スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 微調整段階に入った | トップページ | 次のMacBookはARM版? »

使いたい時に使えない

今はAmuseGraphicsの開発フェーズで、レジストユーザー向けのプレミアムソフトを開発中なのだが、オーディオミキサーは完成したので、各種手持ち環境で動作確認しようとしたのだが、Windows10のX202Eでは「Windows Modules Installer Worker」が重くてずっと待たされた。

2chのWindows板を見ていると、Windows10マシンというのは、ユーザーのタスクよりもOSのアップデートタスクの方が長い間マシンを占有しているんじゃないか? みたいな書き込みがあったのだが、少なくとも作者のX202Eは、そんな感じだ。

何故なら、このマシンは作者のメイン環境にはしておらず、開発ソフトのWindows10での動作確認にしか使っていないからだ。

つまり、ユーザータスクの時間が少ないので、相対的にOSのアップデートタスクがマシンを占有する時間が長くなっているのだが、実際には、それは感覚的な話でしかないかもしれない。

何故なら、作者のX202Eは、ある意味、Windows10の評価マシンなので、Windows10にアップデートがあると、作者は自主的にアップデートを行っているので、Windows10でアップデートが行われている事を認識しているからだ。

何が言いたいのかというと、Windows10の場合、ユーザーはアップデートを拒否できないので、ワザワザ、手動でアップデートなんか行わず、放っておけば、知らない間にアップデートが行われる筈なので、OSのアップデートタスクを意識しないで済む筈だからだ。

もっとも、冒頭に書いた様に、一応は完成したオーディオミキサーのX202Eでの評価はまだ行えていないのだが、その原因は、AG-Webカメラレコーダーで録画を行っているとフリーズする現象が発生したからだ。

作者の場合、X202EはMirror-DTC接続してWindows8.1の開発マシンから操作しているので、それだけでも、それなりにCPU負荷はかかるのだが、オーディオミキサーの動作確認では、マイクとループバック録音とのミキシングを行う事になるので、前述のAG-Webカメラレコーダーでの録画中に、AGMPlayerで動画の再生も行っている。

つまり、AGMPlayerの音声出力とマイクとのミキシングを行って動作確認しているのだが、Mirror-DTC接続しているので、AGMPlayerで動画を再生すると、Mirror-DTC用のエンコード負荷も増大する。

しかし、このような操作は、今までも普通に行ってきていたので、問題はない筈、と、思っていたのだが、前述の様に、AG-Webカメラレコーダーが録画を開始するとフリーズする現象が発生した訳だ。

なので、Mirror-DTC接続をやめて、ローカル環境で動作確認してみた所、何とか、フリーズする現象は収まったのだが、この時点でタスクマネージャーを見てみると、冒頭に書いた様に、「Windows Modules Installer Worker」が25%くらいのCPU使用率を安定的に占有していた訳だ。

X202Eは2コア4スレッドマシンなので、25%というのは1コアの全性能、という事になるので、実質的には、元々、大した性能がないX202Eの性能を更に半減させてくれていた訳だ。

その後、1時間くらい待っていると「Windows Modules Installer Worker」の負荷は無くなったので、この25%の処理負荷というのは、「Windows Modules Installer Worker」が暴走した結果ではなく、普通に処理を行った結果、発生していたモノと思われる。

作者的な問題は、前述の様に、アップデートは自分で手動で行っているので、そのタイミングを把握できるのだが、「Windows Modules Installer Worker」については、何時動き出して何時終わるのかが予測できない、という事だ。

つまり、Windows10の無料アップデート期間中には、マイクロソフトの社員がどこかの会場で、PCの画面を見せながらの、Windows10とは無関係のプレゼンテーション中に、Windows10へのアップグレード用のポップアップダイアログが表示されて笑い話になったりしていたのだが、作者的にも、何時、重いタスクが動き出すか判らない様では、安心してPCを使えない訳だ。

少なくとも、作者的には、今日、終わらせようと思っていたオーディオミキサーの動作確認を、Windows10では、実質的には行えなかったので、リリース日時は決めていないのだが、相対的には、オーディオミキサーのリリースは、1日は遅れる事になったかもしれない。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AGM Audio Mixer (AmuseGraphics)

AGMAMixer

(2016/10/25追加)

« 微調整段階に入った | トップページ | 次のMacBookはARM版? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64282794

この記事へのトラックバック一覧です: 使いたい時に使えない:

« 微調整段階に入った | トップページ | 次のMacBookはARM版? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google