンロードも1/3程度はあるのだが、日本人はネガティブなコメントを偉そうに書く訳だ。

つまり、日本人の利用者が多いApp Storeにアプリを並べても、見向きもされないか、罵詈雑言で埋め尽くされるのが普通なので、2chのiOSアプリの開発者スレッドを見ていても、既に、iOSを見限ってAndroidアプリの開発に切り替えた、という開発者も多い感じだ。

と、いう事なので、一応、Nostalgic UFO Battlerについては、作者製ソフトの中では、最も単純な部類に入るので、iOS用アプリの開発テスト、みたいな感じで移植してみるつもりなのだが、Appleの審査に何度も落とされる様ならリリースは取りやめる。

また、無事リリースできてApp Storeでネガティブなコメントが沢山ついた場合には、それらはブログネタにするつもりなのだが、MasterReversiとは違って、Nostalgic UFO Battlerの場合、App Storeに競合する日本製アプリは無さそうだ。

なので、放置される可能性の方が高い、と、今日の時点では思っているのだが、出る杭は打っておく、というのが日本流なので、実際には、どうなるかは判らないかもしれない。

= この記事に関連する公開中ソフト =

ノスタルジックUFOバトラー

UfoBattler.jpg

(2016/10/25追記)

« HPデータの更新とか | トップページ | Google Playにアップした »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63639588

この記事へのトラックバック一覧です: 最初にAndroid版をリリース:

« HPデータの更新とか | トップページ | Google Playにアップした »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google