スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 形は出来つつある | トップページ | 設定ダイアログはほぼ完成 »

今度は本当? ニフティ売却

今はAmuseGraphicsの開発フェーズで、追加提供ソフトとしてオーディオミキサーをリリースしたのだが、更にビデオミキサーも提供する予定なので、その開発を継続している。しかし、ネットを見ていると、ニフティ売却のニュースがあったので、今日は、それ関連のネタにする。

今月の始めに、Googleの新製品発表会があったのだが、その数日前には、以下の様な記事がネットに溢れていた。

Googleの新モバイルOS「Andromeda」(仮)搭載ノートPCは2017年発売?

つまり、AndroidとChromeOSは統合されてAndromedaになり、これはAndroidベースのOSになるので、実質的には、ChromeOSは廃止される、という事になっていたのだが、発表会の翌日にネットを見てみると、Andromedaなんてワードは何処にも無かった訳だ。

で、ニフティ売却の話については、このブログでも、過去に二回くらい、ネットの記事を載せたのだが、その二回については、ニフティの売却は実現されなかった。

と、いう事で、ネットで確定的に書かれているからといって、更には、NHKのニュースで放送されたとしても、実際には、以下の様な事がある訳だ。

ソニーとLenovoがPC海外事業で提携とNHK報道

上記のNHK報道があった時にも、このブログで文句を書いたのだが、これは、何故、NHKはソニーが発表していない/されたくもない情報を勝手に報道するのか? というのを問題視した訳だ。

つまり、一般人的には、そんな不確定情報を確定情報の様に報道されると、報道の度に右往左往させられるので、迷惑千万な訳だ。

更には、レノボは中国企業なので、日本国内の評判は宜しくないので、そのレノボとソニーがPC事業で提携した場合、ソニーの評判も落ちる事になる訳だ。

つまり、上記の報道により、ソニー製品の国内での売り上げは下がった可能性が高いのだが、NHK的には、ソニーがレノボにPC事業を売却しなかった時に、前述の報道が間違っていた、という様な報道はしなかった筈だ。

NHKが前述の様な記事を報道するのは、一般的には、株価操作の為、と、いう事になっている筈なので、作者の様な一般人がとやかく言うべきではない、という声も聞こえてきそうなのだが、TVで報道されたり、ネットに記事が載ると、見たくなくても見えてしまう訳だ。

なので、こういう報道は、一般人を洗脳する為に行われている、という様な事が言われる事もある訳なのだが、いずれにしても、最近は、そういう話は常識となってきているので、報道機関の報道は話半分にしか受け止められなくなってしまったかもしれない。

と、いう事で、今日の本題は、以下の記事になる。

富士通、ニフティ「個人向け」事業を売却方針

富士通は、前述のレノボにPC事業を売却する、という事になっているので、既に、国内の個人消費者からの評価は下がってしまっている。

なので、ニフティ的には、このまま、富士通ブランドで続けていると、少なくとも新規ユーザーの獲得は困難だし、古参ユーザー的にも、ここの所の@homepage廃止対応等で、既に疲弊してきている筈なので、その内、堪忍袋の緒を切るかもしれない。

と、いう事で、今となっては、ニフティの資本から富士通がいなくなってくれる、というのは、ニフティユーザー的にも歓迎ではあるのだが、結局、東芝のPC事業は売却されなかった。

なので、作者的には、ニフティ売却話については、本決まりしてから報道してもらいたいと思っている今日この頃だ。

ちなみに、ニフティから富士通資本が抜けるのは、前述の様に作者的にも歓迎なのだが、何処が購入するかで、その後の対応は変わってくる筈だ。

つまり、作者のSo-Netのアカウントは、過去に書いた事がある筈なのだが、元々は、一太郎で有名なジャストシステムがやっていたJustNetのアカウントだった訳だ。

で、JustNetはSo-Netに売却されたので、現時点では、作者はSo-Netのアカウントを持っている格好になっているのだが、JustNetの売却に際しては、作者は何も作業を行う必要が無かった。

なので、そのまま、So-Netの会員になった訳なのだが、ニフティが売却され、売却先でのサービスや手続き等が変わった場合には、作者的には何かアクションを起こす事にするかもしれない。

いずれにしても、こんな事もあろうかと、ダウンロードサイトにしているLaCoocanの料金は来年の5月くらいまで、前払いしてあるので、普通に鑑みれば、それまでは、ニフティが売却されても、作者サイトは継続される筈ではある。

もし、その契約が破棄される様なら、作者的にも、早急に、ニフティを去る事にするかもしれないのだが。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AGM Video Mixer (AmuseGraphics)

AGMAMixer

(2016/10/25追加)

« 形は出来つつある | トップページ | 設定ダイアログはほぼ完成 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64346402

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は本当? ニフティ売却:

« 形は出来つつある | トップページ | 設定ダイアログはほぼ完成 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google