スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 復旧は終わったが | トップページ | Sierraは色々とオカシイ »

480GBのSSDを買った

今は、Mac用AGMPlayerの開発フェーズで、まずは、AGM動画とMP4動画の相互変換を行えるコマンドラインツールを作成中なのだが、暫くはノンビリと行こう、という事で、今日は量販店に行ってSSDを買ってきた。それをケースに入れ、Mac mini Late2014に接続し、Sierraと開発環境をインストールした。

今日までは、開発環境はEl Capitan上にあったのだが、冒頭に書いた様に、今日は、外付けSSDにSierraをインストールし、そこに最新版のXcodeもインストールしたので、明日からは、この環境で開発を行う事になる筈だ。

で、購入したSSDは、表題にある様に、容量が480Gバイトもある訳なのだが、値段が、税別で1万2千円台だったので、ついつい、購入してしまった訳だ。

もっとも、作者的には、開発環境としては、128GBもあれば十分だし、データドライブとしては、480GBでは、小さいかもしれない。

なので、どうしたモノかなあ、という感じだったのだが、Sierraをインストールしたパーティションの形式は、Mac用という事で、HFS+にしたのだが、BootCampでインストールしてあるWindows8.1でこのパーティションを見てみると、読み込みは出来たのだが、書き込みが出来なかった。

調べてみると、それが今時のBootCampの仕様の様だったのだが、作者的には、折角のSSDがWindows側でマトモに使えない、というのは勿体無い気がした訳だ。

なので、前述のパーティションサイズを256GB程度に縮小し、空いたスペースに作った新しいパーティションをexFATでフォーマットした。

このexFATというのは、単純な形式なので、書き込み中に電源断が発生したりすると悲惨な目に合うかもしれないのだが、macOS側でもWindows側でも読み書き可能なので、ワークドライブとして使う分には使い勝手が良いかもしれない。

と、いう事で、480GBのSSDはSierra用に約250GB、データ用に約230GBを割り当てて使う格好にしたのだが、なかなか快適だ。

もっとも、今時のMacの内蔵SSDだと、転送速度はTB/Secオーダーになっているのだが、作者のSSDはUSB3.0接続なので、Read/Write共に、400MB/Sec程度が最高転送レートになっている。

しかしまあ、Mac mini Late 2014の内蔵HDDでは、100MB/Secも出ないし、それ以前に、HDDのランダムアクセス速度は、今となっては、とてつもなく遅い訳なので、USB3.0接続のSSDでも、内蔵HDDと比べれば、十分すぎるくらい高速な訳だ。

ちなみに、Sierra環境には、作者製の既存ソフトもインストールしたのだが、Mirror-DTC /TiExtender / Nostalgic UFO Battlerは普通に動作している。

そして 、AGMPlayerについても、起動時にSierraが表示したダイアログの指示に従ってJava6をインストールすると、普通に使える状況になった。

上記の状況については、既に、MacBook Late2009の外付けHDDにSierraをインストールして確認していたのだが、今日は、Mac mini Late2014上でも、同様だった事を確認できた事になる。

なお、今日の時点のSierraのバージョンは10.12.1になっていたので、初版と比べると、一つだけ、バージョンは上がっている様だ。

« 復旧は終わったが | トップページ | Sierraは色々とオカシイ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64516401

この記事へのトラックバック一覧です: 480GBのSSDを買った:

« 復旧は終わったが | トップページ | Sierraは色々とオカシイ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google