スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 作業を始めた | トップページ | VP8+Vorbisで行く »

何とかなりそうではある

今は、Mac用AGMPlayerの開発フェーズなのだが、次バージョンでは、一般動画とAGM形式動画の変換機能を実装するので、それ用の自前ライブラリを作成し、それを使ったAGMConvを、まず、リリースした。同時にWindows版もリリースしたので、今はUbuntu版を開発中だ。

昨日書いたように、作者的には、Ubuntu12.04LTSの時代に、当時のWindows版AG-ムービーカッターをUbuntuに移植していた。そして、それは、一応は、動作していたので、ベータ版として公開していたのだが、作者的には珍しく、そのまま、放置されていた。

具体的には、初版を公開したのは2012年9月10日で、2012年11月10日には、β2版をアップロードしているのだが、それ以降は、更新されていない訳だ。

これは何故だったのか、というと、その後のリリース履歴を見ていると、作者的な関心がAGMPlayerに移ったからかもしれない。

つまり、作者的にはUbuntu版AG-ムービーカッターよりは、AGMPlayerの開発を優先した訳なのだが、AGMPlayerが使える感じになると、その成果を追加する感じで、2013年7月17日には、AmuseGraphics Ver1.2.1をリリースしている。

で、前述のUbuntu版AG-ムービーカッターは、Ver1.2.0からの移植だったので、前述のリリース後に、これも、正式リリースしたければ、Ver1.2.1相当に機能アップする必要があったのだが、作者的には、それよりも、AGMPlayerのネットワーク対応を急いだ訳だ。

その結果、2013年9月17日には、AmuseGraphics Ver1.2.2がリリースされたのだが、これはつまり、Ubuntu版AG-ムービーカッターをWindows版相当にするためには、更に、機能追加が必要になった訳だ。

で、AmuseGraphicsファミリーソフトの次の不具合修正以外のリリースは、2015年10月20日なので、約2年も放置されていた格好になるのだが、その間、作者は何をやっていたのか、というと、HTML5版とAndroid版のMasterReversiを開発し、その後、Windows版についても、結構、真面目な更新を行っている。

その後、Ubuntu/Mac用にMirror-DTCのネイティブ版を開発したり、Android版の性能を向上させたりしているのだが、その後、新しい事もやりたい、という事で、ノスタルジックUFOバトラーを開発したり、TiExtenderを開発したりもしていた訳だ。

と、言うことで、いつの間にか月日は流れ、Ubuntu版AG-ムービーカッターは忘れ去られた格好になっていた訳なのだが、作者的には、折角開発したソフトのソースコードを捨てるような事はしていなかったので、今回の開発では、そのコードをベースに開発を行おうとしている訳だ。

そして、昨日の時点では、少し問題はあったものの、Ubuntu14.04LTS上でビルドして動作させる事が出来るようになっていたのだが、今日の時点では、Ubuntu16.04LTS上でも、少し問題はあるものの、動作させる事が出来るようになった。

双方で、今日の時点では、WebMへのエンコードは行えていないのだが、一般動画のデコードについては、行える様になったので、MP4/WebM動画からAGM動画をエンコード出力する事は可能になっている。

エンコード系についても、多分、何とかなる筈なのだが、今日の所は、作業はここまで、という事にしたので、結果は明日に持ち越しだ。

ちなみに、色々と調べていると、Ubuntu14.04LTSとUbuntu16.04LTSでは、動画関連のライブラリが変更されていて、14.04LTSでは、AVConvベースだったのだが、16.04LTSではffmpegベースになっている、という事が判った。

なので、作者的には、大丈夫? という事で、14.04LTS上での動作も完全ではない状況で、16.04LTS上でのビルドを試してみたのだが、AVConvというのは、元々、ffmpegベースなので、14.04LTSと同様の開発用ライブラリをインストールすると、殆ど手直しなしで、ビルドする事が出来た。

と、言うことで、Ubuntu版AG-ムービーカッターが動作すれば、Ubuntu版AGMConvなんてのは、主要ルーチンについては、そのサブセットでしかないので、動作させる事は出来る筈だ。

なので、今日の時点で、何とかなりそうな感触は得られたのだが、前述の様に、一般動画のエンコード系がまだ動作していないので、山は明日になる筈だ。

« 作業を始めた | トップページ | VP8+Vorbisで行く »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64680313

この記事へのトラックバック一覧です: 何とかなりそうではある:

« 作業を始めた | トップページ | VP8+Vorbisで行く »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google