スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« モニター出力モードの恩恵 | トップページ | Vectorで公開された »

AmuseGraphics Ver1.3.1を公開

Ver1.3.1では、使い勝手の向上用に、様々な機能追加を行いました。本体と付属ソフトに追加されたそれらの新機能は、組み合わせて使用する事で、様々な利用形態を採れる様に工夫されています。また、付属ソフト単体の使い勝手を向上する新機能も追加しています。

Ver1.3.1では、AmuseGraphics本体にAGM-RGBA形式でのエンコード機能を追加しました。AGM-RGBA形式は従来からあるAGM-RGB形式とほぼ同様のエンコード形式になりますが、透明度情報が追加されています。

AGM-RGBA形式の動画は、透明度情報付きで、本体でキャプチャーできますので、透明度情報付きの複数画像を保存する為に利用する事もできますが、今回、この形式を追加したのは、付属ソフトのAG-ムービーカッターに追加した動画合成機能の利便性を向上させる為です。

従来版では、動画の合成を行いたい場合には、本体にオリジナル動画も読み込んで、各フレームに合成用画像を張り付けた後、動画出力する必要がありましたが、Ver1.3.1では、合成用素材を本体で作成してAGM-RGBA形式で出力すれば、合成処理はAG-ムービーカッターで簡単に行える様になっています。

Ver1.3.1では、AG-Webカメラレコーダー/AG-デスクトップレコーダーとAGMPlayerとの連携機能も強化されています。具体的には、AG-Webカメラレコーダー/AG-デスクトップレコーダーの録画映像をファイル出力する代わりにメモリ上にストリーム出力させ、AGMPlayerでそのストリームを扱える様にしています。

AGMPlayerでは、開いたストリームのリアルタイム視聴と共に、その録画と追いかけ再生が行えます。つまり、従来版では、録画中には録画内容を視聴する事は出来ませんでしたが、Ver1.3.1では、前述の連携機能を利用すれば、録画を継続しつつ、録画済み動画を視聴できる様になっています。

ただし、AG-デスクトップレコーダーでループバック音源から録音を行っている環境で追いかけ再生した場合、追いかけ再生用に出力される音声が録音されてしまいますので、Ver1.3.1では、AGMPlayerの音声出力先を選択出来る様にもしています。

音声付きの追いかけ再生を行おうとする場合には、規定の再生デバイスを通常とは異なるデバイスに設定して録画を始め、AGMPlayerでは、通常の再生デバイスに音声出力する形態にすれば、ループバック録音を行っている状況でも、音声付きの追いかけ再生は問題なく行えます。

また、ループバック音源は変更せず、追いかけ再生用の音声出力デバイスを規定の再生デバイス以外に設定する事でも問題は無くなりますが、今回、AG-デスクトップレコーダー/AG-Webカメラレコーダーのループバック録音機能は強化しています。

具体的には、規定の再生デバイス以外からの録音にも対応させましたので、録画対象アプリの音声出力先を変更できる場合には、録画対象アプリの音声出力先を規定の再生デバイス以外に設定し、AG-デスクトップレコーダーの録音元をそのデバイスに変更する事でも問題は解決できます。

映像については、従来版のAG-デスクトップレコーダーの機能では、AGMPlayerで追いかけ再生を行おうとすると、録画領域とAGMPlayerの配置を工夫する必要がありますが、Ver1.3.1では、AG-デスクトップレコーダーにウインドウ録画機能を追加しています。

ウインドウ録画では、録画開始時に対象ウインドウを指定すると、録画中には、そのウインドウに他ウインドウが重なっても、ウインドウが画面外に出てしまっても、録画対象ウインドウの映像を問題なく録画出来ます。

このため、非デュアルモニター環境等、画面領域が限られたマシン上で、AG-デスクトップレコーダーの録画状況を追いかけ再生したい場合には、ウインドウ録画機能が便利に使える筈です。

上記以外にも、AGMPlayerでは、ネットワーク共有機能を強化しており、サーバー機能をWindowsサービスとして登録できるAGMServerとサーバーのスリープ/オンライン化(WOL)機能を追加しています。

AG-デスクトップレコーダーでは、管理者として起動した場合にUACダイアログまで含めた録画を可能にする管理者権限録画機能を、AG-Webカメラレコーダーでは、映像のズーム・パン/シンプル表示/静止画保存機能を追加しています。

上記の通り、Ver1.3.1には様々な機能追加が行われており、同時に、従来版にあった幾つかの詳細不具合の修正も行われていますので、Ver1.3.0を利用している全ユーザーに、更新をお勧めします。(従来版のレジストキーはVer1.3.1でもそのまま利用できます)

AmuseGraphics Ver1.3.1は以下にリンクを張ったAmuseGraphicsのホームページからダウンロードできます。

AmuseGraphicsのホームページ

= この記事に関連する公開中ソフト =

AmuseGraphics

AmuseGraphics

(2016/10/25追加)

« モニター出力モードの恩恵 | トップページ | Vectorで公開された »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64165933

この記事へのトラックバック一覧です: AmuseGraphics Ver1.3.1を公開:

« モニター出力モードの恩恵 | トップページ | Vectorで公開された »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google