スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« Ubuntu版も順延 | トップページ | また、ブログは1週間休む »

Mirror-DTC for Ubuntu 1.3.0.1を公開

Ver1.3.0.1ではUbuntu16.04LTSに対応すると共に、Ver1.3.0にあった幾つかの不具合を修正しています。Ubuntu16.04LTS用バイナリはUbuntu14.04LTS用とは異なりますが、配布パッケージには両方を同梱し、インストールスクリプトでバイナリを選択する仕様にしています。

Ubuntu用ネイティブ版Mirror-DTCでは、使用するライブラリの関係で、Ubuntuのバージョンが異なると、それ用にビルドされたバイナリしか動作しません。

このため、Ver1.3.0.1ではUbuntu14.04LTS用と16.04LTS用のバイナリを同梱しましたが、実行バイナリ以外のリソースファイルは共通である為、同一ファイルを複数同梱するのを避ける為、インストール時に実行するスクリプトを選択する事で、インストールする実行バイナリのみを入れ替える格好にしています。

また、Ver1.3.0ではUbuntu14.04LTS用の32/64Bit版を同梱していましたが、Ver1.3.0.1では、Ubuntu14.04LTS用バイナリについては、従来通り32/64Bit版を同梱していますが、Ubuntu16.04LTS用については、64Bit版のみの提供としています。

これは、Ubuntu16.04LTSでは64Bit環境が推奨される様になり、かつ、Google Chrome等、32Bit版を廃止するソフトも増えてきている状況から、32Bit環境の利用者が減少傾向となる事が想定され、にも関わらず、32Bit版を提供した場合には、それ用の動作確認/メインテナンス作業が64Bit版と同等に必要となる為です。

Ver1.3.0.1では、以下の様な不具合に対する修正も行っています。

・クライアントで接続開始/モード変更時に画像転送がストールする場合があった。

・クライアントがサーバーの解像度変更時にストールする場合があった。

・クライアントが大きなデータがクリップボードにあるとクラッシュする場合があった。

・クライアント/サーバーでクリップボード送信時にクラッシュ等が発生する場合があった。

上記の通り、Ver1.3.0.1では、主にクライアントに存在する多くの不具合を修正していますので、Ubuntu14.04LTSでVer1.3.0をお使いのユーザーにも、アップデートされる事をお勧めします。

Mirror-DTC Ver1.3.0.1は以下のMirror-DTCのホームページからダウンロードできます。

Mirror-DTCのホームページ

= この記事に関連する公開中ソフト =

Mirror-DTC

Mirror-DTC

(2016/10/25追記)

« Ubuntu版も順延 | トップページ | また、ブログは1週間休む »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63890681

この記事へのトラックバック一覧です: Mirror-DTC for Ubuntu 1.3.0.1を公開:

« Ubuntu版も順延 | トップページ | また、ブログは1週間休む »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google