スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 音声出力は、ほぼ同じ | トップページ | iOSシミュレータの性能は・・・ »

後は、真面目に作るだけ

今は、iOS版Nostalgic UFO Battlerの開発中で、表示系と音声系の基本処理についてテストしてみた結果、何とかなりそうな感触が得られたので、そのテストアプリを実機動作させてみたのだが、これについても、大きな問題はなかった。なので、後は真面目に作るだけだ。

昨日書いた様に、今日は、OpenGL ES2.0を使って描画を行い、音声出力も行えるテストアプリを作者のiPad Airに転送して動作させてみたのだが、大きな問題は無かった。

小さな問題としては、音声出力の更新期間を、OS X版では20mSec毎にしてあったので、iOS版でも、同じ期間を使っていたのだが、それだと、作者のiPad Airでは音声出力が滑らかには行われなかった。

なので、更新期間を40mSec毎に変更してみた所、問題は無くなった。Nostalgic UFO Battler的には、それ程の即応性は必要ないので、音声再生が20mSec遅れから40mSec遅れになったとしても、ユーザー的には気がつかない筈なので、実際の所としては問題はない。

ただ、iOSシミュレータ上では、20mSecでも問題は発生しなかった訳なので、やはり、実機確認は重要、という事になるのだが、作者的には、iPad Airが唯一の手持ちiOS機器になる訳なので、iOSシミュレータには、もうちょっと頑張って貰いたい気もしないではない。

まあ、前述の問題は、性能絡みの問題の筈なので、元々、シミュレータには頼れない気はしていたし、問題が発生する可能性も予期はしていたのだが、今時の機器なら、20mSecもあれば、十分でしょ? と、思っていた分、ちょっと、不安が残る結果ではあった訳だ。

ちなみに、実機確認は、これ以上無いくらい簡単になっていた。

具体的には、作者の開発環境である所のMac mini Late2014にiPad Airに付属していたUSBケーブルを挿すと、それだけで、Xcodeのアプリ実行環境に作者のiPad Airが追加され、シミュレータの代わりに、それを指定すると、作者のiPad Air 上で、テストアプリが動作した訳だ。

で、この動作した、というのは、予想していた感じとは異なり、アプリをiPad Airに実際にインストールして動作させている感じだ。

つまり、一旦、Xcode上から実機確認すると、その実機上にはアプリがインストールされているので、USBケーブルを抜いても、実機単体で、そのアプリを動作させる事が出来る。

と、いう事で、長らく、iOS機器用には、自分用にアプリを開発して使う事は出来なかったのだが、既に、Macに無料のXcodeをダウンロードしてプログラミングを行えば、Appleにデベロッパー登録しなくても、自分用のアプリは、開発して自分のiOS機器にインストールして使える時代になっていた訳だ。

作者的には、Appleの有料デベロッパー登録はしてあるので、Appストアに開発アプリを並べる事も可能な筈なのだが、例え、審査で落とされても、自分用には、開発したアプリを使える事が確認できたのは朗報ではある。

= この記事に関連する公開中ソフト =

ノスタルジックUFOバトラー

UfoBattler.jpg

(2016/10/25追記)

« 音声出力は、ほぼ同じ | トップページ | iOSシミュレータの性能は・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63690809

この記事へのトラックバック一覧です: 後は、真面目に作るだけ:

« 音声出力は、ほぼ同じ | トップページ | iOSシミュレータの性能は・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google