スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« RGBA出力は可能に | トップページ | 仕上げに入る »

合成も可能だが

今はAmuseGraphicsの開発フェーズで、今日は、昨日追加したAGM-RGBA形式動画を使ったAG-ムービーカッターでの動画合成機能を追加したのだが、特に問題なく動作する。ただし、数日前に書いた様に、現時点の操作系は使い勝手が悪いので、作り直す事にした。

現在手元にあるバイナリでは、ファイルメニューに静止画/動画合成用の指定ダイアログを表示するメニューがある。

で、そのメニューを実行すると、上記ダイアログが表示され、そこで、合成したい画像/動画を追加していく格好になっているのだが、問題になるのは、その合成位置だ。

合成位置については、その時間とXY座標を指定する必要があって、上記のダイアログでは、その両方を指定可能なのだが、AG-ムービーカッターにはシークバーがある訳なので、それを無視して時間指定する、というのは、如何にも直観的ではない訳だ。

なので、上記のインタフェースは捨てる事にして、今現在は、シークバーと絡めた格好で、合成画像/動画を指定出来る格好に変更しようとしている。

具体的には、合成画像の追加メニューを新たに追加し、そのメニューが実行されると、その時点のシーク位置が合成開始位置としてデフォルト指定される様にしようとしている。

デフォルト指定と書いてあるので、その値は変更する事も可能にするのだが、これは、どの道、静止画合成の場合には、合成終了位置の指定も必要になるからだ。

もっとも、AG-ムービーカッターにはS/Eボタンがある訳なので、それで領域指定されている場合には、その領域を合成期間のデフォルトにしようか、と、思っている。

ただ、動画合成の場合には、合成動画の時間がこの期間に合致する事はまず無いので、少し変な感じになる場合もあり得る。例えば、合成期間が30秒あって、しかし、動画時間は10秒しか無い様な場合に変になるのだが、この場合には、ダイアログ指定に制限を入れる格好にしておけば、実行時には問題を発生しなくする事もできるだろう。

と、いう事で、前述の様な新しいメニューを用意して、合成静止画/動画の追加は直観的に行える様にしようとしているのだが、この場合にも、追加された静止画/動画を削除できないと、ストレスが溜まるので、削除用には、元々あった指定ダイアログの一部の機能を使う事にしている。

つまり、追加用と管理用のメニューを別に用意するのだが、更に、静止画と動画を分けてしまうと、メニューが増えすぎるので、合成用の静止画/動画については、一括管理する格好にする。

ちなみに、静止画/動画の合成を指定している場合には、シークバーの上部に、その期間分だけ、細い線が表示される機能も入れた。

なので、合成指定がある場合には、その位置まで、シークバーを見ていれば確認できる様になったので、作者的には、合成静止画/動画を追加した場合の不安感も減っている。

AG-ムービーカッターは巷のタイムライン方式の動画編集ソフトとは異なるので、合成される静止画/動画の画像までは、シークバーを見ていても確認できないのだが、その位置にシークしてみれば、合成済みの画像が表示される。

上記の様なインタフェースにする事で、少なくとも、昨日までの操作系よりは、直観的になる筈なので、リリース版の静止画/動画合成機能は、まずまず使える機能になるかもしれない。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AmuseGraphics

AmuseGraphics

(2016/10/25追加)

« RGBA出力は可能に | トップページ | 仕上げに入る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64078822

この記事へのトラックバック一覧です: 合成も可能だが:

« RGBA出力は可能に | トップページ | 仕上げに入る »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google