スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 一晩寝かせる | トップページ | ドキュメントの作成とか »

Vectorに登録した

今はAmuseGraphicsの開発フェーズで、Ver1.3.1を今日の夜遅くに、Vectorに登録した。なので、今週中の公開は微妙になったのだが、来週にはVectorで公開される筈だ。Ver1.3.1はお勧めなのだが、公開直後に不具合修正版が出る可能性は、いつも通りあるかもしれない。

昨日の長時間録画は、意外な結果になった。

具体的には、12時間経過後に録画を停止して出力ファイルをAGMPlayerで視聴してみると、普通に視聴は出来たのだが、ファイル情報を見てみると、一般動画扱いになっていた。

つまり、録画自体は正しく行えたのだが、AGMPlayerに内蔵されているAGM形式用の再生ルーチンは、長時間録画ファイルに対応できなかったので、当該ファイルはDirectShow経由で再生される事になった訳だ。

もっとも、12時間録画は二種類行っていて、フレームレートを1FPSに制限してモニター出力し、AGMPlayerで録画していたファイルについては、同じ12時間録画ファイルではあるのだが、AGMPlayerでAGM形式動画として再生できた。

と、いう事で、微妙な結果になったので、昨日は、「問題が出たとしても、既に、修正する体力は残っていない」、と、書いていたのだが、問題の本質を確認してみた訳だ。

その結果、AGM形式用処理ルーチンのある部分で、int型として定義していた変数をDWORDに変更すれば、とりあえず、前述のファイルについては、AGM形式動画ファイルとして扱われる様になった。

つまり、録画時間が長くなると、int変数では扱いきれないデータが出てくるので、正しく処理できなくなっていた訳なのだが、普通に鑑みれば、これは仕様にしても問題は無いかもしれなかった。

しかし、問題になったのは上記の1箇所のみで、前述の様に、変数の型を変更すれば、現行版では扱えないファイルも扱える様になったし、実際の所、この変数の値はファイルサイズや録画時間に比例はしないので、DWORD型にしておけば、数十時間の録画にも対応できそうだった訳だ。

と、いう事で、老体に鞭打って、変更した訳なのだが、当然の事ながら、変更量は殆どないので、変更自体は直ぐに完了したのだが、その後、再度、配布パッケージを作成し、作者環境に、それをインストールして動作確認するのに時間がかかった。

なので、Vectorへの登録は夜遅くになった訳なのだが、動作確認では、AG-ムービーカッターを使って、前述の正しく再生できなかった12時間動画を読み込み、そこから10時間分を無劣化出力し、それらを5個、無劣化結合して再生してみたりもした。

その結果、最初の読み込みとシークには数秒を要する場合もあったのだが、一応、問題なく、再生できた。

つまり、Ver1.3.0のAGMPlayer/AG-ムービーカッターでは、最大8時間程度のAGM形式動画ファイルしか扱えなかったのだが、Ver1.3.1では、少なくとも、50時間程度のAGM形式動画までは、扱える事が確認できた訳だ。

もっとも、前述の問題は、実は、それほど単純ではなくて、AGM形式動画として扱える時間は、フレーム数にもファイルサイズにも比例はせず、それらの組み合わせが重要になっている。

なので、現行版でも、映像に動きがある場合には、8時間以上のファイルもAGM形式動画として正しく扱われている筈なのだが、今回、問題が出たのは、映像に殆ど動きが無かったからだ。

つまり、Webカメラでの録画は、作者が寝ている間にも続けたので、その間、映像に殆ど動きは無かったので、画像データ量に対するフレーム数が、通常の録画時よりも、大幅に大きくなってしまっていた訳だ。

と、いう事なので、intをDWORDにして2倍しか録画時間が伸びないのであれば、作者的にも、別段、8時間の動画が扱えるなら十分でしょ、という事で変更は行わなかったのだが、今回の変更により、別の要因がネックにならない限り、数十時間の録画ファイルも扱える様に出来たので、変更を行ってみた訳だ。

ちなみに、前述の様に、AGM形式動画の内部処理は、色々と複雑な所もあるので、扱う動画によっては、今回の変更をもってしても、それほど長時間のファイルは扱えないかもしれない。

しかしまあ、今回の変更は悪い方向に働く事は無い筈なので、少なくとも、Ver1.3.1では、Ver1.3.0よりも、長時間のファイルを扱える様にはなる筈だ。

もっとも、作者のAGMLibraryにある動画は、最長3時間程度なので、Ver1.3.0でも問題が発生した事はない。

なので、今回の変更は、殆どの人にとっては、どうでも良い変更になるかもしれないのだが、作者的には、折角のバージョンアップなので、出来る事に関しては、改善しておこうとした訳だ。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AmuseGraphics

AmuseGraphics

(2016/10/25追加)

« 一晩寝かせる | トップページ | ドキュメントの作成とか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64168607

この記事へのトラックバック一覧です: Vectorに登録した:

« 一晩寝かせる | トップページ | ドキュメントの作成とか »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google