スポンサード リンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« とりあえずリリースはする | トップページ | 配布パッケージの作成を開始 »

対応形式の追加とか

今は、Mac用AGMPlayerの開発フェーズなのだが、Ubuntu版AG-ムービーカッターを先にリリースする。そのために、Windows版と同様のオンラインヘルプを作り始めたのだが、「対応する動画形式」用に動画/音声ファイルの再生確認を行った結果、形式の追加が発生した。

Ubuntu版AG-ムービーカッターは、Ubuntu版AGMConvと同様に、Ubuntuに標準実装されている、libavformat/libavcodecを、動画/音声ファイルのデコード/エンコード用に使用している。

このため、作者的には、Ubuntu版AG-ムービーカッターは、これもUbuntuに標準添付されているのだが、動画プレイヤーのtotemと同様の動画/音声ファイルを再生可能、と、思っていたのだが、色々なファイルを試してみると、totemで再生可能なのに、AG-ムービーカッターでは正しく再生できないファイルがあった訳だ。

具体的には、5.1Chの音声を持つ動画ファイルと、MP3形式の音声ファイルを正しく再生できなかった。

何故、再生できなかったのか、というと、まず、5.1Ch音声を持つ動画については、そもそも、作者的には5.1Chの再生システムを持っていないので、5.1Ch音声はWindows版も含めて対象外扱いにしているからなのだが、ネットからサンプル動画を色々とダウンロードしてみた所、その中に、5.1Ch音声を持つファイルがあった訳だ。

そして、そのファイルはtotemでは問題なく再生されたので、作者的にも、ある意味、致し方なく、5.1Ch音声を持つ動画についても、その音声部を2Chに変換して再生可能にする事にした訳だ。

で、上記の対策はとりあえず行えている筈で、現状では、上記の5.1Chの音声を持つファイルも、普通にステレオ音声を持つ動画として再生可能に出来ているのだが、スピーカーのレイアウトに対する仕様は曖昧だ。

なので、非標準のレイアウトを使っている動画ファイルについては、音声出力レイアウトに問題が出る可能性もある感じなのだが、スピーカーのレイアウトについては、標準仕様で行われているとして、決め打ちで出力する。

MP3形式の音声ファイルを扱えなかったのは、デコーダー出力の形式が、その他のデコーダー出力と異なったがために、作者的には、サポートしていなかったからだ。

デコーダーの出力形式は、仕様上は、かなりの数あるのだが、少なくとも、作者的には、その全てをサポートするほど暇でもない。

このため、WAV/M4A/OGG形式のデコーダーが使用している形式のみサポートしていたのだが、MP3形式は、今となっては使っている人は皆無かもしれないのだが、作者の古い音楽ファイルの中に、この形式を使っているモノがあったので、今回は、致し方なく、この形式のデコーダーが出力してくる内部形式にも、対応させた訳だ。

と、言うことで、Ubuntu版AG-ムービーカッターについては、5.1Ch音声を持つ動画ファイルの再生も可能になったのだが、Mac/Windows版では、5.1Ch音声には非対応なので、Ubuntu版の開発が終わったら、これらについても、何とか出来るのなら、することになるかもしれない。

« とりあえずリリースはする | トップページ | 配布パッケージの作成を開始 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534482/64774474

この記事へのトラックバック一覧です: 対応形式の追加とか:

« とりあえずリリースはする | トップページ | 配布パッケージの作成を開始 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    Cookieを無効にする設定およびAdsenseに関する詳細については、以下のリンクを参照下さい。

    広告 - ポリシーと規約 - Google