スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« リモートデスクトップの必要性 | トップページ | 現在の進捗状況 »

フリー版は一週間で?

今はAmuseGraphicsの開発フェーズで、今回何をやるのかについては、既に書いたのだが、その後、OS X版Mirror-DTCの更新を行ったので、今日から仕切り直しになっている。もっとも、今回の開発は物量は多いのだが、1週間あれば、フリー版は何とかなる筈ではある。

作者の開発ソフトはあまりバージョンアップされないのだが、これは、作者が鈍間だから、という訳ではない筈だ。

何故なら、昨日リリースしたOS X版Mirror-DTCは、不具合報告メールを貰ってから1週間もかからずにリリースされているし、その前にリリースしたMirror-DTCの不具合修正版についても、1週間足らずでUbuntu/OS X版の2つを開発してリリースしている。

もっとも、開発に着手してからリリースされるまでに、数ヶ月を要している開発も、少なくは無いのだが、同じバージョンアップ開発でも、時間がかかる場合と、かからない場合があるのは何故なのか、というと、新規性の有り無しが影響するからだ。

つまり、新規性が高い開発項目がある場合には、時間がかかるのだが、この新規性というモノについては、作者から見て、という但し書きが付く。

更に書いておくと、新規性が高い開発アイテムがあったとしても、その機能を提供しているのがOSのAPIだったりする場合には、それほどの時間はかからない。

時間がかかるのは、例えば、AGM形式の様なオリジナル圧縮方式の開発、みたいな、何処にも存在しない新しい処理コードを開発する必要がある場合だ。

上記の様な場合には、処理コードの記述以前の問題として、方式設計が必要になるのだが、更には、その前段階として、アルゴリズム等の検討と仕様決めが必要になる。

つまり、アルゴリズム等の検討が必要になる場合には、開発に時間がかかり、そうでない場合には、開発には時間はかからない訳だ。

そういった意味からすると、今回のAmuseGraphicsのバージョンアップ開発では、時間がかかりそうな開発アイテムは入れない様にしているので、清々とコードを書いてさえいれば、自ずと、完成する筈だ。

と、いう事なので、今回の開発は開発アイテムは多いのだが、少なくともフリー版については、来週中には、既に書いている開発アイテムの実装は終わっている筈だ。

ちなみに、フリー版で問題になりそうなのは、AGMPlayerに実装する事にしているストリーム配信機能になる。

何故なら、この機能は新規性が高いからなのだが、にも関わらず、然程、大物機能扱いしていないのは何故なのか、というと、AGMPlayerには、既に、AGM形式以外の動画ファイルをネットワーク視聴できる機能が実装されているからだ。

つまり、新たに実装するストリーム配信機能は、現行版に存在しているAGM形式以外の動画ファイルのネットワーク視聴機能をベースにすれば、実装は簡単、と、考えている訳だ。

しかしまあ、実際にやってみると、意外と大変になる可能性もあるので、フリー版の開発アイテムの中では、この機能が、一番、リスクは高い訳だ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AmuseGraphics

AmuseGraphics

(2016/10/25追加)

« リモートデスクトップの必要性 | トップページ | 現在の進捗状況 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63959433

この記事へのトラックバック一覧です: フリー版は一週間で?:

« リモートデスクトップの必要性 | トップページ | 現在の進捗状況 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google