スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« Skypeでも使える様にした | トップページ | 後は、アイコン »

テレビ、ネット同時配信へ?

今はAmuseGraphicsの開発フェーズで、ビデオミキサーも完成間近なのだが、ネットを見ていると、表題の様なニュースがあった。更にネットの反応も見てみたのだが、上記はネットに繋ぐだけでNHKの受信料を徴収出来る様にする為だ、という批判の書き込みが多々あった。

元ネタは以下になる。

テレビ、ネット同時配信へ 法改正で19年にも全面解禁

と、いう事で、少なくとも、有料放送のNHKが無料でネット配信する訳は無いので、ネットで同時配信される様になったとしても、NHKの番組を見る場合には、視聴料を払う事に文句を言う人は、まず、いない筈だ。

にも関わらず、冒頭に書いた様に、ネットで騒ぎになっているのは、上記の記事には、以下の一文があるからだ。

ネットでNHKを見る人から受信料を取る仕組みについても議論を始める。

つまり、NHKは、既にオンデマンド番組を有料登録ユーザーにネット配信する仕組みを構築済みなので、新たに、受信料を取る仕組みを議論している、という事が問題視されている訳だ。

ネット民的には、上記の一文を見て、NHKを見ようが見まいが、全てのネットユーザーから、一律、受信料を取る仕組みが構築されるに違いない、と、憤慨している訳なのだが、具体的には、プロバイダー料金にNHK受信料が上乗せされるだろう、という憶測が多い。

何故、そんな憶測が行われるのか、というと、デジタル録画/録音機の黎明期には、デジタル録画/録音可能なビデオデッキやMDデッキ等の購入代金には、著作権使用料が自動的に上乗せされて販売されていた、という実績があるからだ。

つまり、自分の子供の成長記録を撮ったり、その映像のダビングを行ったりする事を目的としてビデオデッキを購入した場合にも、著作権所有者の権利を何ら阻害しないにも関わらず、一律、著作権の権利団体にお金を払わなければならない仕組みが、日本では、堂々と、運営されていた時代があった訳だ。

上記の仕組みは、TV放送がデジタル化され、コピーワンス等の仕組みが導入された事により、ビデオデッキ等のメーカー側としては、支払い不要となったと判断し、著作権団体に対して支払いを拒否したのだが、著作権団体は裁判を起こした。

その結果、メーカー側が勝訴したので、今現在は、ビデオデッキ等の購入代金に著作権使用料が加算される事は無くなっている筈なのだが、著作権料を徴収していた団体は、早々に、解散してしまったので、最早、不必要であるにも関わらず、お金を払ってしまっていた人も、そのお金を払い戻してもらう手立ては無くなっている筈だ。

と、いう事で、日本では、前述の様な、普通に鑑みると理不尽な仕組みも、堂々と、まかり通っていた実績があるので、今回のネット同時配信でも、プロバイダーに、NHKが、ユーザー分の受信料を取り立てる仕組みが構築される可能性が想定されている訳だ。

ビデオデッキやMDデッキの場合、必需品という訳でも無かったので、著作権料が上乗せされると、商品価格が高騰し、その結果、購入されなくなるリスクがあったので、メーカー側としても、権利者団体に歯向かったのだが、ネット接続は、今となってはライフラインなので、少々、値段が上がっても、ネット接続をヤメる、という選択肢は非現実的だ。

なので、プロバイダー料金にNHK受信料が加算される事になったとしても、ネット民的には、プロバイダー契約を解除する訳にもいかないので、今回のやり方は、より悪質だ、として、更にいっそう、腹を立てている訳だ。

もっとも、実際問題としては、スマホを所有していると、維持費として、月額7千円程度必要になり、かつ、別にPC用に光回線を契約していると、更に、プロバイダー費と合わせて7千円程度が必要になる。

作者は独り者なので、1万4千円で済むのだが、夫婦で子供が2人いる家庭だと、スマホは個人で持つので、月々、7x5=3万5千円程度の出費になっている筈だ。

ただし、最近は、ファミリー割だとかのサービスや格安のスマホも出てきているので、より安く済ませている人もいる筈なのだが、更に、NHKの受信料が加算される事になれば、今現在は、DocomoやKDDIやソフトバンクと契約している人の中にも、格安スマホに切り替える人は出てくる筈だ。

更には、ネット接続はスマホで出来るのでPC用の光回線は贅沢、という事で、NTTなんかの光回線も解約し、当然の事ながら、今現在、固定電話の契約もしている人の中には、固定電話は解約する、という事にする人も出てくる筈だ。

と、いう事で、ネット料にNHK代金が加算されると、日本の通信業界は疲弊していく事が予想されるのだが、NHK的には、そうすれば、本業の放送を見てくれる人が増える、と、喜ぶ事になるかもしれない。

しかし、そんな時代になれば、日本の国力が低下する事は間違いない。

まあ、ネット民の中には、それがNHKの本当の狙いだ、と、言いそうな人もいそうではあるのだが、だったら、日本では年金は75才にならないと貰えない感じにもなってきているので、まだ若くて元気な人は、早めに、日本を脱出する手立てを講じるのも、一つの手かもしれない。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AGM Video Mixer (AmuseGraphics)

AGMAMixer

(2016/10/25追加)

« Skypeでも使える様にした | トップページ | 後は、アイコン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64372666

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ、ネット同時配信へ?:

« Skypeでも使える様にした | トップページ | 後は、アイコン »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google