スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« AGM Audio Mixer Ver1.0.0を公開 | トップページ | Sierraは弱腰かも »

リリースしたので少し休む

AmuseGraphics Ver1.3.1のリリース後、継続開発していたオーディオミキサーも、今日、リリースしたので、今週一杯くらい、ブログは休む事にする。何か特別な事があったら、緊急で記事を書く可能性はあるのだが、何事もなければ、次の記事は来週の月曜になる筈だ。

昨日は、リリース記事は書かない、と、書いていたのだが、例え簡単なモノでも、ホームページに説明を書くと、スペースを取る。

そして、流石に、何の説明もないと、ダウンロードし辛い筈なので、ここの所やってきているように、リリース記事はこのブログに書いて、ホームページには、そこへのリンクだけを貼る様にした。

と、いう事で、リリースしたのだが、バージョンはVer1.0.0にしてある。

AmuseGraphics系ソフトのバージョン番号はVer1.3.1に統一してあって、何かしらの問題が発生してバージョンを上げなければならなくなった場合にも、Ver1.3.1.1みたいに、バージョン番号の末尾に変更回数を示す番号を追加する事にしている。

なので、今回リリースしたオーディオミキサーはAmuseGraphics系ソフトの中では、異質な存在になるのだが、これは何故なのかというと、このソフトは、本質的にはAmuseGraphicsとは無関係なソフトになるからだ。

つまり、ソフトの名称は「AGM Audio Mixer」にしてあるのだが、AmuseGraphics系ソフトの基本動画形式である所のAGM形式とは無関係なので、AmuseGraphicsとの関係としては、AG-WebカメラレコーダーとAG-デスクトップレコーダーの音声入力部がDirectShowに対応しているので、これらでも使える、というだけのソフトになる。

にも関わらず、「AGM」の名前を冠してあるのは、オーディオミキサー単体では、公開ソフトとしては弱いので、このソフトはVectorにも登録する予定がないからだ。

つまり、AmuseGraphicsファミリーソフトとして位置付けないと、居場所がないソフトになってしまうので、作者的には、「AGM」という名称を冠した訳なのだが、AG-デスクトップレコーダーやAG-Webカメラレコーダーに音声ミキシング機能が欲しい、という要望は、過去に何回か貰っている。

なので、別の見方をすると、このソフトはそれら用、という事にしておくと、作者的には、ユーザーの要望に応えて作成したソフト、という事になるので、AmuseGraphicsファミリーソフトに分類しても、問題はない筈ではある。

ただ、AG-デスクトップレコーダーとAG-Webカメラレコーダーに音声ミキシング機能を追加するだけなら、ワザワザ、DirectShowフィルター形式にする必要は無かった訳だ。

つまり、作者的には、折角作るのなら、より汎用的に使えるオーディオミキサーにしておきたかったので、DirectShow形式にしたのだが、汎用的に使えると明言してしまうと、一般ソフトでの利用時に問題が発生した場合にも、対処しなければならなくなるので、とりあえず、AG-Webカメラレコーダー/AG-デスクトップレコーダー用、という事にした訳だ。

と、いう事なので、このソフトが将来的にどうなっていくのかは微妙なのだが、とりあえず、現行版のAG-Webカメラレコーダー/AG-デスクトップレコーダーで入力音声のミキシングを行いたい場合には、このソフトが使える。

もっとも、このソフトではミキシングは必須ではない。

つまり、AG-Webカメラレコーダー/AG-デスクトップレコーダーの音声入力をこのソフトに設定しておけば、入力音源の変更だとか、レベル変更だとかは、ミキシングしない場合にも、このソフトの設定ダイアログで行える様になる。

そして、このソフトでは、レベルメーターで入出力レベルが確認できるので、ストレートに音声入力するよりは、このソフト経由で入力した方が、音声レベルを最適化できる分、望ましいかもしれない。

もっとも、何故、こういった機能をAG-WebカメラレコーダーやAG-デスクトップレコーダーに内蔵させなかったのか、というと、これらの機能は、ある意味、マニアックな機能になるので、必要がない人も多いかもしれないからだ。

つまり、必要の無い機能がどんどん追加されて、ソフトが複雑化する、というのは如何なものか、という感じもしたので、こういった機能については、必要な人だけが使える様に、別だしした、という経緯もある。

なので、今日リリースしたオーディオミキサーは、必要のない人には特にお勧めはしないのだが、興味がある人はダウンロードして使ってみると、便利な場面もあるかもしれない。

= この記事に関連する公開中ソフト =

AGM Audio Mixer (AmuseGraphics)

AGMAMixer

(2016/10/25追加)

« AGM Audio Mixer Ver1.0.0を公開 | トップページ | Sierraは弱腰かも »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64300900

この記事へのトラックバック一覧です: リリースしたので少し休む:

« AGM Audio Mixer Ver1.0.0を公開 | トップページ | Sierraは弱腰かも »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google