スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 追いかけ再生はAGMのみ | トップページ | 各所で報告されているらしい »

悩みの種は操作系

今はAmuseGraphicsの開発フェーズで、AG-デスクトップレコーダー/AG-WebカメラレコーダーとAGMPlayerとの連携機能として、各データをAGMPlayerで録画/追いかけ再生できる様にしようとしているのだが、悩みの種は操作系だ。つまり、あまり操作系を複雑にしたくない。

最近のWindowsは昔のWindowsとは違ってカスタマイズ可能な項目が減っている。

これは、マイクロソフト的には、様々な動作形態を許してしまうと、それらの形態での動作を可能にするために、処理コードが複雑化し、かつ、動作検証にも時間がかかるから、かもしれない。

にも関わらず、2chのWindows板なんかを見ていると、レジストリを操作したり、システム設定を弄るツールを使って、様々なカスタマイズを行うのが情報強者で、デフォルト設定で使っている様な奴は情弱、みたいな事がかかれている事もある。

しかし、Windows10の今回の大規模アップデートで問題が出た、と、書いている人の多くは、カスタマイズツールを使っていたり、レジストリを操作していた人達の様だ。

つまり、マイクロソフト的には、そんな事をやって問題を出している奴らの事なんか面倒みる気はない、という感じかもしれない。

もっとも、それ以前の問題として、かなり前にも書いた筈なのだが、マイクロソフトでは、既に、昔ながらのエンジニアは少数派になっていて、今現在、Windows用に仕事をしている人達の多くは、作者的にはデザイナーに分類する人達、になっているかもしれない訳だ。

つまり、デザイナーの仕事というのは、機能の提供ではなく、見た目の提供になる訳なので、ユーザーに対して使い方という見た目を提供するのが仕事になる。

なので、ユーザーにそれらの改変を許してしまうと、自分たちが作成した使い方というデザインが汚される事になってしまう訳だ。

と、いう事なので、デザイナーの性として、自分たちが作成したデザインを改変させるつもりはない、という事で、最近のWindowsでは、カスタマイズ性が乏しくなってきている、という見方も出来るかもしれない。

いずれにしても、最近のWindowsはOSが色々と出しゃばる事が多くて、ユーザーがWindowsを使っている、というよりは、Windowsがユーザーを使っている、という側面も大きくなってきているかもしれない。

少なくとも、アクションセンターみたいな機能でアップデートを促されたり、勝手にアップデートがインストールされ、再起動の時間を指定しろ、みたいなダイアログが出てくると、作者的には、俺はお前の奴隷じゃない、みたいに感じる訳だ。

もっとも、マイクロソフト的には、専門知識を持たないユーザーでも問題なく利用できるように、最近のWindowsではユーザーを指導する機能を強化しているんだ、みたいな事を言うかもしれない。

そういう言い分は、ある人にとっては傲慢に思える筈なのだが、別の人にとっては、有り難く思えるかもしれない。

と、いう事で、複雑なシステムの操作系を単純化すると、色々と不満を持つ人も出てくるのだが、実際の所としては、最初に書いた様に、様々な利用形態を許してしまうと、機能の作りこみや確認が面倒になる。

なので、AGMPlayerの追いかけ再生の実現方法については、今日の時点では、どうしたものかなあ、と、思っている訳なのだが、これは、内部処理的には、録画と追いかけ再生とその他の操作は独立性が高いので、様々な組み合わせも可能だからだ。

具体的には、AG-デスクトップレコーダーからのデータを録画しつつ、通常の動画を再生する事も可能だし、気が向いた時に上記データをリアルタイムに見る事も、追いかけ再生する事も可能だ。

しかし、上記の様な利用形態を許した場合、録画中である事を忘れてAGMPlayerを閉じてしまう人も出てくる筈なので、そういう場合には、録画中である旨の警告を出して録画を終了させないと、AGMPlayerを閉じられない訳だ。

更には、AGMPlayerの入力にはAG-デスクトップレコーダー以外にAG-Webカメラレコーダーもある訳なので、その両方の録画を同時に行える様にする事も、コード的には容易だ。

しかし、そんな事を許してしまうと、マシン性能によっては、録画のフレームレートは低下するし、録画を開始するとマシンのファンが轟音を鳴らす様になった、だとか、録画中には普通の作業が出来なくなった、だとか、AGMPlayerで録画しているとマシンの電源が落ちてしまった、みたいな苦情が出てくる可能性も高くなる訳だ。

と、いう事で、今日の時点では、どうしようかなあ、という感じなのだが、少なくとも言えるのは、何でもできるからといって、何でもやらせてしまうエンジニアというのは、「まだまだ若い」、という事になるかもしれない。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AmuseGraphics

AmuseGraphics

(2016/10/25追加)

« 追いかけ再生はAGMのみ | トップページ | 各所で報告されているらしい »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64024100

この記事へのトラックバック一覧です: 悩みの種は操作系:

« 追いかけ再生はAGMのみ | トップページ | 各所で報告されているらしい »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google