スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« Ubuntu16.04LTSは酷い状況 | トップページ | 作者サイトで公開 »

Java版は動作した

今は、Nostalgic UFO Battlerの更新開発フェーズで、Android版はリリースしたので、Ubuntu版を作成していたのだが、ついでに、Ubuntu16.04LTSについても確認していた。昨日書いた様に、ネイティブ版は全滅状態なのだが、Java版のMirror-DTCとAGMPlayerは動作した。

そもそも、作者製のJava版ソフトというのは、Mirror-DTCのAndroid版を作成する準備段階として、Java言語を使って開発してみた、というシロモノだったのだが、Javaで記述しておくと、様々なOSで動作するので、Mirror-DTCのマルチプラットフォーム化にも貢献してくれた。

もっとも、Javaのみでは性能的に苦しかったので、Mirror-DTCについては、順次、JNIコードを追加して性能を向上させて行ったのだが、最終的には、各OSで、Javaを使わないネイティブ版に切り替えた。

これは何故だったのか、というと、Windows版については、元々ネイティブ版があったので、早々にJava版を廃止したのだが、OS X版については、Apple製のJava6を使っていて、オラクル製のJava7/8では互換性が無くなるので、将来性を鑑みて、ネイティブ版に切り替えた訳だ。

Ubuntu版については、グローバルメニュー等のUnity固有の機能が使えない、だとか、デュアルディスプレイに完全には対応できない、だとか、フォントが汚い、だとかのマイナス要因があったので、ネイティブ版に切り替えたのだが、Ubuntu版については、OS X版とは違って、Java版についても、将来性についての懸念は無い状況だ。

そして、ネイティブ版のバイナリはOSのバージョンに大きく依存し、現行の14.04LTS用のバイナリは12.04LTSでは動作しなかったので、Java版もダウンロード可能な状態にしてあったのだが、試してみた所、Java版はUbuntu16.04LTSでも普通に動作した。

と、いう事で、今となっては、Java版はWindowsでもOS XでもUbuntuでも動作する、というマルチプラットフォーム用としての役割は無くなったのだが、バージョンが変る度にライブラリの互換性が無くなるUbuntuでは、ライブラリの非互換性を吸収してくれる便利なシロモノ、という側面は残っていた訳だ。

まあ、Java版はVer1.2.3相当なので、1.3.0で追加したストリーミング圧縮には対応していないのだが、ストリーミング圧縮の利点は圧縮率にある訳なので、少なくとも有線接続時には必要はないし、従来モードだけでも、VNCなんかよりは高い圧縮率を確保できるので、無線LAN接続時にも使えない事はない。

もっとも、ネイティブ版についても、Ubuntu16.04LTS上でビルドすれば、サーバーは、ダイアログのサイズが少し大きめになる問題を除いて動作する事が確認できた。

ネイティブ版クライアントについては、Ubuntu16.04LTS上でビルドしても、色々と問題があって動作する状況にはないのだが、やはり、問題はGTK3絡みな感じなので、eclipseでさえ、GTK3の使用を禁止しなければ動作しない現状を鑑みれば、その内、GTK3もマトモになる可能性は高い訳だ。

このため、その内、ネイティブ版についても、Ubuntu16.04LTS用をリリースできそうな感触はあるのだが、最悪、GTK3がマトモにならない場合にも、Java版をVer1.3.0相当に変更すれば、格好はつけられる訳だ。

ちなみに、Ubuntu16.04LTSについては、16.04.1が公開されるくらいまで、様子見する事にし、Mirror-DTCのホームページには、現状のUbuntu16.04LTSでMirror-DTCを使いたい場合には、Java版を使って下さい、みたいな記載を追加しておいた。

AGMPlayerについても、Ubuntu用はJava版だったので、普通に動作した。

なので、現状、作者製のUbuntu向けソフトは、16.04LTSでも、使えない事はない、という状況になっている。

このため、Nostalgic UFO Battlerについても、16.04LTSで使えないと格好が付かないので、14.04LTS用と同時に16.04LTS用も作成し、配布パッケージには同梱する格好にした。

16.04LTS用は、既に書いた様に、終了時にクラッシュするのだが、ゲーム自体は問題なく動作するし、GUIで操作していれば、終了時のクラッシュには実害がない。

なので、前言を撤回して、今回、同梱する格好にした訳なのだが、更に前言を撤回して、Ubuntu版については、今日、リリースしてしまった。

これは、当面、Ubuntu16.04LTS対応用の作業は無くなったので、Ubuntu関係の作業は終わらせておこう、という事にしたからだ。

と、いう事で、明日からはOS X版の開発を行う事になる。

= この記事に関連する公開中ソフト =

ノスタルジックUFOバトラー

UfoBattler.jpg

(2016/10/25追記)

« Ubuntu16.04LTSは酷い状況 | トップページ | 作者サイトで公開 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63651729

この記事へのトラックバック一覧です: Java版は動作した:

« Ubuntu16.04LTSは酷い状況 | トップページ | 作者サイトで公開 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google