スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 半ば強引なWindows10 | トップページ | 各種OSのシェアなど »

仮想キーボードにする

今はTiExtenderの開発フェーズで、今後の要素技術として必要なので、AV Foundationの使い方を調査したのだが、数日前に書いていた拡大鏡の録画機能用に使うのは、必要性が想定できないのでヤメにした。その代わり、次バージョンでは仮想キーボード機能を追加する。

AV Foundationを使ったmp4ファイルのデコード/エンコード方法については、大体は判った。なので、Mac上で、AGM形式ファイルとmp4ファイルの相互変換も可能になる筈なのだが、この処理ルーチンの一部を使えば、拡大鏡の内容をmp4ファイルに録画する事も可能になる筈だ。

しかし、数日前に書いた様に、Macでは、標準添付のQuickTime Playerを使えば、とりあえずは、全画面/指定領域の録画を行う事が可能だ。

このため、録画機能については、Windows環境のAG-デスクトップレコーダーにある様な様々なオプションを付けたり、AGMPlayer/AG-ムービーカッター相当のライブラリ/編集ツールとセットにしなければ、QuickTime Playerを使えば良いじゃん、という事になってしまう訳だ。

と、いう事で、現時点でTiExtenderに録画機能だけを追加しても、喜ぶ人は皆無の筈なので、今回のTiExtender開発では、録画機能を追加するのはヤメにした。

もっとも、TiExtenderについても、@homepageが9月に終了するのを受けて、サポートURLの変更は行う必要がある。

つまり、今回、バージョンアップは必須なので、ついでに、何かしらかの機能追加をしておきたかった訳なのだが、作者的には、現状の機能でも不満は無かったので、中々、追加する機能が思いつかなかった訳だ。

なので、近い将来、AGMPlayerのネイティブ版を開発する必要があり、ネイティブ版では、AGM形式動画とmp4形式動画の相互変換を可能にしたかったので、AV Foundationについて調査してみていた訳なのだが、前述の様に、TiExtenderでは、今の所、AV Foundationを無理やり使おうとすると収集がつかなくなる。

と、いう事で、更に考えてみた所、TiExtenderの拡大鏡機能では、Mirror-DTCサーバーに実装した処理ルーチンを流用していた訳だ。

で、Mirror-DTCサーバーは、当然の事ながら、クライアントから貰ったキー入力をエミュレートできる。また、Mirror-DTCクライアントには、スクリーンキーボード画面がある訳なので、入力系についても、これを流用すれば、作業量は少なくて済む。

更に、Mirror-DTCクライアントに実装してあるスクリーンキーボードの配列はWindows用になっているので、Mac用に変更する必要があるのだが、ここで、この配列のキーボードを作って置けば、将来的には、このキーボードをMirror-DTCクライアントに流用する事も可能になる訳だ。

上記の通り、一挙両得な感じなので、今回の追加機能は、基本的には、スクリーンキーボードにする事にしたのだが、表題をスクリーンキーボードとはせず、仮想キーボードにしてあるのは、スクリーンキーボード以外に、キーボードマクロ機能も追加しようと考えているからだ。

キーボードマクロ機能というのは、例えば、Webブラウザに入力するパスワード文字列なんかを、予め記憶させておけば、ショートカットキーやメニューから、簡単に入力できる様にする機能なのだが、この機能を実現するにあたっても、Mirror-DTCクライアントのキー入力処理を流用できる。

Mirror-DTCでは、普通のアルファベットキーばかりではなく、Option / Command / 英数 / かなキーまで把握/エミュレートできるので、その処理ルーチンを流用すれば、キーボードマクロ機能は、クリップボードのコピーなんかよりも、色々な場面で利用できる訳だ。

と、いう事で、何をやるのかは大体決まったので、少し開発期間は延びたのだが、来週中くらいに上記機能を完成させ、リリースに持っていきたい所だ。

ちなみに、AGM形式動画とmp4ファイルとの相互変換機能は、今日の時点では実現していないのだが、来週は、まず、上記機能の実装を行い、週末までに時間が余れば、変換機能についても、とりあえず、コンソールプログラムとして実装してみる予定だ。

それが完成すると、QuickTime Playerでキャプチャーした動画をAGM形式に変換可能になるので、現行版のAGMPlayerのサーバー機能を使えば、ネットワーク視聴も可能になる。

もっとも、作者的には、そんな事をしなくても、Windowsマシンで変換する事が可能ではあるのだが、これを作っておくと、ネイティブ版AGMPlayerの開発が楽になる筈ではある訳だ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

TiExtender

TiExtender

(2016/10/25追加)

« 半ば強引なWindows10 | トップページ | 各種OSのシェアなど »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63793715

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想キーボードにする:

« 半ば強引なWindows10 | トップページ | 各種OSのシェアなど »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google