スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 恐ろしい未来? | トップページ | フリー版の制限を増やす? »

DShowフィルターは後付け

今はAmuseGraphicsの開発フェーズで、AG-デスクトップレコーダー・AG-Webカメラレコーダー・AGMPlayerに続いて、AG-ムービーカッターの変更作業に入っているのだが、リリース期限は迫っているので、今回開発すると書いていたDirectShowフィルターも後付けにする。

今回開発する、と、書いていたDirectShowフィルターは二つあって、一つ目は、複数の音声入力デバイスからの入力をミキシングして、DirectShowキャプチャーデバイスとして、利用可能にするフィルターだ。

このフィルターは、AG-デスクトップレコーダー/AG-Webカメラレコーダーで利用可能なので、AG-デスクトップレコーダー用に使用した場合には、PCの再生音と同時にマイク入力を録音出来る様になるし、AG-Webカメラレコーダーで利用する場合には、マイク入力と共に、音楽なんかも、BGMとして利用できる様になる。

もう一つのDirectShowフィルターは、AG-デスクトップレコーダーとAG-ムービーカッターの映像出力を取り込んで、やはりDirectShowキャプチャーデバイスとして利用可能にするフィルターだ。

このフィルターを利用すると、AG-Webカメラレコーダーの出力をSkypeなんかの入力に使える様になるので、Skypeで色々と問題になる場合もあるカメラのアスペクト比問題なんかも解消できる様になるし、カメラ映像の代わりにデスクトップ映像や動画なんかを流す事も出来る様になる。

で、上記のフィルターについては、既に動作するモノが手元にあるのだが、使い勝手を鑑みると、それ用の制御アプリを真面目に作成する必要があり、その使いこみまで鑑みると、今回のリリースに間に合わせるのはシンドイ訳だ。

そして、これらのフィルターについては、既に書いた様に、フリー版では使えなくする予定なので、AmuseGraphicsのインストールパッケージに入れようか、と、思っていたのだが、インストールパッケージを変更するのも、作者的には、億劫な訳だ。

と、いう事で、これらについては、AmuseGraphicsのホームページに、AmuseGraphics用のプレミアムパッケージとして、後付けで、公開する格好にする事にする。

そうする事で、AmuseGraphicsのプレミア度も上がるので、作者的には一石二鳥になる訳なのだが、実際の所としては、このDirectShowフィルターを使った応用システムについては、まだ練り切れていないので、普通に使える様になってリリース出来たとしても、すぐに、改変が入る可能性も高い訳だ。

つまり、その為に、また、AmuseGraphicsのバージョンアップが必要になるとなると、作業量が膨大になるので、作者的には、とりあえず、別だしにしておいた方が無難な訳だ。

と、言う事で、ここまで、今回の開発規模を縮小すると、今回の開発も、来週中には、格好がつく筈なので、再来週のリリースも見えてくる。

もっとも、AmuseGraphicsのバージョンアップについては、今回が最後、という訳でも無い筈なので、今回の改変内容については、そこまで、真剣に鑑みる必要もない筈だ。

ちなみに、AG-ムービーカッターの機能追加としては、既に書いてある様に、フリー版ではソース動画と静止画との合成を可能にし、AmuseGraphics版では、それに加えて、別動画との合成も可能にする予定だ。

これらは、アプリの動作説明動画なんかを作る場合に、テキスト合成するだけでも、現状ではAmuseGraphics本体での合成が必要になるので、単純な合成処理については、AG-ムービーカッターに任せる体制に持っていこうとしているからだ。

上記とは別に、AG-ムービーカッターでは、音声合成出力を使った音声ファイルの作成と、オリジナル動画に対する音声のミキシングも可能にしようかと考えている。

しかし、この辺の機能については、MasterReversiの音声合成機能を使って喋らせている状況をWaveClipperでループバック録音し、その後、WaveClipperでBGMなんかとミキシングし、AG-ムービーカッターの音声トラックの別指定機能で音声を入れ替えれば、現状でも同様の処理は可能だ。

と、いう事で、これらの機能については、あった方が便利なのだが、無くても何とかなる状況ではあるので、後回しにしていた訳なのだが、作者的な予定としては、あと1週間は機能追加を行うので、前述機能の幾つかは、次バージョンで使える様になる筈ではある。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AmuseGraphics

AmuseGraphics

(2016/10/25追加)

« 恐ろしい未来? | トップページ | フリー版の制限を増やす? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64056154

この記事へのトラックバック一覧です: DShowフィルターは後付け:

« 恐ろしい未来? | トップページ | フリー版の制限を増やす? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google