スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 次はUbuntu版だが | トップページ | Ubuntu版も完成 »

何とかなりそうではある

昨日はOS X用のMirror-DTC Ver1.3.0.1をリリースしたのだが、現行のUbuntu用Mirror-DTC Ver1.3.0はUbuntu 16.04 LTSでは動作しない。なので、今日は、16.04 LTSの状況を見てみたのだが、5月には動作しなかったソースを再ビルドすると、一応は、動作した。

と、言うことなので、Ubuntu用Mirror-DTCについても、ここで、16.04LTSに対応させたバイナリを公開する事にするのだが、今日の時点では、まだ、バイナリは出来ていないので、リリースは週末くらいになりそうだ。

何故、明日、リリースできないのか、というと、Ubuntu16.04LTS上でも、一応は、動作する様になっているのだが、何故か、ダイアログのウインドウサイズが大きめになってしまっているからだ。

つまり、微修正が必要になる事と、まだ、詳細な動作確認は行っていないので、リリースまでには、数日はかかりそうな訳だ。

リリース形態としては、Ubuntu用Nostalgic UFO Battlerの様に、14.04LTS用と16.04LTS用のバイナリを一つの配布パッケージに纏める恰好にするつもりなのだが、16.04LTS用については、64Bit版のみにする。

これは何故なのか、というと、既に、本家公式/日本語チームからは64Bit版OSのイメージしかダウンロード出来なくなっているから、という事もあるのだが、Windows用とは異なり、Ubuntu用については、32Bit版バイナリの作成が面倒だから、でもある。

何故、面倒なのか、というと、32Bit版は32BitOS上でビルドしなければならないので、OS環境も、ビルド環境も、64Bit版用とは別に用意する必要があるからだ。

で、作者環境には、今の所、リアルな16.04LTS環境は無いのだが、とりあえず、VirtualBox上にインストールした環境はあるので、そこで開発/デバッグをする予定だ。

出来れば、実機確認もしたい所ではあるのだが、まだ、14.04LTSをアップグレードするには早すぎる感じだし、X202Eに外付けHDDを接続してインストールしてみる手はあるのだが、以前、そういう事をやって、誤って、Windows8.1環境を壊してしまった失敗事例もある。

なので、今日の時点では、16.04LTSについては、VirtualBox上での動作確認のみにしようかなあ、と、思っているのだが、これは、Ubunu14.04LTS環境については、実機があるので、実機確認については、その環境での確認のみで、十分かなあ、という気もするからだ。

と、言う事で、本格的な作業は明日からなのだが、変更量は少ない筈なので、明日中には、とりあえず、無問題な状態のバイナリは出来上がる筈だ。

ちなみに、Ubuntu16.04LTS上の開発環境はeclipseになるのだが、今日の時点でも、eclipseについては、GTK3を使わない様な小細工を入れないと、マトモには動作しなかった。

具体的には、処理が異常に遅くて使い物にならないのだが、eclipseがマトモに動作しない様では、16.04LTSは、まだまだメイン環境にはできないかもしれない。

もっとも、16.04LTSが出ているのに、14.04LTSを使い続けるのも、気分は悪いので、この問題については、eclipseが悪いのかUbuntuが悪いのかは知らないのだが、早く何とかしてもらいたいものだ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

Mirror-DTC

Mirror-DTC

(2016/10/25追記)

« 次はUbuntu版だが | トップページ | Ubuntu版も完成 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/63879576

この記事へのトラックバック一覧です: 何とかなりそうではある:

« 次はUbuntu版だが | トップページ | Ubuntu版も完成 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google